曲がり木、薪用材、小径木の個性をそのままに。交流型学生レジデンス1F共用部プロジェクト

With 株式会社船場、東急不動産株式会社

Overview

森から始める、エシカルデザイン

ヒダクマは、3月1日に開業した交流型学生レジデンス「キャンパスヴィレッジ大阪近大前」の1F共用部向けに家具を製作しました。同物件は東急不動産株式会社が開発したもので、1F共用部のデザイン監修は株式会社船場が担当。持続可能な循環の仕組みで、様々な社会課題の解決を目指すデザイン「エシカルデザイン」が共用部に実装されています。

このプロジェクトでヒダクマは、大きくふたつのテーマを持っていました。ひとつは、プロジェクト関係者が一体となり、森からものづくりをはじめること。ユニークな家具に使った材料は、東急不動産、船場、ヒダクマの3社が、飛騨の森や丸太が集まる土場(どば)を訪れながら選んだものです。各訪問地では、木と対話を重ねながらデザインや設計を再検討。プロジェクト関係者と森や地域との関わり合いの中で、ものづくりが進んでいきました。

もうひとつのテーマは、テクノロジーを駆使し、木の多様な魅力を引き出すこと。家具の中でも一際目を引くのは、トチの三又部分を脚として使用したビッグテーブルです。スキャン技術や3Dデータを使った設計手法により、木が持つ固有形状をそのまま家具に反映させました。

Project 生き生きした素材や情景をそのままに

What we did 製作・製作ディレクション・木材コーディネーション・木材調達
Credits クライアント:株式会社船場、東急不動産株式会社
製作ディレクション、木材コーディネーション、家具ディテール設計:岩岡 孝太郎、浅岡 秀亮(ヒダクマ)
製作:木と暮らしの制作所、飛騨職人生活、野中木工所、柳木材、片桐銘木工業、セイアローズ、浅岡 秀亮(ヒダクマ)
木材調達:松本 剛、志田 岳弥(ヒダクマ)
協力:飛騨市森林組合、柳木材、西野製材所
Period 2021年10月〜2022年2月

Viewpoint 東急不動産 松下祐季さんの視点

松本 祐季
Yuki Matsumoto
東急不動産株式会社
住宅事業ユニット 関西住宅事業本部 開発部 賃貸事業企画グループ

5年間、マンション開発という一種のものづくりに携わってきましたが、今回のプロジェクトほど温かな人の想いが込められた「ストーリーのあるものづくり」を経験したのは初めてでした。飛騨の森について学ぶところから家具作りが始まり、森に関わる人の想いに触れたり、これだ!と思う木との偶然の出会いがあったり等・・このプロジェクト、このメンバーだからこそ実現できた唯一無二の取組みであったと思います。「ストーリーのあるものづくりをしたい!」という私の想いも叶えられたプロジェクトとなりました。

これらの家具がユーザーのもとへと渡り、家具に込められた想いも共に、後世へ引き継がれてゆくことを願っています。

Contact Us

私たちとプロジェクトをはじめてみませんか?

Hidakuma

飛騨の森でクマは踊る
〒509-4235 
岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17 
飛騨古川駅から徒歩5分
TEL 0577-57-7686 FAX 0577-57-7687