1-3

CASE

ブナシェード開発~森のブナの木が、まちの新たな灯りになるまで

収縮や歩留まりの悪さなどの弱点をコントロールしながら、国産小径木ならではの使い方を考えていきたいと思っています。

片桐銘木工業株式会社

片桐洋介

CASE

理想の木はどこ?産地が分かる素材を求めたふたりのデザイナー

当初「自分たちの欲しい樹種や材の部位」のことだけを考えていた私たちにとって大きな変化です。

ASAKAWA DESIGN

朝川賢一・三宅佳子

CASE

最新鋭テクノロジーと広葉樹が生み出す、庭園のような「JINSなんばパークス店」の店舗什器

特殊な形状と素材感を同時に実現するのに、元々クラフトとテクノロジーの融合に可能性を感じていました。

KOMPAS代表

小室 舞

ヒダクマが取り扱っている10種類以上の木には、それぞれ異なる手触りや木目、硬さ、効果があります。
硬い木もあれば柔らかい木もあり、水や害虫に強い木などそれぞれに異なる特徴を持っています。
目的にあった木を、自分で選んでみませんか?