1-3

CASE

曲がり木、薪用材、小径木の個性をそのままに。船場がデザイン監修した交流型学生レジデンス1F共用部プロジェクト

皆でひとつの価値観を共有し、新しいモノづくりの在り方を模索しました。

株式会社船場 執行役員 エシカルデザイン本部長 兼 ゼロウェイスト推進室長

神戸 暁|Akira Kanbe

CASE

丸太の自然美が際立つ飛騨市役所のエントランス什器

オイル仕上げは木の質感を一番味わえると思うので、市役所を訪れる方にベタベタと撫で回してほしいです。

kino workshop

片岡 清英|Kiyohide Kataoka

CASE

小径木の端材を活用したテーブル「あおまめ」「はなまめ」

現場との生々しい議論を繰り返すことで、ようやくプロダクトに結実しました。

法政大学デザイン工学部建築学科山道拓人研究室/ツバメアーキテクツ

山道 拓人|Takuto Sando

ヒダクマが取り扱っている10種類以上の木には、それぞれ異なる手触りや木目、硬さ、効果があります。
硬い木もあれば柔らかい木もあり、水や害虫に強い木などそれぞれに異なる特徴を持っています。
目的にあった木を、自分で選んでみませんか?