1-3

CASE

アーティストの感性で地域資源の潜在的な力を引き出す。hotel around TAKAYAMAのアートプロジェクト

自分の作品は自分だけのものではなく、自分と木とのコラボレーションです。

アーティスト

Mariya Suzuki

CASE

ストランドボードの積層による変幻自在のボリュームと地層的なテクスチャー

様々な木の組み合わせ方に無限の可能性を感じたプロジェックトでした。

ツバメアーキテクツ 共同代表

千葉 元生 | Motoo Chiba

CASE

木づかいで生まれる、多様なライフスタイルを許容する新しい住まいのかたち

広葉樹は温かみがありながら抽象的で、硬さがあり、色も豊富なので、使う度に発見のある素材だと感じています。

矢野建築設計事務所

矢野 泰司・矢野 雄司

ヒダクマが取り扱っている10種類以上の木には、それぞれ異なる手触りや木目、硬さ、効果があります。
硬い木もあれば柔らかい木もあり、水や害虫に強い木などそれぞれに異なる特徴を持っています。
目的にあった木を、自分で選んでみませんか?