• case
下高井戸の商店街に開かれた、北海道・中川町のサテライトスペース『ナカガワのナカガワ』のリニューアルプロジェクト
  • Home
  • Case
  • 下高井戸の商店街に開かれた、北海道・中川町のサテライトスペース『ナカガワのナカガワ』のリニューアルプロジェクト

Outline

美しい森のある地方の街、多様な人々が住まう都市、ふたつがつながる場所

東京・下高井戸の駅前には、小学生からファミリー層にお年寄りまで多様な人々が行き交う、活気ある商店街があります。そんな通りに佇む、北海道中川町のサテライトスペース『ナカガワのナカガワ』(中川町地域開発振興公社)がこのたびリニューアルオープンしました。ヒダクマはこの店舗コンセプトの再定義と家具の製作を、そして地域に根ざした建築設計を得意とするtomito architectureが設計を担当し、このプロジェクトをサポートしました。

中川町は北海道北部の内陸に位置し、北見山地や天塩山地、そして天塩川といった豊かな山川に囲まれたのどかな町。遠く離れた両町のお付き合いは、2001年から中川町の特産品を下高井戸商店街の催事で販売し始めたことがきっかけでした。『ナカガワのナカガワ』では農産物や地元作家による木工プロダクトなどを展示販売しながら、地域住民の方とのつながりを育んできました。そしてオープンから4年が経ち、より情報発信機能を強化したスペースにしたいという相談を、姉妹都市ならぬ「姉妹森」協定を結んでいる飛騨市のヒダクマへ持ちかけます。
主要産業が林業であり、持続可能な森を起点としたまちづくりを目指す中川町と飛騨市。ヒダクマチームは中川町へ足を運び、実際に森を見て感じたことを生かし、情報発信拠点としての在り方を検討し、家具製作プロジェクトを進めます。お店に立つスタッフとの意見交換も重ね、下高井戸地域の人たちが気軽に立ち寄り、展示やワークショップを通じて中川町と交流を図れる場所を目指しました。
雄大な北海道の大地が感じられる、あたたかい店舗空間へと生まれ変わりました。

【プロジェクト概要】

  • 支援内容:
    コンセプト策定木材コーディネーション・家具設計製作・家具製作ディレクション
  • 期間:2020年8月〜2021年3月
  • 体制:
    クライアント:中川町地域開発振興公社
    コンセプト策定:松本 亮平(株式会社ロフトワーク Layout Unit)、門井 慈子・黒田 晃佑(ヒダクマ)
    建築設計:tomito architecture 担当:冨永 美保+林 恭正
    解体・改修工事施工:株式会社ルーヴィス
    木材コーディネーション・家具設計製作・家具製作ディレクション:黒田 晃佑・門井  慈子
    製作:田中建築、小倉鉄工、谷本建具、飛騨職人生活、トキワランバテック、西野製材所、TIME&STYLE(順不同)
    写真:三嶋 一路

Outputs

自然とコミュニケーションが生まれる場に適した、優しい風合いの家具たち

呼吸する「木口建具」

お客様をお迎えするエントランスは、街の人たちにとっては中川町の玄関口。「間口を広くして、より入りやすくしたい」というスタッフの声を受け、建具には光に対してシルクのように反射する飛騨市産材トチをモザイク状に配置しました。木材一つひとつの異なる表情を生かせるよう、細かくカットされたパーツを精密に組み合わせた意匠です。自然光があたる入り口建具と外部周辺の柱材に用い、通りを行き交う人へ明るい印象を放っています。

<仕様>
材料:トチ(飛騨市産)
サイズ:2,058mm×1,210mm
仕上げ:キシラデコール白木

木口テーブル

中川町と下高井戸の交流起点の場として、ワークショップや催事の際にもスタッフとお客様が会話をしやすいよう、大きな丸テーブルを配置。中川町のパイオニアツリーであるカバ材を採用し、滑らかなエッジに仕上げました。テーブルを基点に自然なコミュニケーションが生まれることを想定した、柔らかい印象のデザインです。

<仕様>
材料:カバ(中川町産材)
サイズ:Φ1,300mm
仕上げ:白木オイル塗装

棚什器

棚板の長さをあえてずらし、ものの配置を工夫できるようなデザインに。

木口を棚板から突出させることで商品を掛けて展示することも可能。

ものの主体的な居場所が作れるようなデザインに仕上げた。

屏風のような棚什器は、空間内を回遊する際にいろいろな方向へ視線がいき、まるで森のなかを歩いているような状態を表現しました。対面道路からも商品が目に入りやすく、そこから自然と店内に足を運べるよう、外と中をグラデーショナルにつなぎます。透過性を持たせ、風通しのよい中間領域としての機能を果たしています。

<仕様>
材料:カバ合板、ブナ、トチ、ミズメ、カバ
サイズ:
南側 H2,073mm×W2,611mm 北側 H1,920mm×W3,112mm
屏風① H2,073mm×W2,250mm 屏風② H2,540mm×2,400mm
仕上げ:白木オイル塗装

スツール

スツール写真:ヒダクマ

中川町産材を用い、旭川のタイムアンドスタイルに製作をお願いした北海道産材を北海道地域で加工したプロダクト。店内での活動に対応できるように、ひょいと持ち運びのきっかけになる持ち手をつけています。前脚の少しのテーパーと先端の丸みが動物のようなコンパクトなスツールです。

<仕様>
材料:中川町産 ナラ材
サイズ:SH 500 W240 D268
仕上げ:ソープフィニッシュ

Process

人の暮らしと森がつながる中川町の森に魅了される

中川町の森を視察

工房では地元の作家たちと交流。女性も多く活躍し、その繊細な表現のなかに生命力溢れる森を感じた。

下高井戸地域の現地調査では、日本有数の多層な世代が住む魅力的なエリアであることを認識した。

2020年秋、ヒダクマチームはtomito architectureとともに、中川町の現地視察調査を実施。中川町の山は傾斜が緩やかで、成木と幼木が共生する森は明るく、動物と森、人の暮らしの循環を肌で感じます。実際に森を歩き、工房では森の素材を使った作品をつくる作家自身の言葉を聞き、改めて下高井戸と中川町を結ぶ交流拠点のイメージが湧いてきました。

どんな場所で誰のためのものか?コンセプトとデザインを策定

コロナ禍で実際に集まることが難しいため、中川町のプロジェクトメンバーと下高井戸の運営スタッフたちがオンラインとオフラインを適宜使い分けて集うワークショップの設計・運営を行った。

現地調査を終え、『ナカガワのナカガワ』が4年の間に培ってきた下高井戸地域とのつながりを、さらに広げていく必要性を感じたヒダクマ。将来的にもこの場所をどんな場として、誰のためにありたいのか?プロジェクトメンバー全員で話し合い、中川町の魅力を伝える情報発信拠点として下高井戸に在り続けることを大目標として設定しました。

「情報発信の場」として空間使いを共有していくための、コンセプトブックを作成。FabCafe Hidaの運営でヒダクマが蓄積してきた知見を生かし、SNSの運用方法なども提案した。

さまざまな世代が行き交う対面道路に対し、どうアプローチしていくか?単に物販機能だけでなく、情報を発信していくためには何ができるのか?この2点を空間構成の根拠とし、tomoto architectureと協働しながら地域に対して開かれた店舗設計を考案。
開口をギリギリまで広げ下高井戸の商店街の動線を引き込み、店舗の中にぐるりと回れる回遊性をつくること、八百屋のように、半分屋外のスペースを設け入りやすくすること、そしてワークショップなどの活動にも対応できるよう、面積のある大きなテーブルを設置する3つの方針を固めます。それらを実現するために様々な樹種を用い、木ならではの豊かな表情や加工による自由な高さや奥行きを持った屏風を設計。その内外をくぐったり、近づいたり、通り抜けたりする中に、多様な物や人との出会いが生まれるような経験をつくろうと考えたのです。

店舗内と屋外をグラデーション状につなぐような設計を提案。

魅力的な地域から人と人との出会い、コミュニティが生まれる発端になる場所を目指した。

中川町のパイオニアツリーであるカバ、飛騨のトチを組み合わせた家具づくり

コンマ数mm単位の作業を職人技で仕上げる田中さん。

製作段階ではいくつかのモックアップを作成し、構法と意匠を比較検討した。

今回製作した家具のなかでも特徴的な仕上げとなったのが、広葉樹トチを使用した木口タイル張りの建具。歩留り率の観点からは小径材から多量の材料がとれるメリットがある反面、収縮率の変化が発生し、変形しやすいというデメリットもあります。四角い木材を並べていくのは一見簡単なようで、直角の精度が高くないとコンマ数mmの誤差が数cmのずれにつながってしまう、非常に難しい作業です。この製作を飛騨の職人田中さんが担い、精巧なモザイクを完成させることができました。

Members

高橋 直樹|Naoki Takahashi
北海道中川町 地域商社設立支援室 主査
1979年北海道中川郡美深町生まれ。2003年中川町へ就職、2008年から町林務担当となる。森林文化再生構想を企画立案し、その実行を通じて町有林経営や林業振興はもちろん 移住政策、ものづくり振興、特産品開発などを担う。2010年北海道北部の森林林業を研究するnorth forest meetingを設立し、共同代表に就任。 現在は地域商社設立支援室においてサテライトスペースの運営支援などを担当。

冨永 美保|Miho Tominaga
tomito architecture 代表
横浜国立大学大学院Y-GSA修了。東京藝術大学美術学科建築科教育研究助手を経て、2014年にトミトアーキテクチャを設立。
大切にしているのは、日常を観察して、さまざまな関係性の編み目のなかで建築を考えること。小さな住宅から公共建築、パブリックスペースまで、土地の物語に編みこまれるような、多様な居場所づくりを行っている。
現在、横浜国立大学非常勤講師。第1回JIA神奈川デザインアワード優秀賞受賞、SDレビュー2017入選、第2回Local Republic Award最優秀賞受賞、2018年ヴェネチアビエンナーレ出展。

林 恭正|Yasumasa Hayashi
tomito architecture チーフアーキテクト
1994年広島生まれ。新潟大学建設学科卒業後ドレスデン工科大学特別派遣研究生を経て新潟大学博士前期課程を修了。卒業後tomito architectureに参加し現職。学生時代、ウィーンの築後約100年が経つ公営住宅の住われ方の修士研究や、西日本豪雨被災地においてコーヒー焙煎を軸にした職住近接住居「焙煎職人の家」を設計。時の流れの中で、変わることと変わらないことの関係を紐解き、建築がさまざまな事物の媒体となることを目指している。

黒田 晃佑|Kousuke Kuroda
ヒダクマ 木のクリエイティブディレクター
大阪府出身。大学で建築と木工を学んでいるうちに、光の現象に興味を持ちフィンランドへ暮らしと共にある家具や照明のデザインを学ぶために留学。そののち、木という素材の扱いを家具に限定せず考え森と関わっていくヒダクマに興味を持ち2019年から参加。人と素材、デジタルとアナログなど事象と事象のバランスを調整したり、繋ぐことで新しいものや価値を創ることを目指す。日常や生活を大切にしていて、散歩や音楽を探したりが趣味。

門井 慈子|Chikako Kadoi
株式会社飛騨の森でクマは踊る
森のクリエイティブディレクター
東京藝術大学 美術研究科先端芸術表現専攻修了。空間デザイン会社にてイベント装飾や店舗内装の空間デザイン・コミュニケーション設計を複数経験。人と森の関係性という、時間軸の長いコミュニケーションやそこに生じるコミュニティ創り・価値創造に心を惹かれ、2020年「クマが喜んで踊り出すくらい豊かな森」を目指すヒダクマに入社。クマと一緒に踊るのが夢。

Member’s Voice

東京都世田谷区と北海道中川町という物理的・心理的な距離を、ナカガワのナカガワという空間が埋めていく、中川町の魅力を誠実に丁寧に発信していくという強い思いがありました。ヒダクマさん、tomitoさんがその手伝いをしてくれたと思っています。ナカガワのナカガワは、これからまた始まっていくわけですが、「場」ができたことで、足を置く確かな場所、地に足をつけた活動が今まで以上にできるようになると思います。サテライトスタッフはもちろん、中川町の商工会や観光協会など多くの関係者の協力でリスタートできたことを非常にうれしく思っています。

高橋 直樹
北海道中川町 地域商社設立支援室 主査

中川町の森をご案内いただく中で、「キツツキが虫を捕食するために開けられた穴が森の生態系において欠かせない」という話がとても印象的でした。個体数が少ないながらも生態系へ大きな影響を与えるキーストーン種の振る舞いが、森の様々な動植物に連鎖していく現象です。その現象のように、
中川町のアンテナショップも、いわゆるお店っぽいものではなく、小さいながらも下高井戸の日常の中に溶け込んでいける場になれないか考えました。下高井戸も見た目は違えど、森の生態系のように様々な異なる建物や年齢層、人々が混じり合っています。町の看板や中川の魅力を伝える商品、工芸品を引き受ける屏風のような建具が、中川が下高井戸へ手紙をしたためるような対話の媒体となり、多くの人に中川町の魅力が発信され伝わることを祈っております。

冨永 美保+林 恭正
tomito architecture

姉妹森という不思議な繋がりを通して始まった今回のプロジェクト。初めて飛騨地域以外の森林を丁寧に解説してもらいながら森の中を歩いていて、中川町の森は斜度がなだらかで大きな木と幼木、多様な生態系がある。本当に良い森だなぁと素朴に感じたことを思い出します。今回改修した下高井戸にある小さなお店は、そんな中川町の玄関口として4年前にこの町にやってきたお店です。向かいの通りは小学生から大学生、果てはお年寄りまで様々な人が行き交い、生活が重なる魅力的な地域。中川町と下高井戸。遠く離れた2つの地域がそれぞれに持っている多様なモノゴトを伝え合う拠点として、この先も繋がっていくことを祈ります。

黒田 晃佑
ヒダクマ

北海道を飛行機の上から、なだらかな大地の起伏と、広大なスケールを眺め、飛騨古川とは違った森と人との関係性があることが見えてきました。
同じように、地域と地域の交流拠点として様々な店舗が東京にはあるけれど、中川町と下高井戸という掛け合わせはここにしかないのだから、この場所だからこその育ち方をしていく、変容を許容する空間が中川町と飛騨の木々と共に出来上がりました。
店員さんとお客さんがアスパラの食べ方を話していたり、中川町の白樺に座ってソフトクリームを頬張る子がいたり。フラリと街を訪れるお客さんが立ち入ってくれる今の風景を嬉しく思います。

門井 慈子
ヒダクマ

文:石塚 理奈
竣工写真:三嶋 一路

国産広葉樹で内装空間・家具をつくりませんか?

ヒダクマでは、店舗什器・オフィス家具などの提案から設計、設置まで、皆さまに寄り添ったお手伝いをいたします。どうぞお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら