国産材の活用法を、大胆にチェンジ。クリエイターとの共創開発。「WOOD CHANGE CHALLENGE」

With 株式会社ロフトワーク

Overview

新素材開発にも成功。
クリエイターと共に見つめ直した森の価値。

国産材の利用拡大に向け、新たなアイデアで国産材の可能性を見出すため実施された「WOOD CHANGE CHALLENGE」(林野庁補助事業、2020年11月〜2021年3月開催)。国産材を活用するアイデアアワードとクリエイターたちによるプロトタイプ制作が行われました。
ヒダクマは木の活用の専門家として、プロトタイプ制作をサポート。未活用だった広葉樹をこれまでにないアイディアで価値に変えてきた経験をもとに、3組のクリエイターチームを支援しました。
小枝や樹皮、森の腐葉土までも活用した素材の開発、家具や建材にはならなかった木、樹皮、朽木などを顔料としたクレヨンなど、これまでにないプロダクトが誕生しました。

Project 森への好奇心を刺激し、木への関心を高めるプロダクト。

What we did 制作サポート
木材コーディネーション
Credits プロジェクト主催:株式会社ロフトワーク
制作:MULTISTANDARD、Playfool、狩野 佑真(studio yumakano)
メンター:元木 大輔(建築家、DDAA/DDAA LAB代表)、小野 直紀(『広告』編集長/博報堂monom代表/YOY主宰)
制作サポート、木材コーディネーション:
浅岡 秀亮、門井 慈子、黒田 晃佑(ヒダクマ)
協力:ひだ森のめぐみ、三嶋和ろうそく店、飛騨職人生活、柳木材
Period 2021年1月〜3月

Viewpoint ヒダクマ 黒田の視点

黒田 晃佑
Kousuke Kuroda
ヒダクマ 森を事業部 森のクリエイティブディレクター

Forest Crayonsは、その土地土地の森が生み出す様々な魅力を見つけて、作って、遊べる体験が詰まったプロダクト。粉にして活用するため、木材だけでなく葉っぱや枝、花も材料になります。
建材や家具用材のような既存の木材の流通経路から解き放たれ、究極のカスケード利用としての可能性に満ちたForest Crayons。
森から届いたクレヨンが性別も年齢も横断して色んな人の手に届いた時、描かれたイメージの中から、次の人と森との関わり方が現れてくることを期待しています。

Contact Us

私たちとプロジェクトをはじめてみませんか?

Hidakuma

飛騨の森でクマは踊る
〒509-4235 
岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17 
飛騨古川駅から徒歩5分
TEL 0577-57-7686 FAX 0577-57-7687