「ストランドボード」が示す、広葉樹マテリアルの新たな可能性

With 株式会社リビタ

Overview

変幻自在のボリュームと地層的なテクスチャー

2020年11月に竣工したリノベーションマンション「リノア北赤羽」は、住民同士が交流を図れる共用施設が特徴。この空間を建築設計事務所ツバメアーキテクツが設計し、ヒダクマはシェア型店舗と集会室の家具を製作しました。

店舗家具の素材には、細かく切削した木を接着剤で成形した木質素材「ストランドボード」を採用。岐阜県各務原市にあるエスウッド社が開発した同素材は、木そのものとは異なる風合いの、環境に優しい木質素材。薄いストランドボードを積層させて製作した家具は、木材の制限を越えたスケールと、地層のような表情を見せます。

集会室に設置された長さ3mのジャイアントテーブルの製作は非常に難易度が高く、広葉樹8種の角材でつくった巨大な円形の木塊を、多軸CNCで3次元加工しました。

Project 断面を見せる手法、3次元的に設計する手法

What we did 木材コーディネーション・家具設計製作・家具製作ディレクション
Credits クライアント:株式会社リビタ
内装設計:ツバメアーキテクツ
木材コーディネーション・家具設計製作・家具製作ディレクション:岩岡孝太郎・浅岡秀亮(ヒダクマ)
製作:藤井家具製作所、株式会社アーティストリー、go-products、株式会社エスウッド
Period 2019年7月~2020年2月

Viewpoint ツバメアーキテクツ 共同代表 千葉元生さんの視点

千葉 元生
Motoo Chiba
ツバメアーキテクツ 共同代表

「リノア北赤羽」の共用部は、パブリックとプライベートを隔てる中間的な領域というよりも、住民にとっては家の拡張として使える場所であり、地域の人にとっては街の一部のような場所にしたいと思いました。特に家具は、家の中にはないようなみんなで使える大きな家具とし、同時に、触れやすく、手垢が残るような柔らかい物にしました。

小さな木材を様々な方法で集合させることで、独特な表情、形を生み出しているそれぞれの家具。森からおりてきた木々がこの場所で再び集まって、人びとの活動をサポートしてくれている、そんなイメージです。

Contact Us

私たちとプロジェクトをはじめてみませんか?

Hidakuma

飛騨の森でクマは踊る
〒509-4235 
岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17 
飛騨古川駅から徒歩5分
TEL 0577-57-7686 FAX 0577-57-7687