森のレッスン

オンライン森のレッスン「ツキノワグマの目線で豊かな森を考える」

2022.05.13(Fri) 19:00-20:30

ZoomMAP

終了

【延期のお知らせ】(5/13 17:15更新)
本日19時より開催を予定しておりました、オンライン森のレッスン「ツキノワグマの目線で豊かな森を考える」は、諸事情により開催を延期させていただくこととなりました。
直前のご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。
大変申し訳ございませんが、日を改めて開催し、その際ご連絡をいたします。
重ねまして、この度はイベントを延期しますこと、こころよりお詫び申し上げます。
(お申し込みをいただいた皆さまには、Emailでもお知らせさせていただいております。)

ヒダクマイベント事務局

About

ツキノワグマはどんな生き物で、森でどのように暮らしているのでしょうか?今回の森のレッスンでは、ツキノワグマの目線で森をフォーカス。ゲストに、クマ研究家で林業家の安江悠真さんをお迎えし、ツキノワグマの生態や森での暮らし、森を介した人との関わりについてのお話をうかがいます。
ヒダクマと安江さんは5月21日から22日の2日間、クマ目線を疑似体験するフィールドワークを開催予定です。フィールドワークでどんな視点を持って森を観察すれば良いのか、森での観察のポイントも教わります。フィールドワークに参加できない方にとっても、いつもと違った森の見方を発見する機会となれば幸いです。皆さまのご参加、お待ちしています。

「森のレッスン」とは

森に囲まれた町の中のカフェで、森と共に暮らす方法を学ぶ勉強会・トークイベントです。

飛騨の森には、家具や建築の材料となる木材が豊富にあるだけではなく、美味しいキノコやジビエ、さらには森に磨かれた水を使ったお米や野菜だって私たちが享受している森の恵です。この恵に感謝すると共に、それぞれの分野で森に関わる仕事や活動を行なっている人をゲストに招いて、彼らが森で大切にしていること、気になっているけどまだできていないことなどを共有してもらうことで、普段森に入らない/関わりがないと感じている人たちでも、森に関わりを持つきっかけと具体的な方法を知り身につけることで、この豊かな恵が未来の飛騨に永遠と続くように、さらに私たちの生活と森が密接により良い関係性を結べるようになることを願っています。

Outline

■開催日時:2022年5月13日(金) 19:00-20:30

■参加費:無料

■会場:オンライン開催(Zoom、YouTube)

■Zoom参加のお申し込み:
本記事の「参加する」をクリックし、フォームからお申し込みください。
※ 申込締切:2022年5月11日(水)昼12:00

■注意:
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・イベント当日の内容は後日ヒダクマのオウンドメディアに掲載する場合があります。
・申し込みをいただいた方には、ZoomリンクとYouTubeリンクを開催日までにお知らせいたします。
・当日Zoomの参加者が定員に達し、閲覧できない場合は、YouTubeからご覧ください。

■ 企画:飛騨の森でクマは踊る、安江 悠真

■主催:飛騨の森でクマは踊る

■お問い合わせ:ヒダクマイベント事務局 info@hidakuma.com

Program

19:00-19:10 イントロダクション 松山由樹(ヒダクマ)

19:10-20:05 ツキノワグマの目線で豊かな森を考える 安江悠真
       ①動物にとっての衣食住とは
       ②ツキノワグマの一年
       ③人が森に関わると、動物の暮らしはどう変わるのか

20:05-20:20 Q&A

20:20-20:30 クロージング

Speakers

安江 悠真|Yuma Yasue
クマ研究者/林業家
1989年 岐阜県白川町生まれ。岩手大学で林業と野生動物との関わりをテーマに農学修士を取得。現在は林業の会社に勤める傍ら、フリーランスとしての活動も開始。岐阜県の飛騨地域を拠点に、森や木に関わる仕事をあれこれと模索中。
Instagram:https://www.instagram.com/ymyse_525/
note:https://note.com/ymyse

松山 由樹|Yuki Matsuyama
株式会社飛騨の森でクマは踊る 森の翻訳者
京都府立大学大学院 応用生命科学専攻修了。在学中に所属していた土壌化学研究室での研究活動やフィールドワークを通じ、自然科学の面白さを知る。その後、高分子材料の試験機関に勤務し工業的な材料に関わる中で、自然由来の素材である木の利用に興味を持ち、2021年よりヒダクマに入社。趣味は山登り。飛騨の山を歩き尽くしたい。

【Event】クマになりきって豊かな森を考える2Daysのフィールドワークに参加しませんか?

5月21日(土)〜22日(日)の2日間、クマの目線を疑似体験し、クマにとっての豊かな森について考えるフィールドワークを安江さんと一緒に開催します。クマの森での暮らしを理解した上で、森と人はどう関わることができるのかについて考えるプログラム。人とは異なる知覚を持つ生き物の世界を垣間見ることは、人の社会での生き方や暮らし方を考えるヒントになるかもしれません。皆さまのご参加お待ちしております。
「クマにとっての豊かな森を学ぶ2日間のフィールドワーク」
■ 日程:2022年5月21日(土)〜5月22日(日)
■ 場所:飛騨の森、FabCafe Hidaなど
■ メンバー:安江 悠真(クマ研究者/林業家)、松本 剛・松山 由樹(ヒダクマ)
■ お申し込み・詳細:https://hidakuma.com/events/20220521-22_forest-tour/

ラジオ「森のレッスン」でも安江さんのお話を聞けます。

クマになりきるフィールドワークの企画会議を配信中!
https://hidakuma.com/blog/20210415_hidakumaradio/

INFORMATION

オンライン森のレッスン「ツキノワグマの目線で豊かな森を考える」

日 時 2022.05.13(Fri) 19:00-20:30
場 所 Zoom
参加費 無料 
定 員 500 名
企 画 ■会場:オンライン開催(Zoom、YouTube)
■Zoom参加のお申し込み:
本記事の「参加する」をクリックし、フォームからお申し込みください。
※ 申込締切:2022年5月11日(水)昼12:00
■注意:
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・イベント当日の内容は後日ヒダクマのオウンドメディアに掲載する場合があります。
・申し込みをいただいた方には、ZoomリンクとYouTubeリンクを開催日までにお知らせいたします。
・当日Zoomの参加者が定員に達し、閲覧できない場合は、YouTubeからご覧ください。
■ 企画:飛騨の森でクマは踊る、安江 悠真
■主催:飛騨の森でクマは踊る
■お問い合わせ:ヒダクマイベント事務局 info@hidakuma.com
  • 森のレッスン
終了