• case
レストラン「THE SUN & THE MOON」のエシカルなティースタンド
  • Home
  • Case
  • レストラン「THE SUN & THE MOON」のエシカルなティースタンド

Outline

4月27日、MOON FOREST(月の森)をテーマにリニューアルしたミュージアムカフェ&レストラン「THE SUN & THE MOON」(六本木ヒルズ森タワー52F)。リニューアルを機に製作されたアフタヌーンティーとハイティーのスタンドの全体デザインを手掛けたのは、建築家の黒川彰さん(Sho Kurokawa architects)と内田奈緒さん(nao architects office)です。六本木ヒルズ森タワーと月をイメージした美しいシルエットが目を引きます。ヒダクマは、木製プレートを広葉樹の無垢材で製作しました。無垢材の中でも、飛騨の森を育てることとつながるものを厳選。テーブルについた人々が、本物の木が持つ個性を感じながらも、色とりどりのフードとともにティータイムやディナータイムを楽しめるバランスを、製作の中で模索しました。

【プロジェクト概要】

  • 支援内容:木材コーディネーション・製作・製作ディレクション
  • 期間:2021年1月〜4月
  • 体制:
    クライアント:ソルト・コンソーシアム株式会社
    デザイン:黒川 彰(Sho Kurokawa architects 株式会社)、内田 奈緒 (nao architects office)
    木材コーディネーション・製作・製作ディレクション:岩岡 孝太郎・浅岡 秀亮・松山 由樹(ヒダクマ)
    製作:飛騨無垢屋

Outputs

浮遊感のある満月のような広葉樹プレート

エッジの加工によりフレームから浮いたプレートは、満月のような正円で、舞い降りる木の葉のようにゆらぎながら配置されています。プレートの樹種には、ブナ、ミズナラ、タモ、ウダイカンバの4種類を採用。それぞれの木目だけでなく、節や割れ、色むらといった自然物である木としての個性が、塗装から透け出ています。

<仕様>
サイズ:φ163mm×厚み12mm
仕上げ:白色70%,80%ポリウレタン塗装

Process

飛騨の森ならではの持続可能性を体現する

本プロジェクトで追求したのが「飛騨の森ならではの持続可能性」でした。広葉樹の活用に地域全体で取り組む飛騨市では、持続可能な形で森の木を育て、利用していく林業の手法が市内の森で実践され、ノウハウを蓄積しています。アフタヌーンティースタンドのプレートに使用した無垢材は、すべて未来に向けたその実践の過程で、飛騨市の森から得られた広葉樹です。

広葉樹を対象とした持続可能な林業が実践される飛騨市畝畑のブナ林。立木の状態から確認している、トレーサビリティ100%の広葉樹のみを製作に使用。

スイーツを引き立てるための、加工と塗装バランス

スイーツを乗せるということもあり、この浮き立つデザインのプレートには衛生面と耐久面で高いスペックが求められました。それを実現するために、黒川さんたちと加工方法や形状について議論を重ねた結果、形状はストレートビット1本でNC加工できるシンプルなものに。NC加工を依頼した飛騨市にある飛騨無垢屋による細かな節埋めや、木を最も有効に使える接ぎ合わせる技術により、家具製作などでは扱いづらいとされる個性を持った木も、美しいプレートになりました。

NC加工したプレートには、バリやささくれが残ります。それらはヒダクマの工房で、一つひとつ手作業で丹念に除去。面取り加工や研磨も程よく施しました。

この製作のもうひとつのポイントが、塗装加減でした。
アフタヌーンティースタンドの主役はパティシエの作るスイーツや、シェフの作る料理です。プレートはその引き立て役となるべきですが、同時に、六本木の天空に飛騨の森を再現すること、すなわちプレート一枚一枚の個性がわかり、総体としての多様性を感じられることを目指しました。塗装見本を作成し、その写真や試作品を黒川さんや内田さんと共有しながら、その両者の最適なバランスを探りました。

製作した広葉樹プレートは、飛騨の森で林業に関わる人たちの手を丁寧にバトンされてきた木だけを使用した、特別なものとなりました。THE SUN & THE MOON(Restaurant) のアフタヌーンティースタンド、彩り鮮やかなフードを前に人々が心を躍らせ、ふとした瞬間に飛騨の森と出会う。そんなシーンが生まれるプロダクトになりました。

 

Members

黒川 彰|Sho Kurokawa
Sho Kurokawa architects 株式会社, 代表取締役
建築家。1987年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部を2009年に卒業し、渡欧。OFFICE Kersten Geers David Van Severenでの勤務を経て、2014年にスイスイタリア語圏大学メンドリジオ建築アカデミーを修了。同年にSho Kurokawa architectsを設立し、建築・家具・プロダクトのデザインや、事業のデザインコンサルティングをおこなう。2018年に日本とスイスの文化交流プラットフォームとして一般社団法人 日瑞建築文化協会(JSAA)を立ち上げ、展覧会や講演会などの企画運営をおこなう。2019年より慶應義塾大学非常勤講師。2021年にSKaにて設計した音楽サロン「Pianarium SAKAMOTO」(練馬区, 2021)の企画運営に関わるため一般社団法人 ピアナリウムの理事に就任。
SKaとしての主な作品に障がい者就労支援事業所「かたつむり福祉作業所」(大船渡市, 2017)や慶應義塾大学SFCの「滞在型教育研究施設」(藤沢市, 2020)など。JSAAとしての主な企画に「クリスト&ガンテンバイン展 – The Last Act of Design」(代官山ヒルサイドフォーラム, 2019)など。
Sho Kurokawa architects: https://shokurokawa.net
Japan Swiss Architectural Association: http://js-aa.org
Pianarium SAKAMOTO: https://pianarium.jp

内田 奈緒|Nao Uchida
nao architects office 株式会社,代表取締役/an-a-c共同主催
東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了、スイス連邦工科大学(ETH)留学。デザイン事務所に在籍し、インスタレーションや展覧会の会場構成、建築・家具のデザインを担当。2020年よりバーゼルと東京を拠点とする建築設計事務所an-a-cを共同主催。2019年日瑞建築文化協会(JSAA)とスイス大使館主催の「クリスト&ガンテンバイン展 – The Last Act of Design」の企画・制作担当。

岩岡 孝太郎|Kotaro Iwaoka
ヒダクマ代表取締役社長 / CEO
1984年東京生まれ。千葉大学卒業後、建築設計事務所で勤務。その後、慶應義塾大学大学院(SFC)修士課程修了。2011年、“FabCafe”構想を持って株式会社ロフトワークに入社。2012年、FabCafeをオープン、ディレクターとして企画・運営する。2015年、株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)の立ち上げに参画し、2016FabCafe Hidaをオープン、2019年より現職。

松山 由樹|Yuki Matsuyama
株式会社飛騨の森でクマは踊る 森の翻訳者
京都府立大学大学院 応用生命科学専攻修了。在学中に所属していた土壌化学研究室での研究活動やフィールドワークを通じ、自然科学の面白さを知る。その後、高分子材料の試験機関に勤務し工業的な材料に関わる中で、自然由来の素材である木の利用に興味を持ち、2021年よりヒダクマに入社。趣味は山登り。飛騨の山を歩き尽くしたい。

Member’s Voice

「リニューアルにあたり、飲食店で示せるエシカルな取り組みを考えて、SDGsに関わるメッセージを発したい」という要望をレストランの運営会社ソルト・コンソーシアムからいただいたところから始まりました。ヒダクマが飛騨の森を適切にアレンジして六本木に届けてくれたおかげで、六本木ヒルズの展望台&ミュージアムに付属するレストランという様々な目的とタイプのお客さんが集まる場所に、SDGs・社会貢献の文脈を引き込めたことはとても意義深いと思います。
このプロジェクトでの大きな発見は「フェアトレード」のような概念を設計者とクライアントと生産者(施工者)で共有できたことです。飛騨の山/林業家さん/製材屋さん/加工屋さん/塗装屋さんとスタンドに関わる様々な要素に想像が行き渡る感覚がありました。これまで建築家として関わってきたプロジェクトよりずっと小さな卓上の出来事にも関わらず、今までで一番広い繋がりを意識しました。そうして持続可能で公平なものづくりを意識して仕様などの検討を三者でおこなえたことは、自分の仕事と地球の関係に強いリアリティを感じた出来事でした。
リニューアルオープンから約半年が経過しました。コロナ禍にも関わらず、とても多くのお客さんが特別な時間を過ごしに来てくださっているそうです。インスタグラムで日々シェアされるTHE SUN & THE MOON(Restaurant)のアフタヌーンティー写真の数がプロジェクトの成功を物語ってくれます。厨房では「ヒダクマあと12枚持ってきてー」という声が飛び交い、ヒダクマがお皿の愛称になっているようです。笑

黒川 彰|Sho Kurokawa
Sho Kurokawa architects 株式会社, 代表取締役

東京の中心のある飲食店でアフターヌーンティーを通じて、どこまで広い世界との繋がりを感じ取ってもらうか、を考えるプロジェクトでした。スタンドは、シンプルな幾何学の構成で考えたデザインですが、繊細で無機質なステンレスのフレームに支えられる広葉樹のプレートが持つ、密度のあるストーリーに耳を傾けることで、いくつものスタンドが一堂に会す姿は、窓越しの都市の表情と重なり合う特別な風景となるのではないかと考えました。
今回ヒダクマさんと共同でプレートを作ることで、広葉樹は本当に奥深い、と楽しみつつ試行錯誤することができました。正円の、同じ平面・断面の中から無限の豊かな個性、多様性が生まれるプロセスは、私たちの頭の中の創造性を溢れさせてくれるように感じました。さらに今回、無塗装で仕上げられた状態の素地のプレートの美しさ、鮮やかさを知り抜いた上で、広葉樹の”相対的な質感”をどう位置付けるかがひとつの課題でした。料理に対するニュートラルな表情や、フレームの素材であるステンレスとの対比におけるあたたかさややわらかさ、軽さ。素材同士の質感の心地よいバランスにおいて、塗装加減なども慎重に決めていきました。
高層ビルの立ち並ぶ都市的な眺望の中で、飛騨の木々が織りなす穏やかな表情は、素材同士が、そして素材と人間が豊かな関係を結ぶことができる空間を実現させてくれたように思います。これからも多くの人たちがここで、アフターヌーンティーを楽しんでくれることを期待しています。

内田 奈緒|Nao Uchida
nao architects office 株式会社,代表取締役/an-a-c共同主催

黒川さん・内田さんから最初にデザインのお話を伺ったとき、飛騨から届いた広葉樹プレートが六本木の上空にふわふわと浮かぶ雲のようになるのだなと素敵なイメージができました。ヒダクマの暮らす古川の町は盆地になっていて、秋に入ると「朝霧」が発生して山の上から町を眺めると一面雲海になっているんです。朝霧は、昼が近づくと徐々に消えてゆき、うっすらと町のディテールが見えるようになり、その様子が、白色のベールで包まれた広葉樹プレートの奥にうっすら見える木の表情とも重なりました。
プレートに使用された広葉樹は、飛騨市の森の小径木です。木の直径が小さいがゆえに家具に使いづらい薄さにしか製材できなかった材料でしたが、今回のカタチとちょうどよく結びつきました。後進の木のために伐採された小径木が、第二の人生(木生?)として再び六本木で空を目指す姿に嬉しくなります。レストランを訪れるたくさんの人々が、遠く離れた飛騨の森の風景と繋がってもらえたらと願っています。

岩岡 孝太郎|Kotaro Iwaoka
ヒダクマ代表取締役社長 / CEO

このプロジェクトでは、4種類(ブナ、ミズナラ、タモ、ウダイカンバ)の広葉樹で200枚以上のアフタヌーンティープレートを製作しました。
これだけの量のプレートから1枚1枚、バリやささくれを取り除く作業はなかなか大変でしたが、この作業のおかげで、木目の出方の違いや、節の有無によってプレートの表情が大きく異なることに改めて気づき、個性豊かな広葉樹プレートができたことを実感しました。
あくまで主役はプレートに載せられるスイーツですが、さりげなく個性を主張しているプレートたち対し、私はすでに愛着を抱いています。
THE SUN & THE MOON(Restaurant)で働く方々や訪れるお客様達に長く愛されるものになることを願っています。

松山 由樹|Yuki Matsuyama
株式会社飛騨の森でクマは踊る 森の翻訳者

SHOP DATA

店名:THE SUN & THE MOON(Restaurant)
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F
営業時間:11:00‐22:00( L.O. Drink/21:30
     AfterMOON Tea/11:00 ‐18:00 L.O. 17:00
     MOONLight High Tea/18:00 ‐22:00 L.O. /20:00
     ※状況により変更する可能性あり
Web: http://thesun-themoon.com/moon/

文:志田 岳弥(ヒダクマ)
竣工写真:八田政玄写真事務所

飛騨の広葉樹を使ってエシカルな空間・プロダクトをつくりませんか?

ヒダクマでは、空間・家具の提案から設計・製作・設置まで、皆さまに寄り添ったお手伝いをいたします。どうぞお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら