• case
細さ・曲がり・割れをユニークポイントに変換。溶けた石鹸のような美しいRで極上の触り心地を生んだ「CIC Tokyo」の有機的なオフィスのためのオリジナルテーブル
  • Home
  • Case
  • 細さ・曲がり・割れをユニークポイントに変換。溶けた石鹸のような美しいRで極上の触り心地を生んだ「CIC Tokyo」の有機的なオフィスのためのオリジナルテーブル

Outline

アメリカを拠点に世界8箇所にイノベーションセンターを展開する「CIC」(ケンブリッジ・イノベーション・センター)のアジア初の拠点として、「CIC Tokyo」が昨年秋に東京・虎ノ門ヒルズ内にオープンしました。国籍やジェンダーのギャップを超えたイノベーターやスタートアップが集まる、オフィスかつイノベーションハブとして機能する場所です。細胞のような個室が連結するユニークな内装設計をCICと共同で手がけたのは建築家・小堀哲夫さん。従来のオフィスのように格子グリッドで均一的に分割するのではなく、大さも形もさまざまな163の個室から成る、ひとつの街のような空間をデザインしました。

本プロジェクトでヒダクマは、それぞれ異なる多角形状の部屋に合わせた3つのテーブルをデザイン・製作しました。CICが求めたのは、ユニークで美しいデザインでありながら機能性の高いテーブル。製作期間中はコロナ禍の真っ只中でもあり、海外にいるクライアントと直接図面やモックアップを用いての確認作業ができませんでしたが、ヒダクマは3Dデータを駆使し、双方でデザインを共有しながら、このプロジェクトを統括しました。

テレワークが推奨され、フィジカルに人々が集うオフィス空間の役割が改めて見直されているウィズコロナ時代。そんな今だからこそ、個人と個人が偶発的に出会うセレンディピ ティ、そして新時代の働き方の進化が期待される空間にフィットしたプロダクトです。

【プロジェクト概要】

  • 支援内容
    家具設計製作・家具製作ディレクション・木材コーディネーション
  • 期間
    2019年8月〜2020年9月
  • 体制
    クライアント:CIC Tokyo
    建築監修・内装設計:CIC、小堀哲夫建築設計事務所
    木材コーディネーション・家具設計・製作・家具製作ディレクション:浅岡 秀亮(ヒダクマ)
    製作 : 株式会社木と暮らしの制作所、有限会社EC.kits

Outputs

ヒダクマのノウハウを生かして考案されたテーブルデザイン

カンファレンステーブル

モニターが掛けられた角度のついた壁とテーブルはぴったり合うよう設計

部屋の壁一辺から繋がっているような五角形のデザインのミーティング用テーブル。ビデオ会議をする際、壁にあるモニターから着席したメンバー全員の顔が見えるような形状は、ヒダクマオリジナルのデザインです。
会議中、無意識に肘をついたり触れることの多いエッジ部分には、その存在感を忘れるほど限りなく滑らかなカーブ、通称“石鹸R”を考案。広葉樹のなかでも柔らかく絹のような質感のトチを採用し、溶けた石鹸のような緩やかなRを追求しました。見る角度で光沢が変わる美しい木目も特徴です。
4mを超える長さの天板を支える箱型の脚は、真中の穴から延長コードやマイク、スピーカーを収納することができます。

<仕様>
材料:天板 トチ
台数:1台
サイズ:W3150 × D2630 × H720mm
脚仕様:メラミン化粧板
仕上げ:天板|浸透性ウレタン塗装 石鹸R仕上げ

ウェルカムテーブル

エントランスに設置する受付用テーブルで、スタッフとゲストとの接点となる役割を持ちます。フォーマル感を出しすぎず、気軽にコミュニケーションがとれるよう、カジュアルなデザインを目指しました。
テーブルの製作を担当した「木と暮らしの制作所」のオリジナルデザインのテーブル『GAIA STYLE』とヒダクマがコラボレーションし、もともと曲がりや割れのあったニセアカシアの板を高度な飛騨の職人技術により一枚板のように仕立てました。ニセアカシアの荒々しい木目や色味と、天板とサイドに埋め込まれた端正に輝く真鍮がマッチしています。脚は片側が真鍮のパイプ、反対側は天板のニセアカシアを用い、L字に折れる箇所の木目は天板とつながるように合わせています。足元の空間を広くすることで、抜け感のある印象に。

<仕様>
材料:ニセアカシア(ハリエンジュ)
台数:1台
サイズ:2,500mm×1,000mm×H800mm
脚仕様:真鍮パイプ
仕上げ: 浸透性ウレタン塗装
その他仕様:真鍮金物埋め込み

カフェテーブル

建材に使用される長さ4m、100mm角のスギの角材を接ぎ合わせた天板に、モルタルの脚をとりつけた存在感のあるロングテーブル。イノベーションを生み出すという点でCICとビジョンが共通する「100BANCH」(東京・渋谷)にあるテーブルと同様のデザインです。

<仕様>
材料:スギ角材
台数:1台
サイズ:4,000mm × 1,100mm × 1,000mm
脚仕様:モルタル  クリアウレタンコーティング
仕上げ:天板 浸透性ウレタン塗装

Process

3Dデータを駆使し、海外クライアントとイメージを共有

「CIC Tokyo」は15、16階の2フロアがシームレスに繋がったオフィス空間です。15階はボロノイ・グリッドに分割された、大きさも形も異なる多角形状の部屋が連なります。ヒダクマはこのフロアの3つの各部屋にフィットしたテーブルを、内装設計者のCICと小堀さんと打ち合わせをしながら製作しました。
今回の製作プロセスにおいて、CICの担当者とのコミュニケーションは全てオンラインで行い、図面を見ながらの対話や実物の確認はCOVID-19の影響によりできませんでした。しかし、テクノロジーを得意とするヒダクマは、提案段階から直感的にイメージできるよう、3Dイメージや写真を駆使し、海外にいるクライアントとコミュニケーションを図りました。これにより、リアルな質感やデザインをオンライン上で共有しながら製作を進めていくことができました。

ヒダクマ作成のカンファレンステーブルの提案資料。

多角形の壁に合わせた台形のテーブル。ビデオ通話時に全員の顔が見える角度を設計した。

滑らかなエッジ、通称“石鹸R”のデザインは、これまでのヒダクマの経験とノウハウで蓄積されたアイデアから生まれたもの。

硬派なブラウン系の色、柔らかい色味の2パターンを提案した。

ウェルカムテーブルは2案提案し、両者の中間のデザインに決定

カフェテーブルの提案資料。

バラしても使えるようなフォーメーションや、脚をミラーにしたデザインなどを提案した。

美しさに潜む職人技。シンプルなテーブルを成り立たせるディテール

3つのテーブルは一見プレーンなデザインで、製作もシンプルなように見えますが、いずれもきめ細やかな木使いがされています。製作を担当したのは、少数精鋭の工房チーム「木と暮らしの制作所」です。

大きなビデオMTGテーブルの仮置きして調整している様子。使われた幾枚かは同じ丸太から採れた木。

ビデオMTGテーブルの素材は、縮み杢の入った美しいトチ。製作では、木を並べて仮置きし、つなげる位置、木目などを見て板を並べ替えながら全体のバランスを調整。普段から国産広葉樹を扱う「木と暮らしの制作所」だからこそ、白太の入り方、木目の向きなどに配慮しながら、トチの魅力を最大限引き出しました。

丸い刃物と平らな刃物を組み合わせ、Rをつくる。

完成した石鹸が溶けるようなR。

今回ヒダクマの浅岡からオーダーした溶けた石鹸のような緩かなRをつくるため、二種類のビット(刃物)を用い、角度に合わせて機械を載せる台も製作。通常しない機械の使い方、組み合わせ方を考案、実施することでこの独特のRが出来上がっています。

曲がっているニセアカシアに線を引き、材料が足らなくならないよう木取りを何度も検証。

「図面で見るとシンプルで、加工の手順もすぐ浮かんだが、材料であるニセアカシアに割れや節が入っており木を合わせていくことが難しかった」と木と暮らしの制作所の阿部さんが語るのは、エントランステーブル。一枚板のように見える木は、天板・片側の脚のいずれも巧妙に接ぎ合わせてつくられています。
このテーブルは、木と暮らしの制作所のオリジナルのプロダクトのひとつである「GAIA STYLE」とヒダクマがコラボレーションしたデザイン。GAIA STYLEでは、曲がっていたり、割れている木でも、自然の力強さと職人技・デザイン性を共鳴させ、新たな一枚板としてのテーブルの価値を生み出しています。その姿勢に共感するヒダクマが製作のために持ち込んだ素材もまた、曲がりや割れ、節が入っているニセアカシアの木。木取りから接ぎ合わせ、真鍮の取り付けなど、一貫して慎重に作業は行われました。

真鍮の位置決めの様子。

繊細な印象の千切り。

意匠的な意味だけでなく、天板の千切りちぎり)と小口に入っている真鍮は両方あることで上下、左右からの力を抑える効果があります。真鍮の位置は、強度をどこにもたせるか、木が動くことから逃げ場をどこにつくるか、また美的な観点から検討・決定されました。またその繊細な真鍮の取り付けにも職人の高い技術が活かされています。

真鍮の溶接痕のないよう、アジャスター(写真左)・脚・プレート(写真右)3つのパーツから成るねじ切りの真鍮の脚は、木と暮らしの制作所の松原さんが設計。機能的で美しいデザイン。

接ぎ合わせた後も木は動く。木と暮らしの制作所の保木さんがベルトサンダーで丁寧に調整している様子。

今回の製作について、「石鹸Rからはじまり、17,8年やってきた技術を出し切れる仕事だった。チームのみんなもおもしろかったんじゃないかな」と阿部さん。上記に紹介したことはプロセスのほんの一端です。ディテールへのこだわりとイメージを具現化できる技術力、それを支える木への深い理解と愛情、そしてチームの力により、このプロダクトは形となりました。

Members

阿部 貢三|Abe Kozo
株式会社木と暮らしの制作所 代表取締役
1978年埼玉県生まれ2002年家具作りを学ぶ為に高山高等技能専門校に入学卒業後、老舗工房に弟子入り手鉋や漆塗りの加工技術を習得。
2006年に独立し、その後KOZO INTERIOR STUDIO立ち上げ百貨店やギャラリーなどで展示会を多数開催。チームでのモノづくりの可能性を感じ2017年(株)木と暮らしの制作所立ち上げに参画、2019年より代表を務める。

木と暮らしの制作所
家具産地である「飛騨高山」で、暮らしに寄り添う家具・木の小物を作る工房です。少数精鋭のチームで職人・デザイナー・営業が一丸となり、家具メーカーには決して真似の出来ない細かな対応と、個人工房にはない対応力を持ち合わせた工房としてものづくりをしています。
https://kitokurashi.com/

 

 

浅岡 秀亮 |Hideaki Asaoka
株式会社飛騨の森でクマは踊る(ヒダクマ)所属。岐阜県飛騨市出身。名古屋芸術大学卒業後、家具メーカーやインテリアデザイン事務所で家具製作・デザインを経験。2016年にヒダクマに参加し、プロダクト開発や設計、制作、施工など幅広く担当。木に対する幅広い知識や、職人への深いリスペクトを持ち、木に新しい価値を付与すべく日々奮闘中。

Member’s Voice

浅岡さんとの打ち合わせで一番印象に残っているのはテーブル面の形状『石鹸R』。18年の木工経験の中でもこれは初めてでした。「触れる部分が痛くならないRを表現するとこうなった」、テーブル全体の形状もモニターから全員の顔が見えるようにデザイン設計されています。GAIA STYEを元に設計をされたテーブルなど、内容を聞いたあとワクワクしたのを覚えてます。それと同時に木と暮らしの制作所として持っている個々の能力や経験も含め全てを出し切れば良いなと思いました。
普段から国産広葉樹材を使用している事もあり、意識したことは『設計をされたデザイン、寸法の中でどれだけ木を魅せれるか』。
木取りでは一枚一枚の表情、木目の流れや反り、割れの位置、それらをまず把握しました。たぶん眺めてる時間の方が長かったですね。その後の加工は社員みんなで手分けをして進めたのですが『その木の良さを最大限に引き出すこと』そこは共有していたと思います。
真鍮脚は企画デザインの松原の担当で「板の動き、設置場所の状況に対応するには、それを真鍮でどう加工するのか」それら踏まえて設計をしてくれました。
仕上がった天板を見て『意味のあるデザイン』に『木の魅力』を詰め込めた手応えと、きっと使用してくれる人たちの感性にも触れることのできるテーブルたちになったんじゃないかと思います。

阿部貢三
株式会社木と暮らしの制作所 代表取締役

風呂で体を洗うときは石鹸派な私ですが、手で石鹸で泡立てていたら滑って手から飛び出してしまうということはよくある話だと思います。手の中で何度も転がすことで、角が溶けて丸くなっていき、非常になめらかな形になった結果おこる現象です。これは石鹸が溶けているのと同時に「石鹸が人間の形に近づいている」と言えるでしょう。人の肌が触れる部分、例えばテーブルの角はこのような形状になっていることで 心地の良い面ができるのではないかと考え、石鹸Rと名付けました。普段はテーブルの角は2Rや3R、大きめな面を取るときは10Rなどと数値で指定しますが、この石鹸Rのように「数値では表せないけれど誰でも分かる」考え方は良いなと思いました。
テーブルづくりといえば右に出るものはいない阿部さんなら、と思ったので相談してみましたが、結果、想像を遥かに上回るに仕上がり具合…!石鹸Rの話がメインになってしまいましたが、他のテーブルも、ずっと触れていたくなるような素晴らしい仕上がりになりました。
CICで、時代の最先端をゆくビジネスパーソンがものすごくイノベーティブな議論を繰り広げているんだけど、実はその時みんな無意識に木を撫でている…。そんなシーンを想像するのが楽しみです。

浅岡 秀亮
ヒダクマ


 

CIC Tokyo
2020年10月1日に虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15階と16階(合計約6,000平米)にオープンした、国内最大級のイノベーションセンターであり、スタートアップ(起業後間もない企業)を中心に250社以上の企業や団体が入居できる広大なワークスペースと、ビジネスの成長とグローバル展開を加速するためのコミュニティやサービスを提供している。
https://jp.cic.com/


 

文:石塚 理奈

オフィス環境を家具から見直していきませんか?

ヒダクマでは、オフィス家具の提案から設計、設置まで、皆さまに寄り添ったお手伝いをいたします。
お問い合わせはこちら