NEWS / BLOG

PICK UP

  • 合宿

森まるごと体験 2017年のプラン一覧と申し込み

飛騨は季節の変化が色濃く感じられる地域です。春夏秋冬、季節ごとの色や香りや風景、食の味わいが鮮明に表現され、自然の雄大さを感じざるを得ません。そんな季節ごとの飛騨を堪能するテーマと共に、森をまるごと体験する合宿プランを一挙に公開します。 季節の食や自然を堪能するプランと合わせて、広葉樹活用ノウハウと実際の制作を楽しむプランです。悠久の時を感じる技や知恵に感銘を受け、自然に寄り添った飛騨びとの暮らし方にヒントを得ながら、現代の私...

  • 合宿

ヒダクマの森まるごと体験合宿 5月ー山菜採りピクニックと広葉樹の木取りワークをやってませんか?

季節ごとの飛騨を堪能するテーマと共にご案内する森まるごと体験プラン。5月は山菜採りピクニックと広葉樹の木取りワークをご案内します。 まず、木取りワークでは、個性豊かな広葉樹について知り、手を動かして木取りの実習を行います。 栄養豊富な土壌をつくり、人間に豊かな暮らしをもたらす広葉樹は、家具やインテリアとして生活の中に取り入れてみてください。その美しい木目や色合いの個性に瞬く間に虜になることでしょう! 写真は様々な樹種を組み合...

  • 林泊

ものづくり、林業体験のための宿泊案内

ヒダクマでは、FabCafe Hidaを拠点に、ものづくりや林業ツアーなどの体験を目的にした滞在を受け入れております。 個人や家族、友人同士のものづくり滞在から、教育機関や企業向けの合宿も受け付けております。 目的・ニーズに合わせてカスタマイズでプログラムをご提案させていただきます。 大自然に囲まれた地で澄んだ空気を吸い美味しい食事をすればクリエイティブな閃きがあったり、 森歩きやものづくり、職人の仕事ぶりなどを通じて新しい視...

LATEST

2017年1月、飛騨市との広葉樹活用プロジェクトの一環で、ユニークな視点で空間設計をしている東京の建築家4人が飛騨を訪れた
  • デザイントリップ

建築家、飛騨へ。〜広葉樹の価値化デザインの旅〜

2017年1月、飛騨市と飛騨市森林組合とヒダクマの共同での広葉樹活用プロジェクトの一環で、ユニークな視点で空間設計をしている東京の建築家たちが飛騨を訪れました。 今回参加したのは、鈴木崇之、ツバメアーキテクツ、桑原茂の3社4人。 本プロジェクトは、広葉樹の価値化を目指し、まずは従来未活用の小径木、支障木、ライバル木などを活用して家具やおもちゃなどの木製品が作れるかどうかの実験。結果的に十分に活用できると認められれば、価値証明の...

  • 木の仕入れ

産直デザインのススメ

ヒダクマでは、建築家やデザイナーのための「森の仕入れツアー」を受け付けています。 寿司職人が、市場に行って、時には船に乗って海にでて食材を調達するように。空間づくりや商品開発に、産地直送の、森林や木材から考えるデザインやものづくりはいかがでしょうか? カタログから規格品の木を選ぶのではなく、自分で、森の中に立っている木から、丸太から、不揃いの板がたくさん並ぶ製材所から、産地とつながって、ユニークな「木」を選んでみませんか? ...

  • 木のトリビア

適材適所で木を使う為のメソッド 〜水回り編〜

水回りで木を使う キッチンのカウンタートップに木を使いたい。でも腐食が心配・・・。そんなときにオススメな木が、飛騨の「ヤマザクラ」や「クリ」などです。タンニンという物質を含み、水や虫、腐食に非常に強いことから、なんと縄文時代から水回りに強い材として使われているのです。 ↑こちらはヒダクマで製作したヤマザクラのキッチン・カウンタートップ。 木が腐るメカニズム そもそも木が腐る原因とは、何なのでしょうか。 水だと思った方。いいえ...

  • 機器紹介

FabCafe Hidaの木工機器とデジタルファブリケーション機器のご紹介

江戸時代から続く元酒蔵を改築して生まれ変わったデジタル木工房のデジタルファブリケーション機器と木工機器をご紹介します。元酒蔵が木工房になっているというだけでもユニークですが、そこにデジタル機器も共存する、つまりこれまでの木工の枠を超えて新しいものが作り出せる超画期的”旧酒蔵デジタル木工房”なのです!ひょっとすると、江戸時代から蔵に住み着く菌が、工房で出た木くずと土を発酵させて良い堆肥もできるかもしれないですね!^^ 木工...