NEWS / BLOG

PICK UP

  • デザインキャンプ

Smart Craft Studio in Hida 2017 第1週目 ー 新しい学びに夢中 “伝統 + 木工 + IoT + AI + 地域コミュニティ”

Day 1 – 飛騨市長の挨拶とローカルバンドのダンサブルな音楽で歓迎を受ける 5/28(日)、ニューヨーク(アメリカ)、トロント(カナダ)、台北(台湾)、香港から建築、デザイン、ファッション、メディアテクノロジーを専攻する30人の学生を迎えて23日間のデザイン合宿、Smart Craft Studio in Hida 2017をスタートしました。初日は飛騨市長の都竹氏による歓迎の挨拶と飛騨の紹介でスタートしました...

  • 合宿

人類はこれからの新しい時代にどう生き延びるのか ー ヨーロッパで憧れの職業、森の専門家フォレスターに『近自然』のビジョンを学ぶ!

  豊かに生き延びることを追求し、これまで対立軸と考えられてきた「環境」と「豊かさ」を両立させようというニューパラダイム、近自然という理念があります。持続可能な森林管理と林業経営が体系的になっているスイスを始めとする中欧諸国では、森の専門職であるフォレスターという職業が高く注目され、地域の森と市場を熟知するエキスパートとして継続的に人材が輩出できるよう体系的な教育制度が確立されています。そのベースとなる理念が『近自然...

  • 木の商品開発

腕利きの職人さんに製作を断られたイス。FabCafeのマシンを駆使して不可能と言われた加工に挑む。

こんにちは、ヒダクマ 蔵長の浅岡です。 ヒダクマでは、建築家やデザイナー向けに家具や什器の製作や試作を承っています。中でも、実際に飛騨に来てFabCafeに滞在し、自らの手を動かしながら家具を作る、そんなユニークな事例もあります。 今回ご紹介するのは、建築家・桑原茂さんと一緒に製作した「SLANT -頼り合って支えるスツール-」。多様な広葉樹が生息する飛騨の森で、それぞれの樹木がお互い支え合って森を作っているというんだという...

LATEST

  • デザイン合宿

世界4カ国の建築、ファッション、デザイン、メディアアートを専攻する学生が集結。飛騨の森を舞台に伝統技術と最先端のIoTを掛け合わせる23日間の試作の日々

株式会社 飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)は、昨年に続き2回目となるデザインキャンプ「Smart Craft Studio Hida 2017」を、2017年5月28日(日)から3週間、デジタルものづくりカフェ「FabCafe Hida」(岐阜県・飛騨市)にて実施します。 世界を代表するデザインスクールであるパーソンズ美術大学(アメリカ)、トロント大学(カナダ)、香港大学(香港)、実践大学(台湾)と慶應SFC、ヒコ・みづ...

  • 空間事例

渋谷のビルに巨大な無垢の角柱がどーーーーん。木を活用したアジャイルなプロジェクトスペースができました。

渋谷のビルの3階に、巨大な無垢の一尺柱が何本かどーーーーんと横たわっています。 窓の外の首都高の景色、フロア全体を見渡ることできるガラスのパーティション、スペースを仕切る十字型の無垢の巨大な角材を使った土台が印象的な空間。ここは大野友資(DOMINO ARCHITECTS)さんが設計した、東京渋谷のプロジェクトスペース「Cooop3」です。 「Cooop3」について、詳しくはこちらをお読みください。 3ヶ月の仕事を、3日で終...

  • デザイン合宿

森とクラフトの町、飛騨。最先端技術を駆使して、ものづくりに生命の息吹をー23日間のデザイン合宿『Smart Craft Studio 2017』 が5/28(日)からスタート

 舞台は豊かな森、豊富な木材、伝統のものづくりで知られる飛騨古川。 飛騨のマスターたちから伝統の技と知恵を学び、世界最先端のテクノロジーをリードする講師たちからA.I.やIoTなど最先端技術を学ぶ1週目。 飛騨の人々にインタビューをしてその暮らしぶりをリサーチし、アイデアからコンセプトを導き出す2週目。 2週間の学びやリサーチ結果を統合し、最先端技術を伝統技術に適応して人と人工物の間に相関性を与えるプロトタイピング...

  • 木の商品開発

逆境を乗り越え、最新IT家電と結ばれた無垢の木の話。

天然の木はひとつひとつ違う表情をもち、やさしい質感とぬくもりがある素材。しかし、一方で、曲がったり反ったりという欠点もあります。家電製品のパーツとして、電子部品やプラスチックと組み合わされ、温度や湿度の変化がある環境で使われる-そんな木にとって逆境の環境を乗り越えて、製品化された事例をご紹介します。 「木を使った商品をつくりたいけど、どうしたらいいかわからない!」という方に読んでいただきたい記事です。 この写真は、板に開いてい...