NEWS / BLOG

  • 交通アクセス
バスで飛騨に行こう!5.5時間のバス旅を存分に楽しむガイド

東京から飛騨へ行くには、電車かバスを利用して5時間ほどかかります。
5時間あれば、韓国や香港みたいな国なら余裕で行けてしまいますよね。

そう、飛騨って実は遠いんです。

「飛騨へ行きたい!でも遠い!」

そんなあなたに、5時間以上もの長旅を退屈にさせない方法を伝授します。

東京から飛騨へ行くのにおすすめの方法は?

東京から飛騨へ行くには、新幹線で富山経由または名古屋経由で行くパターンと、バスや車で行くパターンがあります。
新幹線を利用するとチケット代は片道でおよそ15,000円。5時間ほどかかります。
一方、バスは片道6,690円から。しかも時間はそれほど変わりません。
バスはよく揺れるし、窮屈で居心地が悪い…そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし、東京→飛騨間のバスはとても快適。
より広くて座り心地の良いシートには、コンセントも完備。さらに「女性専用シート」、「ひとりだけシート」といった嬉しいオプションも。もちろんお手洗いもついています。

意外と広いバス内。希望者はブランケットも借りられます。お手洗いは奥にあります。

長旅には嬉しいコンセント付き。

特筆すべきは、道中で3箇所のサービスエリアで休憩をとることができること。
そう、このサービスエリアこそバス旅の醍醐味。
今回は、「バスタ新宿」から「高山濃飛バスセンター」までの道中5.5時間を存分に楽しみましょう。ぜひご参考に!

バスタ新宿 ロッカーを利用するならヨドバシカメラB1階を利用せよ。

新宿といえば、世界屈指の過密駅。ロッカーに荷物を預けたくても、空いていない場合がほとんど。もしロッカーを利用したい場合は、ヨドバシカメラ新宿西口本店のB1のロッカーがおすすめ。

ヨドバシカメラの地下ロッカーは高確率で空いている隠れスポット。値段も中で300円と安い。

バスタ新宿へは、JRの改札から徒歩10分ほど。

ラウンジは綺麗で、待合室の席も多め。分からないことがあったらインフォメーションセンターに聞こう。

1階にはカフェもいくつかある。お好みで、持ち帰りコーヒーを買ってからバスへ乗り込もう。

バスの乗り場はC7。ラウンジからは歩いてすぐだ。

休憩① 10分間:釈迦堂パーキングエリアで、「俺のタンメン」を食べよう。

新宿から最初の休憩は、釈迦堂パーキングエリア。ここは「ラーメン食堂」というイートインがあり、おいしいラーメンで人気のPAだ。
休憩時間は10分しかないが、早食いに自信がある人はぜひこのお店の「俺のタンメン」を食べよう。

釈迦堂PAのラーメン食堂。

釈迦堂PAいちばんの人気メニュー 「俺のタンメン」。770円。

たっぷりの野菜と濃厚なスープがお腹を満たしてくれるぞ。

休憩② 15分間:諏訪湖サービスエリアで諏訪湖の景色をバックにお茶をしよう。

2回目の休憩は長野県の諏訪湖サービスエリア。
こちらは休憩時間が15分あるので、ちょっとだけ余裕をもって楽しむことができる。

諏訪湖が一望できるイートイン。ここからの眺め見ながらゆったりと過ごす時間は贅沢だ。

中には手作りパン屋さんやカフェがある。

名物のカレーパン、牛乳パン。そして、上島珈琲店のカフェオレと一緒に楽しもう。

たっぷりの具の中に濃厚なチーズが病みつきになるキーマカレーパン。250円。

一番人気の牛乳パンは、ふんわりとした生地の中に甘いクリームが。200円。

諏訪を超えたら、奥飛騨の絶景を楽しもう。

松本市を過ぎ、長野と岐阜の県境に入ると、バスは山道を進み始める。
このエリアの窓からの景色は必見。

秋には紅葉が美しい渓谷。

あちこちから吹き出す蒸気は温泉。

絶壁。がけっぷちのアート。

休憩③ 10分間:平湯温泉名物「はんたい卵」とは?

最後の休憩スポットは、奥飛騨の「平湯バスターミナル」。ここでも様々なフードやお土産を購入することができるが、ぜひ少し脚を伸ばして「はんたい卵」を食べてみてほしい。

流れ

STEP 1

バスターミナルを抜けて、温泉街の方に向かう。

STEP 2

休憩時間は10分しかないので、ダッシュで向かおう!
目的地はすぐそこだ。

STEP 3

ターミナルから小走りで1分ほど。
このつるや商店で、はんたい玉子を食べることができる。

STEP 4

はんたい玉子とは、この場所で湧き出た温泉でつくっている温泉玉子のこと。

STEP 5

見ると石垣の中に温泉が。そしてその中に玉子セッティングされている。お値段はなんと1個50円。

STEP 6

「はんたい玉子ください」と伝えると、お店の人がおもむろに玉子を出してくれる。

STEP 7

「はんたい玉子」は上から割って塩をかけて食べるのが◯。
白身はトロトロ&黄身は硬い。まさに「はんたい玉子」だ。

STEP 8

はんたい玉子は持ち帰りができない。ツルンと食べたら、再びダッシュでバスへ戻ろう。

ちなみにバスターミナル内には足湯もある。卵の気分でない場合はこちらを楽しむのも◯

終点、高山濃飛バスセンター。

image2
高山へついたら、あとは電車に乗り換えて飛騨古川へ向かおう。

高山駅では、飛騨の匠の木工製品に触れることができる。

昔ながらのきっぷ。改札では駅員さんがスタンプをパチンと押してくれる。

飛騨古川へ。お疲れ様でした!

image13

高山駅から飛騨古川へは、おおよそ20分。
飛騨古川駅からヒダクマ / FabCafe Hidaへは徒歩で約15分。

いかがでしたか。この楽しみ方を知っていれば、5時間以上にも及ぶ道中も存分に楽しむことができます。バス旅は電車では味わえない楽しみ方があり、しかも値段は電車の1/3ほど。時間も電車とそこまで変わらないので、おすすめです。

あなたもぜひ、バスで飛騨へ来ませんか?

飛騨での楽しい時間をご提案します。

飛騨へお越しの際は、ぜひFabCafe Hidaへお立ち寄りください。

木工やデジタルものづくり、森歩き、ご宿泊からカフェでの時間をお楽しみいただけます。
● FabCafe Hidaの木工体験プラン

ヒダクマ / FabCafe Hidaのスタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしております。