Japanese red birch

⽊を探すTOP

やわらかく上品な色合い。
なめらかで、傷がつきにくい強度もある。

  • うすいいろ
  • おすすめ
  • おもい
  • かたい
  • ざいこほうふ
  • やさしいもくめ

⽊を探すTOP

在庫状況

最終更新:2020年4月22日

厚み 長さ 在庫数 在庫立米 在庫状況 備考
36mm 約280mm 2100mm 66枚 1.39 乾燥済 H
38mm 約200mm 2100mm 3山 1.80 乾燥済 N
38mm 約200mm 2100mm 1山 0.30 乾燥中/5月加工可 N

 

ご注文・お見積り・お問い合わせはこちら

木材としての特徴

散孔材。辺材は白くて艷やかな表面をしており、芯材はキレイな褐色を帯びている。非常に木目が緻密なので、擦り減り難く、固くて丈夫な木。手触りは他の木に比べてとても滑らか。滑りが良いので、建具や家具の引き出しなどに使われる。耐摩耗性があり平らな面がいつまでも保持できるため体育館の床にも用いられている。

樹としての特徴

カバノキ科カバノキ属の落葉広葉樹。マカバ、マカンバともいう。カバノキのなかでは最も大きく成長する種で幹が1m以上、高さ30m以上になるものもある。木の皮を燃やして灯火にし「鵜飼い」につかったことからウダイカンバの名が付いたとも言われている。

COMMENT

雪のような光沢がたまらない。個人的に好きな木ナンバーワンで、ずっと触っていられる。

ヒダクマ浅岡

白太の部分のクリーミーな色、質感が綺麗だと思います。

ヒダクマ黒田

色味のコントロールが難しい。でも、その個性が生きると本当に綺麗。

ヒダクマ飯山

昔は体育館の床には必ずウダイカンバが使われてた。木目がやさしくてどんな空間でも合うし、比較的量もあるし、値段もそこまで高くない。みんなもっと使ったらいいと思う。

西野製材所・西野さん

CONTACT US お問い合わせ

まずはフォームよりお気軽にお問い合わせください。