Conker

⽊を探すTOP

白くきれいな光沢とさざ波模様が現れるユニークな木。

  • うすいいろ
  • かるい
  • やさしいもくめ
  • やわらかい

⽊を探すTOP

在庫状況

最終更新:2020年4月3日

厚み 長さ 在庫数 在庫立米 在庫状況 備考
36mm 約250mm 2100mm 21枚 0.39 乾燥済
36mm 約250mm 2100mm 7枚 0.13 乾燥済 杢有

 

ご注文・お見積り・お問い合わせはこちら

木材としての特徴

散孔材。材の乾燥は容易だが、狂いが出やすく、また条件が悪いと腐れが早い材。巨木になるものが多いので、昔はくり抜いて臼を作るのにもよく使われた。色白できめ細やか、淡く味わいがある色にきれいな光沢がある。様々な杢(もく)が現れ、特に板目面のリップルマーク(さざ波模様)は大きな特徴。

樹としての特徴

トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹。類似種のマロニエ(セイヨウトチノキ)は、パリの街路樹として有名。春から初夏にかけて、上向きに円すい状の大型の花を多数咲かせ、ミツバチやハナバチ類の蜜源になる。実はすりつぶして栃餅や栃の実煎餅などをつくる。小学校の国語の教科書にも採用されている児童文学『モチモチの木』に登場する木はこのトチノキ。

COMMENT

綺麗な白色。真っ白で杢(もく)が綺麗にでるものから、クリーム色、琥珀色まである。凛とした美しさが魅力。反面、傷つきやすい、朽ちやすい印象。繊細です。

ヒダクマ黒田

若いトチは真っ白。大きく成長するごとに色と表情が出てくる印象。あと、飛騨のトチは杢が出る確率が高い気がします。

ヒダクマ飯山

グラスをおいた時の「コツン!」という音がちょうど良い木。硬すぎる木だとうるさい(下手するとコップが割れる)のだが、その点トチは良い。個人的にテーブル天板に使いたい。

ヒダクマ浅岡

昔からトチの実は貴重な食糧でむやみに伐らなかったため、まだ大径木が残っている。カビやすいのが欠点だが、やわらかくて加工しやすい。白くて木目がやさしいので洋風にはぴったり。

西野製材所・西野さん

CONTACT US お問い合わせ

まずはフォームよりお気軽にお問い合わせください。