STAY

古川の町中に滞在宿泊をしながら、森から木工の現場まで、地域全体をフィールドにしたプログラムを提供します。

ツアー

森と自分の関係を見つめ直す

ヒダクマ社有林、または広葉樹のまちづくりに取り組む飛騨市の森をツアー形式で案内します。森づくりの方法や森からはじまる物質循環について学ぶことができます。「森に入ると感覚が研ぎ澄まされる」感じをフルに働かせることも大切です。自分の感覚に対して素直になって様々な発見をしてシェアしましょう。また、森から出た木がどのように流れているのか、製材所、木工所、町並みを合わせてたどることもできます。

合宿

非日常の時間の中で未来の日常を考察する

100年以上の歴史ある古川の古民家・旧熊崎邸をリノベーションしたFabCafe Hida(泊まる・食べる・つくるの複合施設)に滞在しながら、飛騨に流れる優しい時間の中で、合宿形式のプログラムを提供します。非日常の場を共有することで、仲間の潜在的な思考を引き出して、未来の成果に繋げましょう。プロジェクトのキックオフも、研修も、合宿に必要なすべてをヒダクマにお任せください。

ワークショップ

1300年の匠の技と共創する

FabCafe Hidaの工房設備を使い、飛騨の職人からハンズオンで学ぶ組木づくり、職人とのコラボレーションで生み出す作品づくりまで、ワークショップを企画します。伝統的な木工技術の知識を取り入れたら、日頃取り組む研究や創作との高度な融合をヒダクマと一緒に構想しましょう。もしあなた達が、デジタルなものづくり手法の専門家であれば、ぜひ飛騨の作り手にレクチャーしてください。その交流が伝統と革新によって発展する地域の未来の1ページになるでしょう。

食事

森の恵を五感で味わう

春の山菜に、秋のきのこ、森に磨かれた清らかな水で育てられたお米にお酒。飛騨牛も森から切り出された木材を加工する際に生じるおがこを寝床にして育っています。飛騨の食文化は、余すとこなく森の恵でできています。宿泊に合わせて、旬の食材も郷土料理も取り入れた食事を提供しています。ツアーやワークの1日の最後に、五感を働かせてもう一度みんなで森との繋がりを再確認しましょう。