To Architects and Designers

木という材の可能性を、追求してみませんか?

木は建築において極めて一般的で当たり前の材。でも一方で、商品になる前の「材」としての木材に関わる機会は少ないのではないでしょうか?

建材で一般的な杉・ひのきという針葉樹。一方で、たくさんの樹種がありそれぞれに特性を持つのが広葉樹。くるみ、栗、さくら、ナラ、カエデ、タモ、ブナ…何十万種類と存在する広葉樹は個性豊かな表情があります。

用途に合わせて樹種の特性を生かす ー 例えばクリの木は、家の土台や線路の枕木に使用されているほど耐水性、耐久性にすぐれています。クリ独特のくっきりとした濃い木目も活かし、水回りのカウンター材などに使われます。

処理や加工の方法、あるいは組み合わせによっても無限のバリエーションをつくることができる ー 天板や棚を無垢材や集合材でつくる。樹種を選び、加工方法や塗装を考え、木口や厚みなどのデザインを考える。組み合わせる金属や樹脂材によっても表情 はがらっと変わります。建築家固有の素材をつくる。オリジナルの部材や建材表現をする。

木材、特に広葉樹を使った表現をヒダクマがサポートします。

木材選び

木材選び

徒歩10分の場所に日本屈指の規模を誇る「西野製材所」があり、数十の樹種から木材を直接見て、触り、選ぶことができます。10cm程度のサンプルではなく、数メートルの木材を直接触ることでみつけられる「自分の材」をぜひみつけてください。

木材トライアンドエラー

木材トライアンドエラー

まずはつくってみる。複数の素材を使った集合材づくりや、デジタルファブリケーションを活用した家具や建材のプロトタイプ。3Dプリンターを使った模型づ くりから実寸のプロトタイプまで。1日〜数日滞在しながらサンプル/プロトタイプをじっくりつくりあげる環境があります。

木材購入

木材購入

少量から実際の建築に使う大量の木材調達までヒダクマがサポートします。
工務店との調整や発送。そして加工の分担、品質管理まで行います。

組木・曲げ木ワークショップ

組木・曲げ木ワークショップ

組木の手法や曲げ木の手法を自身の作品に取り入れてみませんか?飛騨が時代をわたり進化、更新を遂げながらつないできた組木や曲木の技術は深い暮らしの知 恵に基づくものです。それを現代の暮らしにどう応用、融合できるのか?新しい発想やデザイン力であっと驚く面白いものをつくってみませんか?

ぜひ一度、お越しください

飛騨の自然を味わいながら、生きている「木」という材の深さを堪能してみませんか?

1日とはいわず数日、数週間にわたってじっくりと。
おいしい食材と日本酒、居心地のよく広々とした築100年以上の空間、さまざまな工作機器、そしてヒダクマ&FabCafeスタッフのサポートとおもてなしでお待ちしています。

合宿案内はこちらから