- PRODUCTS

japanese cherry birch

漆器の生地によく使われる緻密な木目と丈夫さが売りの良材

カバノキ科カバノキ属の落葉広葉樹。散孔材。

樹皮に傷を付けると水のような油がしみ出してくるのでミズメと呼ばれている。

この木を使い強弓の梓弓を造ったことからアズサと呼ぶ地方もあり、ハンサと呼ぶ地方もある。

ふつうに見られる樹だが、材はまとまって生産されることがないため市場にはほとんど出回らず、一般的には器具材、薪炭材など地方的な狭い用途に限られている。

木の特徴

  • 美しい緻密な木目

    美しい木目を活かしたフローリングや、器物、家具、彫刻材などに使用される。また漆器木地にも古くから使われ、ミズメは各地の漆器の中でも最高級のものである。

    用途
    • フローリング
    • 漆器生地
  • 白色緻密で加工容易

    割れにくく、切削性に優れ、薄く挽くことができ、変形が少なく、目やせもしにくく、漆器の下地加工にも手間がかからない。東北地方などではこけしのおもな材料の1つになっている。箱根細工の寄木(よせぎ)には白色材として、また着色して用いる。

    用途
    • 小物
  • 硬くて弾力がある

    材はかたくて弾力があるので、古くは弓をつくった、艶が良くて擦り減らないことから敷居にもよく使われた。

    用途
    • 敷居
    • 機械材