- Know-how of KUMIKI

KOSHIKAKEARITSUGI

合成によるディテールの進化、組木の機能美の極み

蟻に腰掛を組み合わせて、挿し込み後に止まるようにした組木。ここではさらに目違も合成している。引張りが加わった時、蟻が凹側を外に押し広げようとする力が発生するが、目違があることで割れによる強度の低下を防ぐことができる。また、目違いはガイドの役割を果たすので、組みやすさ向上と、曲げによるズレに抗する力を増すことができる。

  • Compressive force
    • 1
    • 2
    • 3
  • Shearing force
    • 1
    • 2
    • 3
  • Pull force
    • 1
    • 2
  • Bending
    • 1
    • 2
    • 3