- Know-how of KUMIKI

ARI

部材の「交換可能性」を示唆する組木

逆台形によって引張りに対して抵抗できる組木。似た機能を持った鎌と比べると、引張り強度は劣るが、継ぐ部分の長さが短かくて済むため、接合長さを十分に取れない箇所にも用いることができる。仮組み的な役割も果たすため、「取り外し可能」出ることを積極的にデザインに取り入れると良いだろう。

  • Compressive force
    • 1
    • 2
    • 3
  • Shearing force
    • 1
    • 2
  • Pull force
    • 1
    • 2
  • Bending
    • 1
    • 2