イベント

森のレッスンvol.2「森と人をつなぐ仕事~木材コーディネーターがつくる木の新しい流通と場」

2019.02.04(Mon) 19:00~20:30

FabCafe HidaMAP

終了

「飛騨市広葉樹のまちづくりセミナーvol.5@FabCafeHida」として開催する第2回目の「森のレッスン」は、木材コーディネーターとして活躍する鈴木直子さんをお招きします。
鈴木さんは、信州のサワラの木で新発想のベビーバス(産湯桶)を作って広めるプロジェクト「産湯桶でウッドファースト」(ウッドデザイン賞受賞)や、国産ミズナラのワイン樽で本物の国産ワインをつくるプロジェクトなどに取り組んでおられます。
鈴木さんの目指す森と人をつなぐ新しい木材の流通と場について、お話をうかがいます。

Guest

鈴木直子さん / 木材コーディネーター

2000年、「住工房なお株式会社」を起業し、建築設計・デザインをメインに活動をスタート。建築における国産材利用の観点から林業の世界に入り込み、2012年木材コーディネーターの資格を取得。2015年「一般社団法人森のマルシェ」を立ち上げる。「木を遣うことが森林(もり)を守ります」を理念に、森林と都市を直接つなぎ、木材の新しい流通を創っている。国産材住宅展示場×衣食住の情報発信・交流の場づくりをめざして活動中。国立研究開発法人森林研究・整備機構監事、NPO法人えがおつなげて理事も務めている。

聞き手:
松本剛 株式会社トビムシ/株式会社飛騨の森でクマは踊る取締役COO兼CFO

環境コンサルティング会社を経て、2009年、株式会社トビムシに参画。2015年、岐阜県飛騨市に飛騨市と株式会社トビムシと株式会社ロフトワークで、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を設立、取締役就任。カレー好き。

「森のレッスン」とは

森に囲まれた町の中のカフェで、森と共に暮らす方法を学ぶ勉強会・トークイベントです。飛騨の森には、家具や建築の材料となる木材が豊富にあるだけではなく、美味しいキノコやジビエ、さらには森に磨かれた水で育ったお米や野菜だって私たちが享受している森の恵です。この恵に感謝すると共に、それぞれの分野で森に関わる仕事や活動を行なっている人をゲストに招いて、彼らが森で大切にしていること、気になっているけどまだできていないことなどを共有してもらいます。
普段森に入らない/関わりがないと感じている人たちでも、森に関わりを持つきっかけと具体的な方法を知り身につけることで、この豊かな恵が未来の飛騨に永遠と続くように、さらに私たちの生活と森が密接により良い関係性を結べるようになることを願っています。

森のレッスンvol.1「伐らない林業〜木材だけではない森の価値」
イベントレポートはこちら

主催

株式会社 飛騨の森でクマは踊る

木の可能性、森の可能性、地域の可能性、 脈々と継承されてきた日本人の暮らしの可能性。 “ヒダクマ”はそんなありふれた日常に潜む大きな可能性から、新しい価値を生み出すことを日々探求しています。

INFORMATION

森のレッスンvol.2「森と人をつなぐ仕事~木材コーディネーターがつくる木の新しい流通と場」

日 時 2019.02.04(Mon) 19:00~20:30
場 所 FabCafe Hida
参加費 無料 ご予約不要
定 員 80 名
企 画 「飛騨市広葉樹のまちづくりセミナーvol.5@FabCafeHida」として開催する第2回目の「森のレッスン」は、木材コーディネーターとして活躍する鈴木直子さんをお招きします。
鈴木さんは、信州のサワラの木で新発想のベビーバス(産湯桶)を作って広めるプロジェクト「産湯桶でウッドファースト」(ウッドデザイン賞受賞)や、国産ミズナラのワイン樽で本物の国産ワインをつくるプロジェクトなどに取り組んでおられます。
鈴木さんの目指す森と人をつなぐ新しい木材の流通と場について、お話をうかがいます。

主催:ヒダクマ
協力:飛騨市
  • イベント
  • トークイベント
終了
1/80
FabCafe Hida
〒509-4235 岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17
0577-57-7686
http://fabcafe.com/hida/