NEWS / BLOG

  • レポート
「飛騨古川の地元の人々と旅行者との交流の機会を増やしたい」- Smart Craft Studio Hida 2016 チーム 4 レポート

English follows Japanese.

Smart Craft Studio Hida 2016に参加したチーム4のプロトタイピングをつくるまでのプロセス、葛藤、成果について、ティーチングアシスタントをしていた後藤正保(ごとうまさやす)さんからのレポートです。

This is a report by Masayasu Goto, a teaching assistant for Team 3 for the Smart Craft Studio Hida 2016. Here, He talks about the process, issues and outcome during the camp.

 


株式会社 飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)が主催する国際学生交流ものづくりプログラム「 Smart Craft Studio」にティーチング・アシスタントというポジションで参加しました。私が所属したチームの様子や制作した作品についてレポートします。ご一読頂ければ幸いです。

I participated as a teaching assistant in the International Student Design Program called  “Smart Craft Studio” that Hidakuma inc. organized so I will report on the atmosphere in the team that I belonged to and the team’s outcomes. I’d be grateful if you could read it.

初日のWelcoming Partyの様子 @FabCafe Hida

The welcoming party on the first day at FabCafe Hida

 

(概要)

「Smart Craft Studio」は、約3週間(5/28から6/18まで)の学生向けプログラムで、Parsons School of Design(米国)、University of Toronto(カナダ)、National Chiao Tung University(台湾)から、デザイン・建築・都市計画・メディアアートなど幅広い分野の学生21名が参加しました。国内からは、東京芸術大学、慶應義塾大学SFC、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)の3つの大学から4名がティーチング・アシスタントとして参加しました。

3週間のカリキュラムの中で組み木や曲げ木といった飛騨の伝統的な木工技術と最新のIoT技術を学び、飛騨の森や飛騨古川という街からインスピレーションを受けたことを各チームで落とし込み、伝統的な木工技術と最新のIoT技術の可能性を探求しながらプロダクトやサービスのプロトタイプを制作することが目標です。

 

(The outline of “Smart Craft Studio”)

“Smart Craft Studio” is a three-weeks (from May 28 to June 18) intensive program for students. 21 students joined in a wide range of fields such as architecture, urban planning and media art, who are studying at the Parsons School of Design (USA), the University of Toronto (Canada), and the National Chiao Tung University (Taiwan). From Japan, 4 students took part in the program as a teaching assistant, who are studying at the Tokyo National University of Fine Arts and Music, the Keio University SFC, Institute of Advanced Media Arts and Sciences (IAMAS).

Students learn the traditional woodworking technique such as Kumiki and bent wood in Hida and the latest IoT technology in the curriculum for three weeks. The goal for this program is to produce a prototype of a product or service while searching for a possibility of integration between the traditional woodworking technique and the latest IoT technology.

 

image11

ソニー株式会社のスマートDIYキット「MESH」を利用したフィジカルコンピューティングのクラス

A physical computation class in which students used smart DIY kit called “MESH” developed by Sony Corporation.

 

組み木のパズルを制作するクラス

A wood joinery class for making a Kumiki puzzle

 

(Team 4について)

学生は5つのチームに分かれてチームごとに授業を受け、最終週に向けてプロトタイピングのアイデアを練り上げ、試作を繰りかえしていきます。私が所属したTeam 4は私も含めて6名のメンバーがいました。

国立交通大学(台湾・National Chiao Tung University)から建築を専攻しているChi Li ChengとKen Lee、 Parsons School of Design(米国・ニューヨーク)からデザインを専攻しているYiko Li、University of Toronto(カナダ)から建築を専攻しているGenevieve SimmsとMike Meng、そしてティーチング・アシスタントとして私が参加するという構成でした。

全く知らない者同士ですし、個性も得意なスキルも様々なメンバーなので、打ち解けるまでに少し時間がかかりました。しかし、3週間という期間を一緒に過ごし、話し合いを重ねる中で、お互いのことを少しずつ理解できるようになったと思います。

 

(About Team 4)

Students split into 5 teams and take lessons with the team members. Each team works on developing the idea of a prototyping toward the final week and repeating trials and errors. There were 6 members (including me) for Team 4. Chi Li Cheng and Ken Lee from the National Chiao Tung University (Taiwan) specialize in the architecture, Yiko Li from the Parsons School of Design (New York) specializes in the design, Genevieve Simms and Mike Meng from the University of Toronto (Canada) specialize in the architecture, and I participated as a teaching assistant.

We were complete strangers until then and have different personalities and skills so it took a while to get along well. However, spending 3 weeks together and piling up discussions contributed to understanding one another little by little.

image00

打ち合せの様子。右からMike, Yiko, Chi Li。

The meeging for preparing a presentation. From the right, Mike, Yiko, Chi Li.

 

image16

プログラミングに集中するKen

Ken, concentrating on a programming

 

image18

組み木パズルを制作するGenevieve

Genevieve, making a kumiki puzzle

 

(Team 4の最終成果物)

Team 4は2つのプロジェクトに分かれて活動していたため、最終成果物が2つあります。2つのプロジェクトとは、Hozuki ProjectとBears Projectです。Hozuki PJでは、飛騨古川の地元の人々と旅行者との交流の機会を増やすためのデバイスをプロトタイプしました。具体的には、「GPSモジュールを搭載したほおずき型ランタン」と「旅行者がランタンの位置を確認するためのスマートフォンアプリ」を制作しました。地元の人々が旅行者を招きたい時に軒先にランタンをつるすと、旅行者がスマートフォンアプリでランタンの位置を確認し、訪問することができます。

 

(Team 4’s outcome)

Team 4 has 2 outcomes because it was divided into 2 projects, which means the Hozuki Project and the Bears Project. In the Hozuki Project, we prototyped the device to increase opportunities for interactions between local people and tourists in Hida-Furukawa. Specifically, we prototyped a Hozuki lantern with a GPS module and smartphone app which makes it possible for tourists to find the location of the lantern.  If local people want to invite tourists,they just hang the lantern near the entrance. Then, tourists can find the location and visit their houses.

image02

GPSモジュール付のほおずき型ランタン

A Hozuki lantern with a GPS module

 

image06

 

FabCafe Hidaに飾っていた観賞用ほおずきをモチーフにしてランタンを制作

 

ほおずき型ランタンの利用イメージを知ってもらうためにビデオプロトタイプを制作しました。映像は以下のURLから見ることができます。

Ornamental Hozuki (Chinese Lantern Plant) at FabCafe Hida, which gave a hint to make Hozuki shaped lantern. We made a short video to let people know how to use the Hozuki lantern with a GPS module. You can see the video from the following URL.

 

 

Hozuki Project

 

Bears Projectは、テクノロジーを利用して野生動物を身近に感じるための仕組みを提供できないかを考える試みです。具体的には、クマのオブジェにLEDを組み込み、スマートフォンからLEDの色の具合を操作することで、クマに触っている感覚を提供する仕組みをプロトタイプしました。

In the Bears Project, we tried to make a prototype to bring closer feelings about wilde animals to people by using technology. In concrete, we made the prototype to bring the sense like touching the bear by embeding LEDs into the object of the bear and operating the colors of the LEDs from smartphone app.

image03

組み木の仕組みを利用して接着材を使わずにパーツを組み立て、内部に電子部品と外側にLEDテープをつけたクマのオブジェ

The wood craft which were made by Kumiki technique with no glue and includes electronics parts.

 

image09

プロトタイプの過程。様々な表現方法を模索。

The process of prototyping, exploring various methods of expression

 

image15

UVプリンタで材料に飛騨古川の風景をプリント。この材料でクマのオブジェを制作

The landscape of Hida-Furukawa was printed in the material by a UV printer at FabCafe Hida. The above bear was made of this material.

 

それではTeam 4の様子を週ごとに分けて振り返りたいと思います。

Then, I would like to look back the events of Team 4 for the past 3 weeks.

 

(第1週)

5/31(火)の飛騨産業株式会社・玉田先生の講義からチームごとに分かれて講義を受けたので、そこからチームメンバー同士の交流が少しずつ始まりました。木材に関する講義は専門性が高い内容で、家具をデザインする上で木目をどのように扱えばいいか、木材からどのように材料をカットすればいいか、ということを学びました。

6/3(金)にチームメンバーで集まり、チームとして何を作るのか、アイデアを初めて議論しました。まずはチームとしての基本的なコンセプトとしてWood&Techonologyという方向性を決めました。今後のスケジュールとして6/5(月)にチームとして取り組む作品を一つに絞る必要があったため、週末に各自がアイデアを考えてくることにしました。

 

(The first week)

We began to act as a team little by little after taking a Tamada-sensei (Hida Sangyo Co.,Ltd.) wood joinery class on May 31. In the class, we have learned how we deal with the grain in order to design the furniture and how we cut the material from the woods.

On June 3, we gathered and discussed what to make as a team for the first time. Then, we have decided the basic concept of “Wood and Technology”. Because it was necessary to narrow down 1 idea as a team by June 6, we agreed that each member would consider respective idea on weekends.

image01

 

6/3の議論の内容。Navigation等のコンセプトはHozuki PJに影響を与えました。

The contens of the discussion on June 3. The conceptual them like Navigation had an influence on the Hozuki Project later.

 

(第2週)

6/6(月)にチームメンバーが考えてきたアイデアをベースに議論をしました。飛騨古川の観光スポットの混雑状況が分かるナビゲーション・システム、組み木パズルの形をしたディフューザー(香りを拡散するための器具)、水分摂取量を管理できるスマートカップ、組み木を用いて作るスマート鶏小屋等、多様な意見がでました。しかし、どの案も決め手にかける部分があり、アイデアを一つに集約しませんでした。

6/8(水)は、飛騨産業株式会社・玉田先生の講義の後、午後からチームごとに分かれて10分程度議論してから、教授陣、学生達の前でアイデアを発表しました。議論できる時間が少ないこともあり、アイデアを一つに絞り込まず3つのアイデアを発表しました。

最初のアイデアは、Bears Projectという名称です。「組み木で作成したクマのオブジェ」と「センサーを付けた野生動物のクマ」をインターネット経由でリンクさせるアイデアです。野生のクマが死んでしまったら、クマのオブジェのLEDが消える、という仕組みで野生動物への意識を高めていこうという意図があります。

2つ目のアイデアは、スマートフォンアプリと連携して1日の水分摂取量を管理可能にするスマートカップです。FabCafe Hidaでの利用を想定しています。

最後のアイデアが、組み木パズル型のディフューザーです。香りだけでなく、湿度を一定に保つ機能や分解して自分好みの形に組み替えることが可能、という多機能なディフューザーです。

 

(The Second Week)

On June 6, we had discussions based on the ideas that the team members brought. There were various ideas such as a navigation system which can detect the congestion situation of tourist attraction in Hida-Furukawa, a diffuser shaped like Kumiki puzzle, a smart cup which can manage daily water intake, a smart bird house, and so on. Because there were pros and cons about each proposal, it was difficult to narrow down one idea as a team.

On June 8, we made a presentation in front of professors and students after we discussed our ideas for 10 minutes as a team.  We introduced 3 ideas because it was short time to discuss things.

The first one is the Bears Project, which is trying to link “the object of the bear made by Kumiki wood craft” with “wildlife’s bear with a sensor” via the Internet. If a wild bear dies, an LED light of the wood craft will turn off. The purpose of this project is to increase the awareness to the wildlife.

The second one is the smart cup which coordinates with smartphone app and manages daily water intake. We assume the use in FabCafe Hida.

The last one is the diffuser shaped like Kumiki puzzle. The diffuser has the multiple functions such as keeping the humidity and controlling the fragrance, and it is possible to disassemble and reassemble its shape.

image04

各チームの発表の様子@飛騨産業株式会社・会議室

Each team’s presentation at the meeting room of Hida Sangyo Co.,Ltd.

 

6/9(木)は午後からチームで話をしました。YikoがFabCafe Hidaの森口さんから聞いた飛騨古川の課題を整理し、それを解決するためのアイデアを資料にまとめていました。具体的には、高齢の方にも利用できる操作しやすいデバイスを地元の方に配布し、地元の方が外国人旅行者を招待したいと思ったら、そのデバイスのボタンを押すというもので、Google map上にその位置が表示されるサービスです。外国人旅行者と地元の人を結ぶ機会を増やし、飛騨古川を活性化できればいいのでは、という想いから考えたアイデアです。

ただ、GenevieveはBears Projectを個人的に継続したいという希望をもっていたので、Bears Projectに取り組みつつ、Yikoのアイデアにも協力することにしました。プロジェクトを合体させることも考えましたが、中途半端に合体させてもいい結果はでないので、別々に進めるという結論になりました。

 

On June 9, in the afternoon, we talked about what to make as a team again. Yiko already gathered some information and issues in Hida-Furukawa from Moriguchi-san (FabCafe Hida) and organized her thoughts and solutions. Specifically, it’s the easy-to-use device for the elderly people which can offer the location service to connect local people with tourists in Hida-Furukawa. She came up with the idea because she just wanted to revitalize the area of Hida-Furukawa by increasing the opportunities for interactions between local people and tourists.

Genevieve wanted to continue the Bears Project so she decided to work on it while cooperating with the Yiko’s project. We were thinking about making 2 projects united, but we concluded that it might become a half-hearted content and it’s better to proceed separately.

image10

外国人旅行者と飛騨古川の地元の人を結ぶデバイスのアイデア

An idea of the device that can connect local peolpe with foreign tourists in Hida-Furukawa

 

6/11(土)の中間レビューでは、チームとしてアイデアを2つ発表しました。一つ目のアイデアは、外国人旅行者と地元の人を結ぶ機会を増やすデバイスです。地元の人が本当に嬉しいと思うサービスなのか、もう少しシンプルなフレームワークにすべき等、かなり辛辣な批判があったにもかかわらず、直後のチームミーティングではアイデアのコアになる部分は絶対に素晴らしいし、プレゼンの仕方を間違えただけで、教授陣が誤解している部分がある、という議論をしました。ただし、もっとクリアでシンプルなフレームワークにすべき、という助言は受け入れ、アイデアを改善していくことにしました。

二つ目のアイデアは、Bears Projectです。クマのオブジェとテクノロジーをどのように融合していくのかが不明確のため、教授陣に突っ込まれましたが、そこは今後の課題ということで、引き続き考えていくことにしました。

 

On June 11, in the interim review, Team 4 presented 2 projects. One was the device to create an easy way to connect local people with foreign tourists. Despite the harsh criticism from professors such as “Do local people really need this kind of sevice ?” and “A more simpler framework should be required”, we discussed that the core of our idea was remarkable and they just misunderstood the concept of our idea through our misleading presentation. However, we accepted the advice that it should be more clearer and simpler framework and decided to improve it.

The other was the Bears Project. Professors pointed out that it’s unclear about how you associate the object of the bear with the latest IoT technology and we needed to consider such an issue.

 

image05

Team 4のプレゼンテーションの様子

Yiko’s presentation about the idea that connects local peolpe with foreign tourists in Hida-Furukawa

 

(第3週)

最終週は、チームとして2つのプロジェクトを進めることになり、Yikoのプロジェクト(Hozuki Project)をYiko、Mike、Ken、Chi Li、私が担当し、Genevieveのプロジェクト(Bears Project)をGenevieve、Ken、私で担当して進めることにしました。

 

(The third week)

In the final week, because Team 4 needs to proceed 2 projects as a team, Yiko, Mike, Ken Chi Li, and I took charge of Yiko’s project (Hozuki Project), and Genevieve, Ken, and I did Genevieve’s project (Bears Project).

 

Hozuki Projectの進捗

 

地元の高齢者の方でも簡単に扱えるGPSモジュール付のデバイスの形に関して、当初は長方形や球体も候補になっていましたが、Chi Liが試作したほおずき型に決定し、プロジェクトの名称もHozuki Projectにしました。

また、デバイスには複数のボタンや機能を付ける予定でしたが、ほおずき型ランタンの明かりを単純にON/OFFする仕組み(GPSモジュールも明かりに連動してON/OFF)のみを提供することにし、サービスのフレームワークもシンプルなものに変更しました。地元の住民の方が、外国人旅行者を自宅に招きたいと考えた場合、FabCafe Hidaに行き、ほおずき型ランタン(GPSモジュール付き)を手に入れ自宅に持ってくると、旅行者はスマートフォンアプリからその場所を確認できる仕組みです。

 

6/18(土)の最終発表では、上記デバイスのプレゼンに加え、ビデオプロトタイプとして実際の利用シーンを描いた映像を流しました。映像には飛騨古川の素晴らしい景色やそこで出会った人情味溢れる人々のシーンも加えました。会場に足を運んでくださった地元の方(大関屋の上ヶ平さん)から温かいコメントをいただくことができ、チームメンバーにとって一生の思い出になりました。

 

The progress of the Hozuki Project

About the shape fo the device with a GPS module that elderly people can handle easily, the shapes like a rectangle or sphere were our options at first, but Chi Li made the prototype of Hozuki shaped lantern and we decided the name of project to the Hozuki Project.

Then, although we intended to put several buttons and functions on the device, we changed our initial plan and decided to offer the simple mechanism that just turn on/off the light of the Hozuki lantern (the GPS module was also connected with the light on/off), and the framework of the service was also changed into something simple.

If local people want to invite tourists, they will go to FabCafe Hida and bring Hozuki lantern (with GPS module) home. Tourists can detect the location of local people through their smartphone app.

On June 18, in the final presentation, in addition to the presentation material about the above device, we showed the short video depicting the actual use scene. The wonderful scenery of Hida-Furukawa and the people’s scene full of humanity were also added to the video. Because we received warm comments from the local person  (Ozekiya, Kamigahira-san), it became a great memory in life for the team members.

image14

Hozuki Projectの最終発表の様子

The final presentation about the Hozuki Project

 

image07

映像制作に協力して頂いた大関屋・上ヶ平さんも見に来てくださいました。

Kamigahira-san (Ozekiya) came to the venue who cooperated with making the short video of the Hozuki Project.

 

Bears Projectの進捗

 

当初のアイデアは、野生のクマにセンサーをつけて組み木のクマのオブジェと連携させることや岐阜県に住むクマの数をリアルタイムに把握して、クマのオブジェに反映させることを考えていたのですが、期間を考えると現実的に難しい部分があり、テクノロジーの力を借りて、普段触ることができない野生のクマを触る感覚を提供する、というアイデアにたどり着きました。プロトタイプとして、クマのオブジェにLEDを組み込み、スマートフォンからLEDの色を操作することでクマに触る感覚を提供する仕組みを制作することにしました。

 

The progress of the Bears Project

At first, we were thinking about putting some sensors to the wild bears or counting the number of bears in Gifu prefecture by way of some Internet services. However, we did not have enough time to realize the initial ideas. Then, we got into the idea that offers the sense like touching the bear. We decided to make a prototype to provide the sense like touching the bear by operating the colors of the LED lights from smartphone app.

image13

プロトタイプのクマに電子部品を組み込むGenevieve

Genevieve, embedding electronics parts to the bear

 

image17

Bears Projectの最終発表の様子

The final presentation about the Bears Project

 

(おわりに)

この三週間を通して、YikoもGenevieveも芯が強い、自分の考えがぶれない素晴らしいデザイナーだと感じました。チームとしてプロジェクトが2つに分かれてしましったのは残念でしたが、それぞれのプロジェクトでそれぞれの想いを表現できたと思いますし、プロジェクトを無理に合体させて中途半端なものにしなくて正解だったと思います。

 

最後に、プロジェクトのアイデアをブラッシュアップするにあたり、適切な助言を賜り、丁寧に指導して下さった教授陣のみなさま、Kyleさん、Vivianさん、June-haoさんに感謝します。また、飛騨産業株式会社の玉田先生、上條さん、森林文化アカデミーの和田先生、田中建築の田中さんには、飛騨の伝統的な木工技術についてご指導頂きました。IAMASの小林先生には、フィジカルコンピューティングに関して最新の事情も踏まえて詳しくご指導頂きました。ここに感謝いたします。日々の生活のサポート、貴重な講演のアレンジ、地元の情報を提供してくださったスタッフのTimさん、YiPingさん、森口明子さん、岩岡孝太郎さん、藤田敦子さん、浅岡秀亮さん、ありがとうございました。そして、快くインタビューや映像撮影に協力して頂いた飛騨古川の地元の方々にも感謝します。本当にありがとうございました。

 

(Conclusion)

Through this intensive 3 weeks, I felt that Yiko and Genevieve are wonderful designers who have an inner fortitude and a solid determination. It’s a pity that Team 4 was divided into 2 projects, but each project could express each intention and feeling. It could be the right answer that 2 projects proceeded separately and were not made united by force.

 

In the end, we thank professors, Kyle, Vivian, Jun-hao because they gave appropriate advice and guided us politely when refining and sophisticating the ideas of the projects. Tamada-sensei and Kamijo-san (Hida Sangyou Co. Ltd.,), Wada-sensei (Academy of Forest Science and Culture), Tanaka-san (Tanaka Architect) taught us the traditional woodworking technique in Hida. Kobayashi-sensei (IAMAS) guided us about the physical computation based on the latest trends. We would like to express our gratitude to the teachers. We thank Tim, YiPing, Moriguchi-san, Iwaoka-san, Fujita-san, Asaoka-san very much for supporting our daily lives, setting valuable lectures, and providing useful local information. We are also grateful to local people in Hida-Furukawa for cooperating with the interviews and video-making.

 

情報科学芸術大学院大学

修士2年

後藤正保

 

Masayasu Goto

Second year graduate student

Institute of Advanced Media Arts and Sciences