NEWS / BLOG

  • レポート
「”人工的な音”と”自然の力”をテーマにした次世代のししおどしを作りたい」- Smart Craft Studio Hida 2016 チーム2 レポート

※English follows Japanese.

Smart Craft Studio Hida 2016に参加したチーム2のプロトタイピングをつくるまでのプロセス、葛藤、成果について、ティーチングアシスタントをしていたアサオカヒデアキからのレポートです。

This is a report by Hideaki Asaoka, a teaching assistant for Team 2 for the Smart Craft Studio Hida 2016. Here, He talks about the process, issues and outcome during the camp.

 

WOODPECKER


こんにちは。SMART CRAFT STUDIO 2016、チーム2のTA、ヒデです。

まずはチーム2の素敵な仲間たちををご紹介します!

Hello, This is Hide, the teaching assistant of TEAM 2
My English is not perfect but I try to explain our project in English !

At first, I’d like to introduce our great team members.

 

●チャック
パーソンズ(アメリカ・ニューヨーク)から来ました。人懐っこい性格で皆の愛されキャラ(ときにイジられ)。

●Chuck
He is from PARSONS (New york), really friendly for everybody. He likes singing.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

●リチャード
トロント大学(カナダ・トロント)。身長190センチ。木工が得意で、今回の制作の木部は彼が担当しました。

●Richard
From University of Toronto. He is very good at woodworking, and he made almost everything of wooden part of this project.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

●イーミン
トロント大学からきた女の子。北京出身。建築を勉強しています。

●Yiming
Only one girl, from University of Toronto. She studies Architecture.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

●チュンチャン
交通大学(台湾)から来ました。モヒカン+メガネがトレードマーク。プログラミング担当です。

●Chun-Chan
From NCTU (Taiwan). He is good at physical computing.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

●ヒデアキ
FabCafe Hidaスタッフ。チーム2に所属しつつも、Fab管理者として全てのチームの制作のアシスタントもしていたので、肝心の自分のチームの制作にあんまり関与できずチームメイトからヒンシュクを買う。

●Hide
A clew of FabCafe Hida. I assisted every team’s projects as a workshop master, but especially member of TEMA2.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


【自然の力が奏でる人工的な音】

飛騨での滞在中、もっともインスピレーションを受けたもの。それは「ししおどし」です。
水がたまるとカコン!という気持ちいい音がなる、日本独自の仕掛けです。
ししおどしの奏でる音は、水、風、草木、動物…あらゆる自然を同時に感じることができます。
しかし考えてみて下さい。ししおどしそのものは、人間が作ったもの、いわゆる人工物。ししおどしが奏でる音は「人工的な音」です。その「人工的な音」を鳴らしているのは、自然物である水。
つまり、「自然の力」が作用して鳴る「人工的な音」なのです。
私たちはそんな「人工的な音」と「自然の力」をテーマにした、次世代のししおどしを作ろうと考えました。

【Nature plays the artificial sound】

The most biggest things what they inspired in Hida was Shishi-Odoshi.
This is Japanese traditional water trap, that makes very good sound when the water build up full.
We can feel every nature like water, wind, plants and animals..by this.

However, Shishi-odoshi is made by human, so-called artifact, and the sound that play is ‘artificial sound’. And, What make this sound is just water.
That means ‘Power of nature’ makes the ‘artificial sound’
So we tried to create new kind of ‘Shishi-odoshi’ with ‘Power of nature’ and ‘Artificial sound’ as a sound installation.

画像:Wikipediaより引用

 


 

【人間と自然の関係と、その移り変わり】

18世紀以前の人間と自然の関わり方。まず「神」という絶対的な存在がいて、その中に「自然(これも絶対的な存在)」、さらにその中に「人間」がいる、というような関係で生活してきました。

産業革命以降、その関わり方や考え方が変わり始めます。技術が発展してゆき、「人間」という枠の中に「自然」がある、という感じでしょうか。山へトレッキングに行って自然を感じる。でもその山は人間が整備した登山道。あらゆる「自然」が「人工的」になりました。

【The relation between nature and human】

Before 18 century, Human used to managed their lifestyle in nature, and Nature is in ‘god’ as absolute existence. (Nature is also absolute existence),

After the Industrial revolution, The way to live with them have began to change. Like, Nature is in human. We feel natural things when go to forest, but the mountain is just a climb that made by human.
Almost ‘natural’ went to ‘Artifactual’.

スクリーンショット 2016-06-24 18.22.28 スクリーンショット 2016-06-24 18.22.59 1

ただ、私たちは「人工的な自然」を否定するつもりはありません。大切なことはむしろ自然と人間がどう共存・調和していくかです。現代においてその関係性を築いていくには、テクノロジーが不可欠だと考えています。

But It doesn’t mean that we say no to ‘artificial nature’. The most important thing is how do we live with nature and technology.

 


 

【森の中に人工的な音を持ち込むインスタレーション】

【Sound installation of artificial sound in the forest】

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ウッドペッカー」は、「自然と力」が奏でる「人工的な音」を体験できるサウンド・インスタレーション。森の中の各木に据え付けられており、キツツキのようにコツコツと音を鳴らしています。
湿度や気温の変化をセンサーで感知して信号に変換。その信号によってランダムに音の間隔が変わります。
さらに、人間が近づくと人感センサーが反応。まるで警戒するかのようにコチコチコチコチと連打します。いろいろな木に取り付けらているウッドピッカーたちは、wi-fiで繋がっており、人間が近づくと全てのウッドペッカーが連打しまくる…そんな感じです。

‘WOODPECKER’ is a sound installation that makes experience of Making ‘artificial sound’ by the ‘power of nature’.It is mounted on the woods around forest, and make mechanical percussive sound.

A sensor catches humidity and temperature and convert frequency, and then a motor is moved by it.

Besides, a motion sensor operate when human approach, It barrage like it is wary for human.

All of them that  on the woods are connected by Internet, So every woodpecker barrage when someone approach it.

 

スクリーンショット 2016-06-24 18.23.18

スクリーンショット 2016-06-24 18.23.26

スクリーンショット 2016-06-24 18.23.36


【湿度によって形状がかわる】

【The shape is changed by humidity】

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私たちがもう一つ興味をもったこと。それは「木は水分が変わると反る」ということです。
木を製品にしようと思うと立ちはだかるこの問題。私たちはこのデメリットを逆手にとり、むしろ木の特製として利用しました。
本体の側板は、少しの湿度の変化で反ってしまうくらい薄く削りだしてあります。
それにより、湿度の高い日は反り上がり、晴れのカラっとした日は元にもどる。木の特製を活かしたアイデアです。

Another what we are interested with is ‘Wood get curve by humidity’.

This is one of the biggest problem when we make wooden product, But we tried to make it interesting factor of this project.

The side boards of Woodpecker is shaved off so thin, and curve easily by little changing of humidity.

It curves up when rainy and humid days, and it be straight when sunny days. This is an idea of speciality of wood.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


【高山の家具メーカー、オークビレッジで木の音を探しに】

どんな音が、聴いていて心地が良いのだろう。色んな材料を色んな方法で叩いて鳴らしてみたのだけど…う〜んどれもイマイチ。そういえば、木琴ってどうしてあんなに綺麗な音が響くのだろう。
そこでふと思い浮かんだのが、高山の家具メーカー、オークビレッジでした。
オークビレッジは、木製のスピーカーや木琴など、「木が奏でる音」をテーマにした製品をたくさん作っています。どの木が一番いい音が鳴るのか、どんな形状にしたら音が響きやすいのか、そこに行けばヒントが得られるに違いない。というわけでさっそくみんなでオークビレッジに行きました。

 

【Search for sound of wood at Oak Village, furniture manufacture in Takayama】

What kind of sound do we feel better ? We tried to make so many sounds with so many materials,, but we didn’t like it. By the way, Why xylophone makes such a fine sounds?

So we decided to visit a furniture company called Oak Village in Takayama.

They product a lot of things that focused ‘wooden sound’ like wooden speaker, xylophone and so.

We are sure to get answer what is the best wood and best shape for sounds if we visit there.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・硬い木の方が高い音が出る
・内部は曲面になっている方が音が外に響きやすい

視察に行ってお話を伺ったところ、このような答えを見つけました(なんとなく想像できる気がするが)

 

・Harder wood can make high key sound.
・Rounded shape (inside) can surround.

Finally we found these answer thanks to Oak Village people. (But we could guess it ?)

 

以上を踏まえて、ウッドペッカーの使用を以下の通りに決定。

So we decided the specification like that.

●本体…ケヤキ材を使う(日本の木で最も硬くて重い木。)

●Body : Using Japanese Zelkova  (The most hardest and heaviest wood in japan)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●内部…丸く削りだす。

●Inside: shaving off rounded shape.

 


数々の実験やプロトタイピングを経てついに完成!

Finally we could finish to make it through so many experiments and prototyping !

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

加湿による反りを生み出すため、自家製スチーマーを使用。

We used a homemade steamer to make curving by humidity.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すごく自然に曲がりました!

It was very natural curve !

 


プレゼンテーションの様子。

And presentation.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


●デザインキャンプを経て

学生達が興味を持ってくれた日本のこと。それは、自然に対する人間の関わり方です。
7割が山林を日本は、古来より自然と調和した生活を営んできました。自然の中に神がいると考え、自然を恐れ敬い、そしてまた享受する。日本の建築も、熱さや寒さを完全に遮断するような西洋的なものではなくて、風や太陽をうまく利用することで四季の美しさを感じながら快適に住むことができるようになっています。
自然に対する美意識が研ぎ澄まされていたからこそ、ししおどしのようなモノが生まれたのでしょうね。
彼らと共に過ごしたことで、自分も考えたことがなかったような「日本のこと」を学ぶことができました。
同じように、カナダにはカナダの、台湾には台湾の優れた「感覚」や「見方」があります。色々な見方や考え方が融合することで、自分だけでは思いつかないようなアイデアが生まれてゆく。そういったプロセスこそが、最もクリエイティブなことなのではないでしょうか。そんなことを実感しました。

 

After this experience,

The students are interested with the way to have relationship with nature in Japan. Japan has forest 70 % of ground, so people have decided to live with nature since ancient times. People have thought that got is in the nature, so be afraid of it,  respect it and relish it.

Even japanese architecture is possible to live comfortable with feeling seasons by window and sun, not like European style – guard from everything like cold and hot-.

That’s way japanese old people could designed something artificial and natural things like Shishi-odoshi.

I could leaned so many japanese speciality that I have never thought thanks to the working with them.
And I realized that there is special feeling and thinking  in Canada or Taiwan or America that I don’t have as well.

The idea that can’t be imaged by alone is possible to be great idea by so many difference of ‘feeling ‘ or ‘thinking’ of the other people. So I think its proses comes to be the most creative thing of all.

I felt something like that.

 


最後に集合写真。また会えるといいね。Hope to see you guys !

OLYMPUS DIGITAL CAMERA