NEWS / BLOG

  • インタビュー
「日本の侘び寂びとは?」- Smart Craft Studio Hida 2016 参加チーム インタビュー編

"Wabi Sabi" seen in Japanese garden!?

Smart Craft Studio Hida 2016では合計5チームに分かれてプロトタイピングを行いました。そのうちのチーム3のプロトタイプ 「生花シャンデリア」について、メンバーのビリーとブランドン(University of Toronto出身)に、アイデアの源泉、コンセプトビルディングから作品制作までのプロセス、課題、発見や学びについて話を聞いてみました。

チーム3のメンバーは、トロント大学からブランドンとビリー、パーソンズからキンキン、台湾国立交通大学からチェン・ウェイ、そして慶応SFCから大庭さんがティーチングアシスタントとしてメンバーのみんなをサポートする形で参加しています。

At theSmart Craft Studio Hida 2016, the 5 teams made different prototypes. We had an opportunity to interview with Brandon and Billy from University of Toronto in the team 3 who made a  prototype titled as “Ikebana chandelier” and asked what is the initial idea, a process to the final output starting from the concept building, issues, discovery and learning during and after the process.

Team 3 is consisted of Brandon Bergem and Billy Lee from University of Toronto. Qinqin Yang from Parsons, Cheng Wei Hung from NCTU, and Hiroaki Ohba from Keio SFC joining as a teaching assistant to support the team.

27149989033_e8b80d8c19_k

P2460137

Idea, Concept, Function

Q. Team3のプロトタイピングについて説明してください

A. 僕たちのプロトタイピングのコンセプトは日本の伝統的な庭で、インスタレーションをベースにしたプロジェクトです。僕たちはアンビエントで平和な静寂さを持つ日本の庭に感化されました。日本の庭園の独特のシンプルでミニマルなそぎ落とした感じを美しいと思いましたね。一体そこにはどういう観念があるのかを探っている時に、「侘び寂び」という言葉に行き着いたのですが、日本人に聞いてもきちんと説明できる人もいないし、オンラインでも探せなかったんです。だから日本人にとってこの侘び寂びとは一体なんなんだ?と模索しているところだったわけですが、そんな中、日本の華道、生花を体験する機会をもらって、日本の庭の雰囲気を出すために生花をプロジェクトに取り入れることにしました。

ちなみに、このプロジェクトのゴールは、飛騨の木を使って組み木技術を取り入れ、センサーで人や物に反応して機能を発するものをつくることなので、木を使い、組み木の構造を見せる形で、日本の美観を表現するインスタレーションをすることに決めました。

Q: Please explain about your prototype.

A: Our prototyping concept is based on a traditional Japanese garden and is an installation based project. We were inspired by the effect of the Japanese garden which is ambient, piece and calm. We thought the Japanese garden is very beautiful with its own simplicity and minimalism. When we were searching for what underlies in its beauty, we came to know the word of “Wabi-Sabi”.  However, no Japanese people we met so far could  well explain what this word means. We could not find any good explanation online either, so we were wondering what “Wabi-Sabi” for Japanese people.

Luckily, we had an opportunity to experience “Ikebana” which is a Japanese flower arrangement and “Sado”, a Japanese tea ceremony. After its experience, we decided to install this Ikebana into our project.

Since the aim of this project is to use wood, joinery, sensor by reacting to human or objects, we decided to use wood and show the structure of the joinery and create an atmosphere of the Japanese esthetic.

27194274604_e10057ab79_k

27195061073_9d8aaea894_k

27195022473_60fca0d88f_k

Material, Function, Focus

Q. インスタレーションはどこに行う予定ですか?素材や機能、その他特徴的な点はありますか?

A. インスタレーションはFabCafe Hida店内の入り口に行う予定です。上から釣り下がっている木片の合間を人が歩くとそれらのオブジェクトが人の気配に反応する仕組み。素材には使われてない乾燥した木を使い、大工や職人の技術や知恵を讃称して組み木の技術を取り入れて日本の庭が持つ平成と静寂さを表現するつもりです。その表現に大きな役割を果たすのがライトで、各木片に伝導していく仕組みです。

インスタレーションのスケールは大きめで、繊細で上品さを表現します。ひとが近づいた時、生花や木の素材感など違ったコンセプトを感じられるようにします。

プロジェクト名は生花シャンデリアにしました。日本庭園の美しさを生花を通じて表現し、機能的には天井から下がりセンサーで反応して明かりが灯る”シャンデリア”だからです。

Q. Where are you installing the installation? Is there anything you focused on, like materials, function and presentation?

A. We will bring the installation inside of the FabCafe Hida. When you walk through, the objects response to your presence. We will use recycled and drying wood and the joint to celebrate wood carpenter and master joinery and create the similar atmosphere of a Japanese garden which has piece and calmness. The whole atmosphere is created by lighting which interact with each piece of wood and spread out. We wanted to express the delicateness in a larger scale of installation. When you get closer, you can see the different concept of Ikebana and texture of the wood.

The project name has been decided as “Ikebana chandelier” to express the beauty of Japanese garden through Ikebana and function like a chandelier in its form hanging from the ceiling and with sensor lights.

もう一つ表現したかったのは組木です。日本の組木は見せる、見れるものではないため、その技術を賞賛する機会もありません。そこで僕たちは、FABを使い、3Dプリントの素材を使い、その構造や要素を見せるようにしました。それぞれの木片も使われていない古材を使うことで再利用し木の不完全さを表現し、違う特徴や色を見せています。火で焦がして質感を変えたりもしています。3Dプリントのパーツの作りも組木の組み方の違いにあわせてカスタマイズしています。

What we also wanted to express is the Japanese joinery. The nature of the Japanese joinery is not always apparent how it works so people don’t appreciate how it is made, therefore we used FAB (3D printer and laser cutter) to express the wire frame, and made it open so that you can actually see the structure and the element. Each piece of wood has a different character and different color. We customized 3D printed materials into different joinery types. We wanted to use recycle wood to make it useful and show the imperfection of the wood.

MAH06030

MAH06027

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

27607112792_344f396dae_k

27771818836_e2b6fe7307_k

Issues

Q. 何か難しかったことはありますか?

A. 組み木の相手側を作るのに3Dプリンターを使ったのだけど、途中でマシンがうまく作動しなくなったので方向転換し、レーザーカッターでアクリル素材をパーツに切り、接着剤で一つ一つをくっつけたのですが、その作業に果てしない時間がかかりました。もう一つ難しかったのはそれぞれの木片をどのように並べてインスタレーションとして完成させるかでした。

Q. Were there any issue during the process?

A. We used 3D printer to create the opponents to the joinery part but the machine did not work well, so we changed the direction and used the raser cutter instead, cut acrylic materials into each part and glew together and made the object which took many hours to complete. Another difficulty was how to organize each piece of wood and how to pose to the installation.

thumb_P2450077_1024

P2450617

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IoT

Q. IoTはどのように機能するのですか?

A. いくつものLEDを使ってます。ひとが木片を触ると他の木片につけてあるコイルを伝導してライトが段階的についていきます。いくつかの木片を同時に掴むとそれぞれが反応し合って全体的に雰囲気をつくり出します。

Q. What is the function of IoT?

A: We are using a series of LED component. When you touch the wood, it echoes to other wood. By grabbing different sticks you can make a certain atmosphere by each wood interacting.

13442549_650008311828263_3092397083077382458_o27093059114_b4bc7139ac_k

13467895_10157003146990453_238786306_o

27151726743_64ff6b8792_k

Discovery

Q. このキャンプで発見したことはなんですか?

A. 侘び寂びに代表される日本の美観を発見できたことは良かった。日本の庭からスタートし、侘び寂びとは何かを問い続けてきて日本人でも答えるのが難しい観念的なものだけど、今回のキャンプ中に華道と茶道を体験することができてその意味するところを少しわかった木がします。

Q: What did you discover in this camp?

A. We have discovered Japanese esthetic where you can find in Japanese “Wabi-Sabi”. It is conceptual and it is hard for even Japanese people to answer what it is easily, however, we had a chance to experience the Japanese flower arrangement and tea ceremony as one of the programs in this camp and got a bit of understanding of the Japanese esthetic.

For your future

Q. 今回のキャンプの経験を通じてなにか将来に生かせそうなことは得られましたか?

A. 普段は建築が専門なので、今回コーディングやプロトタイピングを学べたことは良かったです。チームのメンバーとも将来コラボする可能性もあると思うし。そして日本人のデザインや美観、繊細さ、そして木を大切にする心意気を学びました。アメリカでは主にマシンを使うけど、日本では手道具を使うし、建築に釘を一切使わないことは大きな刺激となりましたね。

Q. Is there anything you can adapt to your future work?

A. We learned about coding and prototyping which was new to us since we are mostly specialized in architecture in school.

We may collaborate with some members of the group in the future. We also learned the sensibility toward design and esthetics, the appreciation for wood. In US, we use machines, but here in Japan, most carpenters use hand tools and do not use nails to architecture which is a great inspiration.

thumb_P2450013_1024

27765321975_b656a264d3_k 27148800954_2919bc6d21_k

それでは最後に彼らの作成したビデオをご覧いただきましょう。

Lastly, let’s have a look at their video.  

Installation