NEWS / BLOG

  • レポート
木材はプログラミングが可能なのか?- Smart Craft Studio Hida 2016 第2週目のレポート

ヒダクマとロフトワークでは、5/28から6/20の23日間にわたり、「Smart Craft Studio Hida 2016」と題して、「伝統技術×最先端のIoT」で社会にインパクトをもたらすことをテーマに、ニューヨーク、トロント、台湾、そして日本の大学、大学院の学生と教授を招待し、滞在型の合宿を行いました。飛騨の豊富な広葉樹を材料に、伝統の組木技術とIoTやFABなどの最先端のテクノロジーを学び、デザイン思考で社会に何をもたらすのか、そんなことを考えながら毎日インプットとアウトプットの繰り返しの日々を送りました。そんな日々の様子を1週間毎に振り返っていきます。1週目のレポートに続き、こちらでは第2週目をお伝えします。(日本語、英語、中国語でお届けします)

Hidakuma inc. and Loftwork inc. organized a design camp titled as “Smart Craft Studio Hida 2016” from May 28 to June 20 in a theme of “Craftmanship x IoT” in order to think about how the design thinking can bring an impact to the society by inviting students and professors from universities in NY, Toronto, Taiwan and Japan. Students learned about the feature of wood, joinery technique, IoT and FAB. We will look back those 23 days of input and output in a weekly report. This is for the 2nd week. (English and Chinese follows Japanese)

木材はプログラミングが可能なのか?

木材はプログラミングが可能なのでしょうか?Smart Craft Studioの学習項目には、フィジカルコンピューティング(Physical computing)も入っています。このフィジカルコンピューティング授業を担当するのは、プロトタイピングのベテラン、小林茂(Shigeru Kobayashi)先生です。基礎的なMESH と IFTTT で頭を慣らし、Raspberry Pi と EPSネットモデルの結合を習い、最後に Amazon Echoに接続するまで、一つ一つの項目の難易度は高くないものの、全てをまとめるには至難の業です。各項目の技術を熟知した小林茂先生がリードしてくれなかったら、生徒たちはどれだけの時間をかけたか計り知れません。

Can wood become programmable?

One of the courses in the Smart Craft Studio is Physical Computing. It was taught by Shigeru Kobayashi, who has many years of experience building prototypes. Skills taught include MESH and IFTTT to start out, integrating Raspberry Pi and EPS connectivity module, and finally connecting with Amazon Echo. While each learning and each skill is easy, stitching all the pieces together is extremely challenging. Without the guidance of Mr. Kobayashi, students would have to spend a lot of time experimenting on their own.

木材嵌入運算的可能

木材是否有嵌入運算的可能?在 Smart Craft Studio 其中一個學習項目是實體運算(Physical computing)。擔任實體運算課的主講是擁有多年原型製作經驗的小林茂(Shigeru Kobayashi)老師。從最入門的 MESH 和 IFTTT 開始暖身,到 Raspberry Pi 結合 EPS 連網模組,最後連上 Amazon Echo,分項學習還算簡單,但將各項串接起來其實難度破錶。如果不是由對各項技術都熟悉的小林茂老師來帶領的話,自己摸索的時間不知道要花多少。

14フィジカルコンピューティング授業の様子
Physical Computing class
實體運算課


体と一体化する手道具

木工手道具を巧みに扱えるようになるには、小型の組木製作から始めるのが一つの手。和田賢治(Kenji Wada)先生の組木入門講義は、みなさんに鋸、ノミ、槌、定規を体験してもらうところから始まりました。家具設計師の和田賢治先生は自分の工房とブランドを持ち、カスタマイズして家具を作っています。私たちは組木授業の一日目に二本作って組み立て、二日目には六本作りました。ノミは刃がとても鋭く、和田先生はノミの刃を人に向けてはいけない、指をノミの前に立ててはいけないと、再三にわたり注意してくれました。小物を作る時には力を込めて槌を振るう必要がなく、手首の力を上手くコントロールすれば安全に作業できます。切削する部位にマークをつけて注意すれば、次の手順をより精密に行えます。六本の木を組み立てる時、それぞれが少しだけズレても、組み立てた後に大きなズレとなります。なので、継ぎ合わせの修正を繰り返し、最後の一本を上手くはめ込めるまで調整します。この過程を影響する一つの要素は道具を扱う熟練度ですが、最大の秘訣は根気にあると思います。

Carpentry tools are extension of your body

To develop the manual skills to use tools for woodworking, student can start by building small wood block puzzles. In Mr. Kenji Wada’s beginner carpentry course, students learn to use saws, chisels, hammers and rulers. Mr. Wada is a furniture designer. He has his own design studio and brand, creating customized furnitures for clients. In the first class, each student creates two wood blocks and assembles them. In the second day, students need to build six blocks. Chisels have sharp blades. Mr. Wada repeatedly reminds the students not to point the chisel at anyone else, and to make sure that all fingers are behind the blade at all time. In order to build small wood blocks, students only need to tap with the hammer gently using the wrist. There is no need for hard swings. Safety is the first priority. Carefully marking the cut lines would improve the precision of the products. When six blocks are assembled, minute errors in each block compound into big problems. Each error needs to be corrected gradually until all pieces fit together. Dexterity with the tools is a factor in the outcome. However, patience is paramount.

與身體合而為一的手工具

若要能夠靈巧的應用木工手工具,可以從製作小型組木開始。和田賢治(Kenji Wada)老師的組木入門教學,是先讓大家體驗鋸子、鑿刀、槌、尺規。和田賢治是家具設計師,擁有自己的工作室和品牌,為人們製作適合他們的家具。組木課的第一天,我們先做兩支組起來、第二天做六支。鑿刀是非常鋒利刀子,和田老師再三提醒千萬不要把鑿刀對著別人,也必須小心手指不能放在鑿刀前面。製作小型物件時無需大力揮動槌子,只要細心地使用手腕的力量就好,一切以安全為上。如果細心標記必須切削的位置,在接下來的製作中便可以更精準。六支木頭組起來時,每支產生些微誤差,組合後便會放大誤差,所以必須反覆接榫反覆修正,直到最後一支可以卡進去。這當中,工具的熟練度會是其中一項變因,但最大的秘訣還是在於耐心吧。

15
和田賢治先生による木工道具の使い方説明
Mr. Kenji Wada demonstrates carpentry tools
和田賢治先生示範木工具用法

27530893610_da08b91b08_k学生のメモ
Sketch by one of the students

FabCafe Hidaでは、手道具以外にデジタル機器も揃っています。レーザー加工機、3Dプリンター、UVプリンター、CNCフライス盤など、全てが今回の合宿の実作をサポートしてくれます。その中で一番興味をそそったのがUVプリンターで、これがあれば簡単に平面材料に色をプリントできます。さらに3Dプリンターは、学生のクリエイティブな発想を引き起し、使われていない建築古材を再生させるなんてこともできてしまいます。

Other than hand tools, FabCafe Hida is fully equipped with digital technologies. There is a laser cutter, a 3D printer, an UV ink jet printer, and a CNC mill. The most intriguing machine is the UV ink jet printer, which paints color on any flat surface. The 3D printer not only empower the students to become more creative, it also allows the building blocks to be recycled.

除了手工具外, FabCafe Hida 的數位機具也一應俱全。雷切機、3D列印機、UV 噴印機、CNC 銑床,都是營隊中的實作幫手。其中最令人好奇的就是 UV 噴印機,有了它後,便可以輕易地在平面的材料上印下顏色;3D 列印技術加上設計巧思,也讓舊組木不再是無法使用的建築廢棄物。

163Dプリント技術の古い組み木への巧みな応用
Clever Designs of Traditional Wood Blocks with 3D Printing
3D 列印技術於舊組木上的設計巧思

梁と柱の建造

田中建築に再び訪れた時、田中一也( Kazuya Tanaka)さんと彼のチームは現場で梁と柱の建造を実演してくれました。梁となる二本の大きな丸太には、まず互いを継ぎ合わせるための仕口を作る必要があります。丸太の形は一本一本が違うため、パソコンによるシミュレートが難しく、業者さんたちはまず定規や他の治具でゆっくり測り、仕口を作る場所を探し出します。また、二本の梁と二本の柱は別々のメンバーにより処理されるため、頭の中で共同の設計図がないといけません。チームワークが試される一環です。実際に建造する時、失敗は許されないので、業者さんたちには極めて高い集中力が必要です。

Building Beam and Column

Mr. Kazuya Tanaka and his team explains how beams and columns are put together, during the second visit to Tanaka Construction. Holes have to be notched out of the timbers that are used for the beams. Because each tree is unique, the process cannot be precisely planned on computer. Carpenters use rulers and traditional tools to carefully locate the cut. The process demands team synergy. Since the two pairs of columns and beams are carved by different carpenters, everyone on the team must share a common mental blue print. There must be no margin of error. High level of focus is required.

樑與柱的建造 

二度拜訪田中建業時,田中一也( Kazuya Tanaka)先生與他的團隊現場示範樑柱的搭造過程。要成為樑的兩支大樹幹必須先被削出兩個可以互相卡住的槽臼,因為每支樹幹的形狀是獨特的,難以在電腦裡模擬,因此師傅們會用尺和其它工作治具慢慢丈量,找出要切削掉的部份。另一個考驗是團隊默契:兩支樑和兩支柱是由不同人完成的,他們必須在腦中有共同的工作藍圖。實際上在搭建時是不容許失敗的,師傅們需要超高度專注力。

17田中一也さんとそのチームが現場で梁と柱の建造を実演
Mr. Kazuya Tanaka and his team explains how beams and columns are put together
田中一也先生與其團隊現場示範樑柱的搭造

設計

第二週目に入ると、チーム設計の時間が多くなり、チームワークのハイライトとなりました。飛騨市に来て以来、デザイナーたちの頭には多くの情報が注がれました。木の知識やコンピューティングの知識から、現地での生活、近くの村での現地の住民との交流、森での散歩や、自由に散策する時に得た個人的な見識、外国人だからこそ感じたカルチャーショックなど、全てはデザインへの動力と疑問へと変換され、蓄積されるものです。より多くの考えを生み出すため、飛騨産業の社員の皆さんの前でアイデアの共有を行ったり、教授と真剣に議論をしたり、FabCafe Hida で専門家へのインタビューを行ったり、様々なプログラムが行われました。田中建築の田中一也さんや他の木工職人も時々FabCafe Hida に来て、木工の継ぎ合わせ設計や木材の特徴などについてアドバイスしてくれました。

Design Studio Time

Starting week two, there is more studio time for the design team. This is the height of team work activities. Designers are bombarded with information and sensory inputs after arriving in Hida. They learn about wood, computation, local culture, interact with local residents, walk in the forest, and use their own free time to formulate observations that can only be understood by foreigners in culture shock. This phase of germination creates the energy and sets up the framework of inquiry for the next phases. In order to refine their thoughts and ideas, they presented their ideas at Hida sangyo and had intense discussions with professors, and also consulted with resident experts gathered at FabCafe Hida. Mr Kazuya Tanaka and other craftmen would intermittently stopped by the cafe  to provide advices on the design and feature of wood.

設計 

從第二週開始有大量的團隊設計時間,這是團隊合作的精華時段。到達飛驒市後,設計師們被澆灌了大量的資訊。從木頭的知識、運算的知識,到在地生活、拜訪鄰近的村子和當地居民互動、森林漫步以及一些其他自由行程所收穫的個人觀察,與身為外國人才能特別感受到的文化衝擊,必定累積相當的設計能量與疑問。為了幫助大家碰撞出更多想法,有時候會在飛驒產業和業界的師傅們發起討論、有時候會由隨行的教授們提問、有時候會在 FabCafe Hida 進行專家訪談、田中一也( Kazuya Tanaka)先生也會不定期來 FabCafe Hida 木工榫接的設計建議。

18チームディスカッションの時間
Group Discussion Time
團體討論時間 27524504046_74f8253263_k

27524446356_8aea89a7fe_k飛騨産業にてチームディスカッションとプレゼンをする様子
Team discussion and idea presentation at Hida sangyo

19林業ベンチャーの会社の経営者インタビュー
An interview with a president of the forestry venture company
林業專家訪談

ファンな体験

今回のキャンプの中では2名の特別ゲストを招きました。2回目の開催でお越し下さったベンチャーのGOCCOは、面白いものを持って来てくれました。彼らは仮想の電子マネーシステムを開発し、製品を市場に出す可能性をシミュレートするワークショップを開催しました。この売買ゲームのプレイヤーはいくつかのチームに分かれ、それぞれのメイン製品をプッシュすると同時に、ある特定の身分(老人や行政担当や若い女の子など)として仮想マネーで他の人の製品を購入する必要があります。プレイヤーはあらゆる手を尽くして自分の製品を売り出す必要があり、最後に集まったマネーを数えて各製品の市場においての可能性を評価します。これは、デザイナーたちが自分が設計したものをどう製品にすればいいのかを考えるチャレンジでした。仮想と言えど、現実社会からの刺激を感じるいい機会となりました。

こうしてたまには授業と関係ない活動やレクリエーションがあると突如インスピレーションがひらめくなんてこともあるかもしれないですね!

Fun Activities

One of the most entertaining guest of the camp was GOCCO. The company brought a virtual currency system to test the market viabilities of new products. In the game setting, players are divided into different teams. Each team needs to sell a product, and uses virtual currency to buy other products while assuming the identity of a special virtual character (i.e. an old man, administrational officer, 24 years old woman). The goal is to sell as many products as possible. The products’ viabilities are determined by the final tally. This was the only occasion during the camp in which designers are challenged to convert their ideas into real products. Although the context is virtual, the designers nevertheless experience the grind of the real world.
In addition to this activity, the Kamioka High School Robotic Club staged a bot fight with a pair of powerful bots in FabCafe Hida during the weekend.

一些好玩的東西

新創公司 GOCCO 是這次營隊中有趣的特別來賓之一。他們開發了一套虛擬電子貨幣系統,用來模擬產品在市面上的可行性。在這項買賣遊戲中,玩家可以分成好幾隊,分別叫賣自己主打的產品,同時每個人必須扮演特殊身份(例如:老人)並且用虛擬貨幣去購買別人的產品。在遊戲進行中,玩家必須想盡辦法將自己的產品賣出去,最後統計各項產品在市場上的可行性。這是設計師們唯一一次在營隊中思考如何將設計轉換成產品的挑戰。儘管是虛擬,但也趁機接受一下現實社會的刺激。

偶爾放下功課的壓力放鬆心情玩一下,也許苦思的靈感就這麼出現了!

27543303606_fae269cff9_k 26968683433_4caca9ca87_k 27478606832_6f0fb26c5f_k 27543275166_272052b245_kGOCCOの仮想マネー工房
GOCCO Virtual Currency Workshop
GOCCO 的虛擬貨幣工作坊

 

日本の美観を学ぶ

そして土曜日は午後から茶道と華道のワークショップを行いました。このワークショップは、「生花シャンデリア」を製作したチーム3のブランドンからのリクエスト。彼は日本の庭園にインスパイアされ、それを製作物で表現したいと考えている中、日本の「侘び寂び」の観念に行き着いたのですが、その「侘び寂び」を理解するのがなんとも難しい。そんな中、一輪挿しの美しさに目を奪われ、生花や華道でインスタレーションを表現できないか、と考えるようになり、このワークショップの実施に至りました。

Learning Japanese esthetic

On Saturday, we had Sado, Japanese traditional tea ceremony and Kado, Japanese traditional flower arrangement per a request of Brandon who has prototyped the “Ikebana Chandelier” at the end. The team originally got inspired by the Japanese garden and reached to the “Wabi-Sabi” concept from where the Japanese esthetic and culture deeply rooted, but struggled to fully understand the idea. Through the life in Hida, Ichirin-zashi which is a single-flower vase took their eyes and they thought of presenting the Ikebana in their installation. Then, here comes the Ikebana workshop.

そこで、三嶋先生に急遽お願いし、茶道や華道という言葉さえも初めて聞く海外の学生さん15人ほどに講義をいただきました。千利休の紹介にスタートし、歴史の話を聞きながらお弟子さんのデモンストレーションを拝見。その後、実際にお茶を立ててお菓子と一緒にいただく一連のお作法を体験。正座の姿勢が苦痛な様子で、中には半分立った状態でお茶をたてるなんて様子も見受けられました。

We requested Ms. Mishima to give lecture about Sado and Kado to about 15 students who never heard those words. Starting from the introduction of Sen no Rikyu, they watched the demonstration by her apprentice. Then they actually experienced making a cup of tea and learned how to behave to drink it and eat sweets. Some students looked in agony in getting down on their knees and they had tea in a posture of half-standing position.

27528011790_bda875355e_k

続いて、華道のワークショップ。剣山と花瓶の2パターンがあり、それぞれ体験したい方を選びます。まずは三嶋先生の鮮やかな生花に皆、息を潜めて見入っていました。その後、それぞれに分かれて実践します。

We had Kado workshop right after Sado experience. There are two different course prepared, one is Kenzan which is a pin-holder in a flat vase and another is a vase. Students could choose whichever they wanted to try. When they saw the demonstration by Ms. Mishima, they gazed intently.

27730999031_54b8726d17_k生花体験をリクエストしたブランドン(右)花瓶の生花を体験。
Brandon who has requested the Ikebana experience (right side) is trying the vase version.

27195061073_9d8aaea894_k同じチームのビリー。こちらは剣山を体験。
Billy from the same team. He tried the pin-holder version.

27195022473_60fca0d88f_k

剣山の生花が完成
Ikebana in pin-holder

 

中間発表

午後からは中間レビュー。各チームが現状のプロトタイピングの状況を発表するというもの。各チームは以下の質問に答える形でプレゼンを行いました。

  1. 領域/分野:そのデザインはどの領域やどんな媒体なのか
  2. プログラム:そのプロジェクトはどのよう利用されるのか
  3. オーディエンス/文脈:そのプロジェクトは誰に向けたものなのか?どこで体験されるのか?そのプロジェクトは現代社会のなかで文化的、政治的、美的にどんな役割を果たすのか
  4. 前例:関連する分野で良い前例を2−3個挙げよ
  5. テクニック:どのような素材を使い、どんな形で表現するのか
  6. リサーチ/疑問:行ったリサーチの結果、そのプロジェクトを通じてどんなコンセプトを追求したいのか

Interim Review

In the afternoon, each team has conducted the interim presentation based on the below questions.

  1. Discipline: What disciplines/ mediums is engaged by your design
  2. Program/Occupation: How will your project be used or occupied
  3. Audience/Context: For whom is this kind of work created? Where is it experienced? What are the cultural, political, aesthetic, social circumstance critical to your work.
  4. Precedents: Name 3-5 works that define the area of design your project aligns with.
  5. Technique: How will your manipulate form and material effect
  6. Research/Question: Given the research you have conducted, what is the concept question you hope to investigate through your project?

27662245582_0c00d68fb9_k 27662246382_1f7e7a67f9_k 27763037135_6afa78035b_k 27763037935_e00781b008_k27705835012_23fa5bf84b_k 27688519051_307c6c6d96_k

古民家で組み木カレーパーティー

その夜は、高山の国府にある150年以上の歴史がある古民家で日本全国の民芸の陶器や古道具を収集して販売する「やわい屋」で「組木カレー」を堪能しに行きました。オーナーで若夫婦の朝倉さんは、この古民家を自分の気に入った国府の山奥の土地へ移築したというほど古民家や民芸好きです。カレーにはなんと今回のテーマのひとつである「組木」が! 3Dプリンターでつくった組木の型にご飯を入れてカレーをかければ「組木カレーの完成!」

Kumiki curry party at a Japanese traditional house

On this night, we visited an old house with an over 150 year’s history owned by a young couple, Mr. and Mrs. Asakura who runs a shop where you can find different folk handicraft potteries and tools collected around the nation. They moved this house to their favorite land in the mountain area of Kokufu. There, we had “Kumiki” (joinery) curry party. You can make Kumiki rice with a 3D printed mould and put curry on it. 

P2450325

P2450319組木カレー
Kumiki curry

こうして日本の伝統の暮らしぶり〜大自然に囲まれた日本の古民家にて、美しい星の下、心地よい風に吹かれ、田園から聞こえる蛙の合唱を楽しみつつ、”伝統の組木カレー”を味わうという特別な体験〜を味わって、濃い2週目が終わりました。
続いて第3週目のレポートをご期待ください。

The intense 2nd week ended with this special Japanese traditional experience; having the “traditional Kumiki curry” in the old Japanese house surrounded by nature, under beautiful stars, listening to the sound of frogs, having good breeze…

Continue to the 3rd week report.