NEWS / BLOG

お寺で木を眺めて見えた、多様な人々をつなぐ木への愛着

木と関係する仕事をしていると、“これは!”と目を奪われる瞬間があります。そんな木を、“眺木(ちょうぼく)”と名付けてみました。読んで字の如く、眺めていたくなる、見どころのある木です。眺木のいいところは、木に詳しい人もそうでない人も楽しめて、ものづくりに使われないような木にも一見の価値が見出せる点です。眺木の魅力を地域内外の方に発信すべく、ヒダクマは飛騨市広葉樹活用コンシェルジュの及川幹さんとの協働で展示を企画しました。

11月6日(土)から飛騨古川の円光寺で開催している「眺木展」では、木への愛着を持った方々が選んだ眺木を展示しています。7日(日)には、木に対して十人十色のまなざし向ける出展者の方々が集い「眺木展解説ツアー」を開催。個性豊かな木をみんなで囲みながら出展者の解説に耳を傾けました。

「面白いね」

そんな言葉がたくさん聞こえました。また、眺木展を通じて見えたのは、木との関わりの多様さ、つまり異なることである一方で、職業や立場が異なる出展者や参加者の方々が、木への親しみや興味といった共通項でつながっているということでした。この記事では、眺木並みにユニークな出展者の方々の生の声とともに、眺木展のポイントと解説ツアーの様子を紹介します。

 

イベントを一緒に盛り上げる眺木君達も写り込んでいます。
眺木くん「ぼくたちも混ぜてほしいっちょ」

「眺木展」概要

■開催期間:
11月6日(土)〜14日(日)/10:00~16:00
■会場:
円光寺の本堂縁側(飛騨市古川町殿町11−11)
■企画・運営:
広葉樹活用コンシェルジュ 及川幹(https://hidatsumu.com/desk/
飛騨の森でクマは踊る 志田岳弥(本記事執筆者)、黒田晃佑(図録・ポスター・什器デザイン担当)
■協力(展示物提供・順不同):
円光寺、柳木材、西野製材所、飛騨職人生活/calm’s cafe、奥井木工舎、武田製材、横沢広朗氏、安江悠真氏、山口穂高氏(岐阜県生活技術研究所)、金田幸夫氏(金木戸屋)、田中一也氏(田中建築)、白石達史氏(M&Company)、松原千明氏(木と暮らしの制作所)

地域で親しまれるお寺で、眺木展が開幕

眺木展の会場は、飛騨古川のお寺「円光寺」の本堂縁側。今では縁結びの風習として認知されるようになった「三寺参り」で詣でる3つのお寺のひとつです。お寺の脇を流れる瀬戸川からの風が通り、一日を通じて変わる光の入り方が木の表情も変化させます。

「木ってこういう面白さがあったよね、というのを『眺める』という行為を通して、色んな人に感じて欲しいという想いで眺木展を企画しました。色んな方の協力があって実現した企画展です」

と解説ツアー冒頭に及川さん。

眺木展の会場はA~Cまでのエリアに分かれています。エリアAは企画サイドで選んだ、森の生態に迫る眺木を展示。エリアB~Cには、16人の方からお借りした眺木を展示しています。このレイアウトやポスターデザインなど、製作物のディレクションを担当したのは、ヒダクマの木のクリエイティブディレクター 黒田晃佑。

「木を眺めることが面白いと聞いて、そうでもないやろと疑いながらも、何とか色んな人が気軽に見れる形にしようとデザインを考えました。普段から木を使う人だけじゃなく、広く伝わるものにしたいとのことでしたが、企画自体はマニアックに感じたので公共性の高い円光寺さんを使わせてもらったり、幅広い方に出展依頼をしたりしました。木も一個一個ただ並べるだけじゃなく、出展者の方々の言葉や属性を図録としてまとめれば、木の眺め方や人の気持ちが伝わるんじゃないかと思いました」

ヒダクマ黒田がデザインした図録では、眺木を線画で収録

眺木展のポイントは、ユニークな木が集まっているというだけではなく、木と人の関係が垣間見えるところ。木工職人が知っている木の魅力、和菓子屋さんの目線、木で染め物をする人が出会った眺木など、木との関わりは千差万別です。

エリアA:眺木って、何をどう眺めたらいいの?

木は色や木目、節などさまざまな見た目の特徴を持っています。それを木の表情と情緒的に呼んだりするのは、人が木に対して抱く親近感の現れでしょうか。そんなことを考えながら、森で木が生きた証としての個性を及川さんがそれぞれ解説。これから目にする強烈な個性を持った眺木も、エリアAで培った目と知識でより一層味わい深くなるはずです。

飛騨は雪が降るので、応力がかかって木が根元から曲がる。強く繊維が発達した曲がり材はギラギラと光沢を放つのが特徴的

エリアB:眺木愛好家が優しくレクチャー

お寺の正面に当たるエリアBには、円光寺の和尚さんの眺木や、この企画の発端にもなった眺木愛好家 横沢広朗さんの眺木などが並びます。横沢さんは平易な言葉で眺木を紹介し、最後に「これが(眺木の)正解ではないので」とひと言。たくさんの参加者が「眺木いいかも」と思った瞬間でした(たぶん)。

「この木には不思議な紋様が現れています。最初はマンボウの原種がいるといわれて、一目惚れしました。きっとここには、枝があったんでしょうね。何かの拍子で折れたか切られたか。木もかさぶたみたいに修復しますから、変な力がかかって模様ができた。そんな風に木が森で生きた歴史を想像していると、あっという間に時間が経ちます」

横沢さんの眺木。これまで何度も「マンボウだ」という声を会場で聞きました

武田製材、通称「ビーバーハウス」の武田さん

「運命の赤いライン」と名付けられた眺木を提供してくれたのは、三重県で最もユニークな製材所「武田製材」の武田誠さん。奥さんの監督・撮影によるビデオメッセージで解説ツアーに参加してくださいました。製材をする人しか目にできないシーンが、この眺木以外にもたくさんあることを想像させます。

この企画展で唯一、動く眺木を出展したのは岐阜県生活技術研究所の山口穂高 主任研究員。虎斑(とらふ)と呼ばれる、光の当たり方でキラリと光る模様の仕組みを解説してくれました。

「虎斑(とらふ)っていう模様は見方によって色が変わる性質があります。分かりやすくするために、ナラとブナを回して見せる展示にしました。虎斑部分と木目では、細胞の並んでいる向きが異なるので、光が入ったときに反転する。理屈はシンプルですが、木目調のプリントにはない無垢の木ならではの反射です」

エリアB:長い時間、木が経験した出来事を眺める

縁側の角を曲がって、解説ツアーもいよいよ終盤に。山椒魚にも小さな洞窟にも見えるコブを選んだヒダクマ代表の松本は、井伏鱒二の短編小説になぞらえた眺木エピソードを披露。文字数の制限上、図録に盛り込めなかった話が、観覧者の笑いを誘いました。

「小学生の息子がいまして、飼っているクワガタが喜ぶと思ってこのコブを置いてあげました。ある日、潜っていなくなったと思ったら、奥にあごが挟まって動けなくなっていました。ここに、クワガタを傷つけないようにドライバーで掘り出した跡があります。そういう、何かを閉じ込めてしまう木なんです」

開催初日、山椒魚は子どもに大人気でした

型にはまらないものづくりを実践する飛騨職人生活の堅田恒季さんの眺木。タイトルは「葉巻型UFO」です。確かに、スタートレックに出てきそうなそのフォルム。しかしこの眺木はビジュアルとは裏腹に、企画の核心を突いてくるメッセージが込められています。

「木工職人は、依頼されたものを製作して、完成した物を納めます。なので、皆さんに完成形を見てもらえるのですが、途中の姿も愛おしく美しいなと思う時があります。今回はその姿を皆さんに見てもいたくて、ノリノリで、苔で飾って・・・力を入れすぎました(笑)」

堅田さんの眺木の全容は、ぜひ会場でご覧ください

もともと農学部で大型野生動物を研究していた安江さん(写真右)

実は自分の眺木が展示に値するかどうか不安だったという、木こり見習いの安江悠真さん。控えめながらも、木との出会いも偶然の産物であることを教えてくれました。

「今年の4月から林業の会社に入って、現場でチェーンソーを使ったりもします。この眺木は『蔵出し広葉樹』でスポルテッド(腐りやカビが木に模様を付けた状態)を知って、その2週間後くらいにたまたまチェーンソーで除伐してたときにポロっとでてきたものです。この仕事でなければ出会ってなかったし、知らなければ捨ててたと思うんですけど、偶然すぎて捨てるに捨てれず、ひとりソワソワしながらこっそり持ち帰って、デスクに置いていました」

会場を提供してくださった円光寺に立っていた杉の板を出展してくださった西野さん

解説ツアーの最後、会場の最奥部に堂々と鎮座する杉の板を目の前に参加者は何を思ったでしょうか。非常に目が詰まった年輪。いくつかの節が目を惹き、板の両端には虫食いが見られます。長い年月の間、この杉にいろんな出来事が起こった、その歴史が刻まれた板です。単なるいい材ではないこの杉の板を、飛騨で広葉樹を専門に製材する西野製材所の西野真徳さんが解説してくれました。

「これは、円光寺の裏に昨年まで立っていた木を森林組合の特殊伐採班の方々に、昨年5月に伐っていただいたものです。その5本くらい切ったものの一部を製材させてもらって、天然乾燥が終わって乾燥材として仕上がってきたところ。樹齢200年以上の木で、年輪が細かく密度もしっかりしています。そして香りがすごいんですね。200年の時が詰まった香りをぜひ香っていただきたい」

ありがたいことに、本当にさまざまな人に眺木展をご観覧いただきました。展示を見に来た人だけでなく、円光寺さんをお参りついでに立ち寄って下さった方からも感想をいただきました。

「お寺の雰囲気と良く合っていた。木の個性が面白かった」(地元・主婦の方)
「思いのほか、楽しかった」
(岐阜県・会社員の方)
「普段何気なく眺めていた木目にも色々な理由や楽しみ方があることを知れました」
(岐阜県・会社員の方)
「木をじっくり眺めるという機会があまりなかったので、じっくり眺めることで見えてくる面白さを感じることができた」
(岐阜県・デザイナーの方)
「自分も仕事をしていて気に入った木を取っておいているので、他の人のコレクションも見れて楽しかったです」
(愛知県・会社員の方)

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。「眺木展」は11月14日(日)までの開催です。みなさま、ぜひお気軽に足をお運びください。

「眺木展(ちょうぼくてん)」

日時:11月6日(土)〜14日(日)10:00~16:00
場所:円光寺本堂縁側(飛騨市古川町殿町11−11)
観覧無料

【特別企画】ナイト眺木展
日時:11月13日(日)17:00~20:00
場所:円光寺本堂縁側(飛騨市古川町殿町11−11)
観覧無料

【関連企画】
ユニークな木を1g1円で販売するWOOD MARKET「蔵出し広葉樹」
日時:11月13日(土)10:00~17:00
場所:FabCafe Hida(飛騨市古川町弐之町6−17)