NEWS / BLOG

【期間限定】森の循環と建築家をつなぐツアー企画「未来の建築プロジェクト向け特注広葉樹2021」を開催

Outline

飛騨の森は今、”伐り旬”を迎えています。根が水の吸い上げを和らげ、伐り出された後の原木にカビや腐りが発生しにくいため良質な木材が生産できる、秋から春までの期間をそう呼びます。

しかし、何十年もかけて育ったユニークな広葉樹も、現在の流通ではほとんどがそのままだとチップに加工され、キノコの菌床や紙の原料として流通します。流通の源流である森林や丸太が集積する土場(どば)を訪れて、未来の建築やものづくりに向けて広葉樹を調達し、森の資源の価値を高める循環に参加しませんか?

森の循環と建築家をはじめとしたクリエイターをつなぐシーズン限定ツアー企画「未来の建築プロジェクト向け特注広葉樹2021」、はじめます。

このツアーでは、11月中旬に伐採をひかえる飛騨の森へ建築家の方々をお連れし、森の立木を見ながらその使い方を検討。木のプロフェッショナル達に加工の相談をし、その場で立木の購入が予約できます。また、伐採された丸太が11月下旬から集まり始める木の集積場「土場」で丸太を選んでいただくコースもご用意しています。

本来、伐採する立木を選ぶのは杣人(そまびと、木を伐り運び出す人)であり、丸太を選ぶのはほとんどの場合、製材所や木材問屋に限られています。この企画で、木材流通の中で最も上流域にある立木・丸太選びから始まるものづくり、森の循環に関わる様々な人物が一体となったものづくりをお手伝いします。

Program

■事前相談会(オンライン/所要時間:30〜45分):

本プログラムに参加したい方、活用の具体的なイメージを既にお持ちの場合、ヒダクマの専門スタッフに事前に相談を行うことで、森での広葉樹選びから加工・納品までプロジェクトの確度を高めることができます。本記事の専用フォームにある事前相談会にご希望の日程を記載し、お申し込みできます。ぜひお気軽にご相談くださいませ。

■ツアー参加方法:

こちらの専用フォームから事前相談会・ツアー参加の希望日程を第三希望までご記載してお申し込みください。

■期間:
・森で立木を選びたい方は11月15日まで
・土場で丸太を選びたい方は11月20日〜12月22日まで

※申し込み後、ヒダクマより日程の連絡をメールで差し上げます。
※天候に左右される伐採のスケジュールによって、立木あるいは丸太をお選びいただける期間が前後する可能性があります。予めご了承ください。
※土場(どば、丸太が集積する場所)で丸太を選びたいが森の状態も見てみたい、といったご相談も大歓迎です。
※土場の丸太は順次流通するため、早めのご来訪をおすすめいたします。

■行程例(森で立木を選ぶ場合):

11:30    FabCafe Hida集合(飛騨市古川町弐之町6-17)
11:30-12:00 飛騨の森・広葉樹についてレクチャー
12:00-13:00 移動(飛騨市古川町→飛騨市宮川町)
13:00-16:00 広葉樹活用モデル林での見学・調達
16:00-17:00 移動(飛騨市宮川町→飛騨市古川町)
17:00-17:30 相談会
17:30    FabCafe Hida解散

ポイント:

  • 森で製作を検討し、立木の状態で木を選べる
  • 枝分かれ部分など、通常は出回らない木の採り方もできる
  • その場でのスキャニングで3Dデータが取得できる
  • トレーサビリティが確かな木が調達できる
  • 伐り出された原木をオーダーメイドで製材できる
  • 森や立木からデザインやコミュニケーションのインスピレーションを得られる

※終了後、希望者と懇親会も可能です。(実費負担)
※訪問前のオンラインでの相談が可能です。
※行程の時間の調整・変更は可能です。ご相談ください。

森で立木を選ぶ

ヒダクマ同行者が、森の特徴や広葉樹を対象として林業を解説

立木を見ながら用途を検討する工務店さま。持参したアイデアを森が更新していく

その場で立木を3Dスキャン。データを持ち帰ればまちでも製作を検討できる

枝の別れ具合で立木を選んだ不動産会社さま

土場で丸太を選ぶ

11月下旬以降(予定)は、土場で木を調達していただくことができます。その場合、造材(木の切り方)を自由に指示いただくことも可能です。

木のプロフェッショナルが丸太について解説

チェーンソーで原木を切る様子

オーダーメイドの造材も可能

さまざまな樹種、径からご自身の製作に合った丸太を選べます

Outputs

飛騨市応接室

突板製作のためにブナ原木を調達

片桐銘木工業にて、突板に加工

強化和紙とブナ突板を張り合わせたシェードが映える飛騨市応接室

Torinosu

大きく曲がった丸太は、チップとして流通する

曲がり木を3Dスキャンし、AR技術と手仕事を掛け合わせ加工

曲がり木を生かしたTorinosu

宿泊のご案内

FabCafe Hidaでもツアー参加者の方のご宿泊の予約を承ります。詳しくはこちら。https://hidakuma.com/services/camp/experienceandstay/
※FabCafe Hidaへのご宿泊のご予約希望は、ツアーの申し込みフォームから承っております。

飛騨市古川町の宿泊は飛騨市公式観光サイトをご覧くださいませ。https://www.hida-kankou.jp/reserve/scid_38/type_side/d.html

注意事項

  • モデル林現地では携帯電話が通じません。
  • リュックサック、トレッキンシューズ・タオル・飲み物等をお持ちください。体温調整しやすく脱ぎ着できる服装でお越しください。ヘルメットをお貸しします。天候によって長靴もお貸しします。
  • 11月の森は寒いですので、防寒対策をお願いします。
  • 雨天時は中止し、里山林や製材所等のご案内をし、材料調達・設計のご相談を承ります。小雨は相談の上決定します。
  • 新型コロナウイルス感染症の予防のため、参加者のみなさまにはあらかじめ飛騨市及びヒダクマの規定による各種対応にご協力をお願いします。https://hidakuma.com/blog/20200703_info/
  • また今後の状況によっては受付後であっても、ツアーの中止・内容変更等を行う場合があります。予めご了承ください。