NEWS / BLOG

  • ニュース
Restaurant THE MOONが 月の森をコンセプトにリニューアルオープン。ヒダクマは「広葉樹の森とつながるプレート」を製作

2021年4月27日に、六本木ヒルズ森タワー52階「Restaurant THE MOON」が “MOON FOREST .(月の森)” をコンセプトにリニューアルオープンします。空間にはクリプトセレウス、カランコエなどの植物がまるで浮かんでいるようにディスプレイされ、海抜250mの東京の素晴らしい絶景と相まって、天空の森の中にいるような、こころ安らぐひとときを堪能できます。

環境に配慮したデザインのTHE MOONのティースタンド

「驚き、楽しみ、四季、環境」を体感できる料理やドリンクに主に使用されるのは、SDGsの取り組みの一環として有機農法で栽培された東京産の野菜や、フェアトレード製品。環境に配慮しているのは食材だけではありません。メニューを引き立てるテーブルウェアにもサスティナブルな素材が活かされています。
今回新たにデザインされたプロダクトは、人気メニューのAfterMOON Teaやディナーコースの要素を取り入れたTHE MOONLight High Tea のスタンド。六本木ヒルズ森タワーのシルエットと店名である「月」(THE MOON)をイメージしたティースタンドの全体デザインを建築家の黒川彰さん(Sho Kurokawa architects)と内田奈緒さん(nao architects office)が手掛け、ヒダクマはティースタンドのプレート製作を、落合製作所がフレーム製作を担当しました。
食器(皿)には飛騨の森で伐り出された「広葉樹の森とつながるプレート」を使用。円形の小さなプレートが、舞い降りる木の葉のように立体的に配置され、見え隠れするプレートは月が満ち欠ける様子も想起させます。

広葉樹の森とつながるプレート

プレートに使用されている広葉樹は、森や木に負担をかけないように木が眠りにつく冬季の新月の前に伐採されたものです。毎日少しずつ変わる月のように、おだやかで多様な木の表情を活かしてプレートを製作しました。ヒダクマは、飛騨市や地域の事業者と共に、森林資源の持続可能な管理と効率的な利用に取り組んでおり、その森から伐り出された広葉樹で、プレートを「つくり、つかう」ことは、SDGsにつながる活動になります。

SHOP DATA

店名:Restaurant THE MOON
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F
電話:03-3470-0052
営業時間:11:00‐22:00( L.O. Drink/21:30)
        AfterMOON Tea/11:00 ‐18:00 L.O. 17:00
     MOONLight High Tea/18:00 ‐22:00 L.O. /20:00
     ※状況により変更する可能性あり
Web: http://thesun-themoon.com/moon/