NEWS / BLOG

  • ニュース
「第71回日本木材学会大会」に、飛騨広葉樹活用研究ワーキンググループとしてヒダクマが参加

飛騨広葉樹活用研究ワーキンググループ定例会の様子。写真:飛騨市

木材に関する基礎および応用研究の推進と研究成果の社会への普及を行う日本木材学会が年に一度行う「日本木材学会大会」。第71回を迎える今年の大会は3月19-21日に東京農工大学府中キャンパスにてオンライン形式で行われます。
この研究発表会の「Y 国産材流通・普及 / 口頭」のセッションで、ヒダクマは「飛騨広葉樹活用研究ワーキンググループ」として「飛騨地域産小径広葉樹の高付加価値化・活用推進のための商品開発・試験研究」の発表に参加します。
詳細は下記公式Webサイトをご覧くださいませ。

第71回日本木材学会大会(東京大会)

(本大会は日本森林学会との合同大会となります)

日時:2021年3月19日(金)~21日(日)
場所:東京農工大学府中キャンパス(オンライン形式)
公式Web:https://www.jwrs.org/wood2021/


・講演情報:
  Y 国産材流通・普及 / 口頭
  3/20 11:30〜11:45
 「飛騨地域産小径広葉樹の高付加価値化・活用推進のための商品開発・試験研究」