NEWS / BLOG

  • インタビュー
飛騨の山と木とともにある「柳木材」のこと

飛騨古川で材木業を営む「株式会社柳木材」。ヒダクマは、柳木材の場所や機械を貸してもらったり、木を仕入れさせていただくなど、いつも大変お世話になっています。
2020年6月、飛騨市は地域資源である広葉樹の活用に向け「飛騨市広葉樹活用推進コンソーシアム」を設立。柳木材の敷地の一角がその拠点となっています。
この記事では、そんな多種多様な飛騨の木々が集まる柳木材のことを紹介します。前半は柳木材の歴史と代表取締役の柳作男(やなぎ・さくお)さんへのインタビューの一部要約を、後半はそのインタビュー全文を掲載しています。
「昔は今より立派な木がたくさん採れた。」「あの木はあの時あそこの山で伐採した木の二番玉。」「この木は毎年クマが冬眠の寝床に使う洞が根元にあって、伐採する前は待ち伏せしてクマを獲っていた。」など、様々なエピソードを話してくれた柳さん。飛騨弁(方言)で難解かもしれないのと、長文の記事ではありますが、もしよろしければ最後までお付き合いいただけますと幸いです。

コラム 「柳さんと柳木材の歴史」

柳作男さんは昭和13年生まれ(現在82歳)。16歳の時から林業会社で働き、22歳の時に柳木材をご自身で創立されました。

沿革
1960年(昭和35年)「柳木材」創業
1987年(昭和62年)「株式会社柳木材」「有限会社柳不動産」「有限会社飛栄産商」も同グループで設立。林業・木材業に限らず、木造建築から建材販売まで手掛ける
2020年6月 敷地内の一角が「飛騨市広葉樹活用推進コンソーシアム」の拠点となる

柳作男さん。道の駅 飛騨古川いぶしを案内してくれた。

飛騨は周りをぐるっと山に囲まれた地形のため、山に関わる職が多く、長く林業や木工産業が盛んで、この地域の山で育った木を使って多くの製品や建造物が作られてきました。一昔前は古川町内だけで11箇所も製材所があり、木材の取り合いになるほど賑わっていたそう。現在も飛騨地方には老舗の家具メーカーがあり、多くの作家さんが暮らす木工でも有名な地域です。
平成に入る頃までは、町内で原木丸太の競りが行われる木材市場が開かれていました。市場は現在市営駐車場になっている飛騨古川駅の裏で行われ、その運営にも柳さんは携わっていました。

柳木材の看板。今も変わらず使われている

高度経済成長期の頃には多くの住宅が建設され、木材業は、全国的に一大産業として盛り上がりを見せます。飛騨や東海地域でも多くの建築物が建設され、その頃の柳木材・柳不動産・飛栄産商では40人以上の従業員が働いていました。事務所に5人、木を伐るために山に入る人が30人、工房には大工さんが6〜8人。途中、柳さんのご兄弟も運営に加わり、ほとんど年中無休で働いていたそうです。

当時の飛栄産商と柳木材、工場の様子の写真

柳不動産の工場には常に3組は大工さんがいて家の部材を作っていました。木組みをつくることを「きざむ」とい言います。ノミやノコギリを使って木をきざむ音が毎日響く場所だったとのこと。
現在、柳木材では柳不動産や飛栄産商の運営、木を伐る仕事は行っていませんが、今も木材の購入や相談など、様々な業者の方々や地域の人たちが柳木材を訪れます。

グラップルで飛騨の木をトラックに積み込む様子

柳木材の工房。ヒダクマもよく使わせてもらっている

柳木材の倉庫

今も残る巨大なトチの木の胴部分。この洞の中でクマが冬眠していたそう。

柳木材の倉庫には、山で伐採してきた木の製材品が大切に保管されています。一つひとつに当時の山林に関わるエピソードがあるそうで、山の情景が目に浮かびます。住宅用建材は一般的に針葉樹がメインですが、多種多様な樹種が育つ飛騨の山の木材を伐採してきた柳木材の倉庫では、クリ・ナラ・ケヤキ・セン・ホオノキなど様々な広葉樹や変わった形の木も多く見ることができます。

柳木材(手前)と西野製材所(奥)

柳さん(右)と西野さん(左)

柳木材に隣接する西野製材所は、今から約40年前に現社長である西野真徳さんの先代が、町中から場所を移し工房を構えました。材木屋と製材所が同じ敷地にあり、互いに行き来できる環境は全国的にも稀有な光景です。

林野庁長官からの感謝状

柳さんの事務所には何十枚もの感謝状がぐるりと囲むようにして飾られています。国有林を伐る際には、入札で落札した事業者が木を伐ることができました。広大な山林の立木を搬出した業者にこの感謝状は贈られます。柳木材の皆さんが今までに沢山の経験を積んできたことが分かります。

そのほか柳さんから地域の方々と一緒に、道路の建設や巨大な木造彫刻の建造に関わったエピソードなどを教えてもらいました。

高山の大七福神

七福神のうち三体が柳木材が伐った飛騨の木から作られている

樹齢1000年近い巨木。樹種はナラとトチ

今から35年前、柳木材で伐採した巨木を使った七福神の彫刻が奉納されました。今も高山の飛騨の里近くで見ることができます。一本彫りで、七福神を収める社も柳不動産が建てたもの。

木を手ゾリで山から下ろす様子を形にした銅像(道の駅飛騨古川いぶし)

まだ林業機械のない頃は、伐った原木は写真にあるような手ゾリに載せて山から下ろすのが当たり前でした。木を伐るのはほとんど冬で、林業は雪の積もった山道を重たい木材と一緒に滑り降りる、危険と隣合わせの仕事でした。この銅像は柳木材から車で10分ほどの場所にある「道の駅飛騨古川いぶし」で見ることができます。この道の駅では、立派な一枚板から小さな端材まで、様々な木材の購入もできます。
この銅像の設置や道の駅いぶしの運営、街道とトンネルの建設にも柳さんたち地元の方々が関わってきたそうです。

道の駅 飛騨古川いぶし

奥には柳木材が販売する一枚板が並ぶ

小さな端材も無駄にしない。素敵なカッティングボードの数々

続いていく木と人との営み

昭和57,8年頃の柳木材の工場周辺。現在住宅や店が立ち並ぶが当時は田んぼばかり。この頃すでに隣には西野製材所の工場と初期の材木置場がある

インタビューでは、林業についても少し話をしてもらえました。
日本の林業は木材生産量と需要も落ち、日本の立木価格は30年間下がり続けているのが現状で、業界では「山までお金が返ってこない」とも表現されます。
その現状も踏まえつつ、柳さんは「山を好きになってしまったんや」と話します。その後、「何の木(樹種)が好きですか?」という質問に対して「全部好きや」と答える姿からは、純粋に山や木に対する愛情が感じられました。
戦時中からの木材需要により、飛騨の山の大径木など、用材になる木材は少なくなりました。柳さんたちが見てきたよりも、もっと昔の山の風景に戻すのであれば、何世代後までの時間が必要です。または昔の姿には戻らず違う形の山になっていくのかもしれません。
今の山も昔の山も、柳さんにとってはずっと関わり続けてきた山の姿の一部であり、簡単に「良い・悪い」で割り切れないものなのだろうと思います。
今の時代に合わせた林業の形のひとつとして設立された「飛騨市広葉樹活用推進コンソーシアム」をはじめ、林業を振興する事業が進み、これから先も、柳さんたちが続けてきた木と人との営みが長く続いていくことを願います。

株式会社柳木材 岐阜県飛騨市古川町高野290-1

(記事の中で紹介した場所)
道の駅飛騨古川いぶし  岐阜県飛騨市古川町畦畑2173-1
七福神  岐阜県高山市西之一色町3丁目2021番地

インタビュー 「山を見続けて60年。柳作男さんの山との絆」

柳木材の柳作男さんと次の代を担う柳和憲さんに、材木業というお仕事についてざっくばらんにお話をうかがいました。作男さんの話は、過去と今という“生きている”話で、当然ながらそのことは林業(特に川上)の現状や課題などにつながっていて、これからの林業を考える上で大切なことだと思っています。
地元の方でさえわからない時があると言われる作男さんの飛騨弁と独特な言い回し。はじめに断っておきますとこのインタビューは読みづらいかと思います。でもこのまま残したいと思ったのは、そのありのままの言葉に何度か強く胸を打たれる瞬間があったからです。
何度も山へ通っている経験の蓄積からか、家族・職場・地域などの共同体と向き合っているからか、言葉の全部から(幻想ではなく)現実を感じました。柳さんが持つ、時の変化とともに生まれた様々な違和感(世代間/木の価値/(テクノロジーの発達による)手法/都市と地域などに対する)。そこに計り知れない距離を感じておられるとも思いました。違いを持つ人々がこれからどのように自然や歴史と向き合い、共存していくのか。作男さんの話を抽出した時、大げさかもしれませんが人の営みの原点に立ち返るような本質的な問いに近づけそうな、そんな気がしています。
林業の仕事に携わる方だけでなく、私のように林業に関して初心者という方にも読んでいただき、山の仕事をより身近に感じたり、興味を持っていただけたらうれしいです。
(柳木材事務所にて、2020124日実施。聞き手:ヒダクマ 飯山・井上)

貴重な木

飯山:柳さんたちお世話になっている方の話を聞きたいなと、ずっと思っていました。

作男:変わったもん(飯山と井上のこと)やな。

井上:彼女(飯山)がもうずっと柳さんの話をちゃんと残したいって。

作男:(笑)。笑われるわ。

井上:
柳さんは何年生まれですか?

作男:
おりぁ(昭和)13年やで、戦争に負けた時、六つか七つでなかったかと思うんや。そやもんで、うちも食いもんがなかった。今でこそ木がいくらでもあるけど、この(事務所内にある薪ストーブを指して)薪がなかった。そういうなことを話したってあんたたちはピンとこんわ。

井上:
山に木がない状態だったんですね。

作男:
そうや。そして、そこは難しい。山には持ち主がある。

井上:
勝手に入ってはいけない。

作男:
そうそう。どえらいとこまで行って、焚き物を伐って、そして、ここんとこから下は富山へ売ったのよ、木を川に流して。そういう話をしたって知っとる者おらんわ。ばかなこと言っとんでないかと思うでな。木が高うて高うて、こんなもん焚けなんだ。そして、そういう話をおまえたちにいくらしたってなかなかわからんわ、そら。

飯山:
でも聞きたいです。

作男:
実際になってみんと。

飯山:
木がすごく貴重だったんですね。

作男:
貴重やさ。そら、寒うてどうにもならんにか、薪がなかったら。

井上:
お風呂もそう。

作男:
風呂なんてものは1週間に一回入れりゃ上等やった。

飯山:
こんな寒いのに暖をどうやって?

作男:
それが、人間ってものは不思議なもんで、慣れるとだんだんその寒さにこらえてまって、まあおりぁみたいに寒がり屋はほとんどおらんけど。

一同:
(笑)

市場

井上:
これ何ですか?

和憲:
これ(木材市売明細書)、古川駅の裏でうちの社長が市場をやっとった。今、市営若宮駐車場なっとるでしょ。あそこが市場。僕の時で、はや(すでに)、あんまり記憶にない。木が並んどったなぐらい。

木材市売明細書(通称「手板」)を見る作男さん

和憲:
これは一応読み上げして、誰々と、誰が買ったまでは言うもんで。

飯山:
この数字の意味って何ですか。

和憲:
これ1,000円単位、2万3,200円、立米。

飯山:
小売りなんですね。

和憲:
これは結局4メーターの34が1本で、1本で材積がこんだけですっていう。

飯山:
じゃあ、この金額に、この。

和憲:
そうそう、2万3,200円をかけたものが、これの代金。

飯山:
もう競りみたいな。

和憲:
札、本当に。何番入札お願いしますって、みんなで札をばーって出して、一番高い札のやつを読み上げ。でも、これが例えば3万円欲しい木やったら、出品者が3万円出さんと売らんって言うと、元落ちですって。

訪問時、柳さんの田んぼで採れたお米のお餅をご馳走してくれました。ナラの薪もすべて柳さんたちが自分たちで割り、蓄えたもの。「冬の朝ごはんはほとんどこれ(お餅)。薪ストーブをつけてる間に焼いとくの」と和憲さん。

和憲さんは毎朝5時半に出社するそうです。「山を伐りに行く人たちは毎朝この時間には出社していたから。今は会社で山を伐りに行くことはなくなったけど、昔からの習慣やリズムはなるべく変えないで生活したい」と話してくれました。

柳さんの仕事

井上:
柳さんは、いつ創業ですか。お父さんの代から?

作男:
おやじの代からやっとったんやけど、おやじとおりぁは全然別個やで。そんで、おりぁは手前で商売しかけた。19か20歳やったな。

飯山:
建築とかそういう色々な仕事もされていたと以前うかがいました。

作男:
建築もやっとったんや。

飯山:
作男さんからスタートしたんですね。

作男:
うん。それと、おりぁは今までの手前の一代をこうやってずっと眺めとって、周辺にはこの地区でもどえらい財閥がおった。子どもの頃おりぁ出入りしとった。そやけど、それがほとんどのうなってまった(なくなってしまった)。こら人間の、長いこと続くもんではないよ、商売なんて。そら百姓ならずーっと続くけど、これが今、そういう話をしてもおまえたちはわかるかなあ。手前でもわからんのやでな。

飯山:
でも聞きたいです。

作男:
とにかく、当時は経済的にものすごい楽やった。山の木は売れるわ、焚き物はあるわ、食うものは採れるわ。町の中の者は貧乏やった。そして、働くとこってみんな山か田んぼかしか、んな今みたいな働くとこはないやろ。それがほんの一代のうちに、だーっと変わってまった。何だかんだ想像もつかんわ。そやもんやで、ほんに貧乏しとる。おりぁ一番初め学校卒業したすぐん時は株屋の小僧になりたかったんや。うちを飛び出た。

井上:
うちを飛び出たんですか。

作男:
そやけど、そっから戻った、母親が病気やったんで。

井上:
お母様のために。

作男:
うん。そんで、ずーっといろんなことをやってきたけど、何にもならんことばっかやっとったな。そやよ。

井上:
柳さんのお仕事について教えてほしいです。私が木の生業のこと全然知らないので、柳さんのお仕事が木を伐ったり、森から木を下ろすのも仕事なのかとか、例えば、そこがわかんないです。

作男:
うん、とにかく山に関してはやらんことはねえやさ。山の木の伐採。生えとる状態の倒して、それを運んでって、適度な長さに伐ったものを、それぞれのところへ運搬する。製材所とか、納め先に。営林署の入札行って、山買ったりよ。立木やわな。そうやって伐ってきて、そして、またそこに、市場へ持ってきて、売って、そやって、また売れん材木を直接売ってまったり、いろいろなやさ。材木屋なんてものは本当にめんどくさいんで。そやろ。今はまだいいんやわ。このデータ見とってみよ。材木の一山一山が全部単価違う。今の材木は、これはみんなベニヤ。そうやって、だーっと伐ってってまう。今、おりぁども何十年も山仕事しとった人間よか若い子どものほうが木伐らせても上手、いいんや。

井上:
うまい?

作男:
うまいことはないんやけど、そっで、みんな機械やろ。この木は高う売れるで、こうやって伐らんならんなんていうことは全然ない。山を見て歩いたって、この山は高い山やぞ、この木は高いぞ、そういうことない。そんで、今、一生懸命で教えとる子がひとりおるやな。ずっと教えるんやけど、一生懸命でやるんやけど、ほんなもんでもそや。山の立っとる木から、ここへ伐って出る木までを教えよかと思ったら、どうやって教えるのよ。反対に習わならん。あんな立っとる山でこの木はどうのこうのなんて。そういう意味で、教えるにもあんなもん本当かわいいんや(
一生懸命教えてやろうと思っても、経験しないとできないから気の毒だ)。手前で経験して、手前で売ってみて。そして、今はまだ売るにも、ばーってあれして売ってけるわ。昔はそういうわけにいかなんだ。こんな時代やで。

木を愛するっていう意味

作男:
(以前は)材木屋がここんとこに西野製材みたいな製材所が11軒あったことがある。

井上:
11軒も。

作男:
材木持ってくると取り合いなのよ。そこに難しいとこあるのよ。なかなか山を売ってくれんのやわ。

井上:
持ってる人たちが。

作男:
そやもんで、仕事ができんのよ。おりぁどもの初めの頃は、ワイヤーにしたってよう切れたり、滑車にしたってすぐ傷んでまうのよ。今は機械がすばらしゅうなってまったもんやでいいけど、今なんか材木なんか何もかも合わんのやぞよ。

井上:
柳さんは山によく入っていたんですね。

作男:
山もずっと行っとったさ。

井上:
柳さんみたいな人、山師と呼びますか?

作男:
そうそう。そんな話をしたりなんかするの、おりぁぐらいしかおらんかもしれんぞ。

飯山:
柳さんみたいにきちんと山を見れてる人って。

作男:
そら、おらんすけ。昔はそうせにゃあれ。今、何てもんじゃ?ありゃ。空飛び回るやつ。

井上:
ドローン。

作男:
あいつでみんな航空写真でよ。全然、時代が変わってまったんや。おりぁどもの手前の勘で、山見て。

井上:
勘。

作男:
その時代やで、おりぁどもではついてけん。そやけど、これがやっぱし、そこがそんでいいか、合うかってや、そういうもんで。そこに木が立っとんよ、ありゃ。今からここんとこビューっとドローン飛ばしてやって、そして写真撮ってきてやると、その計算方法みたいなものあるんやで。その材積出せる。材積なんてわかるか。

飯山:
この木はいいとか、この木はよくないとか。

作男:
それが、さっきも話したようなもんじゃ。切り方でもそや。そらおまえらやったって、ヒダクマに一代、ここで、よしやるんじゃぞっておるんならええけど、なーに、適当にやりゃいってまうわ。そんではこういう木を愛するっていう意味が、本当に好きになってまや、おりぁ今この歳になって、ばかやなあと、手前でも。山を好きなんやな。

飯山:
山を好き。

作男:
うん。好きになってまったんや。前は、株屋の小僧になりたかったんや。百姓も嫌やった。そやが、せざるを得なんだんや。

飯山:
じゃあ、今のこの周りの山たちは、柳さんにとってはもう本当に大切な山?

作男:
そらそやけど、そら山好きやさ。ここら辺の、山で行かんとこはないさ。歩いたさ、ひとりでどんだけ行ったやら知らんけどな。手前どももよけ(沢山の)山を、まあばかなことをしたもんやちゃ。

飯山:
え?(笑)

作男:
そやよ。今、山なんかみんな。おりぁはプロやで、山買うに、人が100円で買うものを、おりぁどもはやっぱ50円か30円で買っとんのよな。その買っとる山が、今、半分値でも売れんぞよ。

 

山の境界

井上:
さっきの山に行く話。柳さんが山に入る時って何をしているのでしょうか。

作男:
それいろいろよ。一番初めは、例えの話、おまえが自分の所有する山林持っとって、おんに山を買って売ろうと、立木を。土地はよう売らんで、立木を買ってくろと。よし、それじゃあおまえとふたりで山、見に行ってくるか。

井上:
はい。で、行きました。

作男:
行って、すると、おまえは100万欲しいんやと。そやな、あいつは安い方っていうの、100万なら買ってもええなと。そして100万で買うわけや。そうしよって、そん時や。それから今度はこの材木をどうやって持ってくりゃええか。

井上:
はい。

作男:
今度は、木を作業してくれる作業員を連れて山行かんならん。うん。ここにこうある。

井上:
下ろさないといけない。

作男:
こうやって材木を出すよと。そして、おりぁはまたそれから、何回って行かならんわ。今度はこの木はどこで伐れとか。それが、今、そんなことする必要がないようになってまったもんやでいいけど、どこで伐れとか、こうしようかって教えてかな。大体そんな人夫ももう知っとるようにはなってまうけどな。それから労災保険、伐採届…。おまえの山を買って、今度はその山をどうやって伐採搬出するかっていうことや。そうすると人の山があるわけよ。

井上:
交渉しなければならない。

作男:
そういうことをしょっちゅうやっていかならん。

井上:
山の所有って境界線がないじゃないですか?

作男:
ちゃんとある。

井上:
あるんだ。

作男:
ほーらある。

井上:
「この木はうちの所有だ」「いや、俺だ」とかにならないのでしょうか?

作男:
そらあるぞ。そのために行くんや。だけど、それじゃあどうやって100万出す?そんな簡単なもんでない。

井上:
けんかになりそう。

作男:
そらけんかにもなる。裁判にもなる。

井上:
この山はいいなって、この山好きだなって思う山ってどんな山なんですか。

作男:
ほらいろいろや。

井上:
そりゃそうですよね。一口で言えないか。

作男:
女とひとつよ。

井上:
(笑)

「好きな木は何ですか?」

作男:
まあ変わった会社(ヒダクマのこと)やわ、わからんわ、ちっとも。

飯山:
(笑)

作男:
そんでもええんじゃけど、時代がそういう流れ。われわれはついてけん。自動車会社でもそやろ。昔は修理工がおって一生懸命自動車を修理してやったのが、今、修理なんかしてるやつひとりもおらんろが。今は木でも何でも、直すなんてことはねえ。全然変わってまったさ。おりぁ、今、名古屋の駅前のあたり行ったって、うまいことよう行かまいと思う。今、もっとえらいビルディングを造るっていいよったな。何から何まで、シャバのことは変わってまったわ。

井上:
シャバって私、映画とかでしか聞いたことないんですけれど(笑)。シャバはこっちってこと?こっちっていうか現実?

和憲:
そうそう。学校の先生でも普通に、シャバではって言う先生おったよ。

井上 :
(笑)

飯山:
世間っていうことですか?

和憲:
一般世間と言やいいのか。

飯山:
本当は、今までで一番印象に残っているお仕事であるとか、すごい柳木材の歴史とか、あとは、好きな木何ですかとか、今の山と昔の山の違いは?みたいな、いろいろ聞きたいなと思ってたんですけど、何だかもうちょっとゆっくり聞かせてもらいに来ます(笑)

井上:また機会をください。

和憲:
社長、話すると時折話が脱線するもんだから。

一同:(笑)

井上:せっかくだからてるちゃん(飯山)の用意してきた質問のひとつだけでも聞かせてもらったら?

飯山:じゃあ好きな木を聞きます(笑)。柳さんが今まで山を見てきて、一番好きな木、個人的なところでいいので、教えてください。

作男:何やって?

和憲:これはっていう惚れ込んだ木は?

作男:木はみんな好きやさ。

一同:(笑)

飯山・井上:ありがとうございました。

 

文:コラム「柳さんと柳木材の歴史」 飯山 晃代
インタビュー「山を見続けて60年。柳作男さんの山との絆」 井上 彩