NEWS / BLOG

  • お知らせ
今が旬な木はこちら!ヒダクマWebサイト「木を探す」ページ リニューアル

ヒダクマではクライアント、建築家やデザイナーの皆様と一緒に100を超える広葉樹を使った家具や空間の製作プロジェクトを実施し、飛騨の広葉樹を中心とする木材の調達・加工・販売のノウハウとネットワークを蓄積しています。

2020年4月にリニューアルした「木を探す」の画面

これまでヒダクマのWebサイトでは、「木の種類」というページで10種類の飛騨の広葉樹の特徴を紹介してきました。今では皆様から「こんな家具をつくりたいけど、どんな木がいいかな?」「今どんな木がどのくらい使える?」という実務的なお問い合わせをたくさんいただくようになりました。

そのようなお問い合せにスピーディーに対応し、より多くの人とさらにクリエイティブな木の活用をするために、このたび「木を探す」ページとしてリニューアルしました。

木を探す
https://hidakuma.com/wood/

この「木を探す」ページでは、ヒダクマおすすめの飛騨の広葉樹15樹種の特徴と最新の在庫状況、その木を使った製作事例を紹介しています。「水につよい木がほしい」「うすい色だけど木目がはっきりした木がほしい」などといった探し方もできます。
今確実にある在庫のみを掲載しているので、お問い合わせいただければ、ヒダクマのネットワークで記載量以上の種類・量の木の手配は可能です。

それぞれの木の板やフローリング材の在庫情報が確認できるだけではありません。シェフに新鮮でおいしい畑の情報をお届けするように、建築家やデザイナーの皆様に、ふつうの流通には乗らない木の情報をその魅力や面白さとともに飛騨の森からお届けします。
例えば、山から下りてきたばかりの長く曲がりくねった丸太、半年後に乾燥が終わる予定の製材したての板、ブナをかつらむきした薄いシート、直径5cm程度の超小径木の束といったユニークな森林資源を商品としてご紹介、販売していく予定です。

また、今月末には、「飛騨市広葉樹活用推進コンソーシアム」の設立が予定されており、ヒダクマもそのメンバーとして、森林組合や製材所などの市内事業者と共に地域の新たな広葉樹のサプライチェーン構築に貢献していきます。それにともない本ページでご紹介する木材在庫も商品もより多様に豊富になる予定ですので、ご期待ください。こちらについてはヒダクマWebサイトの記事であらためてご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

本ページを皆様の木を使った空間、家具、商品の企画、提案、設計の際にお役立ていただけるとうれしいです。

飛騨古川 朝霧の森 春の訪れ

「木を探す」ページはこちら。
お問い合わせはこちら。