NEWS / BLOG

  • case
飛騨の森の生命を家具として育てていく ロフトワーク京都オフィスが実験的な設計でリニューアル

2015年12月にオープンしたFabCafe Kyoto / MTRL KYOTO。同じ建屋の3Fにあるロフトワーク京都のオフィスが、2019年10月にフルリニューアルされました。ヒダクマは木材の調達・選定から施工までの設計・製作ディレクションを担当。働くメンバーそれぞれが、モードに応じて働き方を変えられるよう、限られたスペース内で多様な使い方ができる空間に。すべてオリジナルで設計された家具や導線の工夫をご紹介します。

 

どんなプロジェクトや働き方にも対応できる空間

FabCafe Kyoto / MTRL KYOTOの建屋は、2015年に築110年を超える木造建築を改築し、1, 2Fをカフェ、3Fをロフトワーク京都のオフィスとしてスタートしました。当時3Fのオフィスは10人前後がデスクワークできる場所を確保するにとどまっていましたが、2019年10月時点には20人前後と大きく増員。取り組むプロジェクトの性質も年々多様化するなか、今後のさらなる成長と挑戦に向けて、オフィスをフリーアドレスの空間へと一新することになりました。

建築家 佐野文彦さんの設計 × ヒダクマでオリジナルの家具を制作

空間設計は、2015年に建屋全体の設計も手がけた建築家の佐野文彦さん。家具に使われている木材はヒダクマのプロデュースで、4種類の飛騨の広葉樹を使ってすべてオリジナルで制作されています。

設立時に「この稀有な建物がもつ歴史・文脈と向き合い、どんな”場”としてアップデートしていくか」を、ディスカッションしながら形作られた建屋。館内の机やカフェカウンター、ルーバーなどが、岐阜県飛騨市の製材所に佐野さんが自ら出向いて実際に素材に触れながら、この場所のために選ばれ制作されました。そして、今回のリノベーションでも、飛騨の森で育まれた力強く美しい広葉樹を使って家具を作ることになりました。

リノベーションにおける制作意図や、木材に込めた想いを、設計を担当した佐野さん、全体のディレクションを担当したロフトワーク京都ブランチの事業責任者の寺井
翔茉さん、そして設計・製作ディレクションを担当したヒダクマの岩岡に聞きました。

用途を4分割して、全体を見渡せる空間に

「築120年の三階建木造擬洋風建築の3階部分120平米という決まった面積の中で、より多くの人が快適に働くためにはどのような形がありうるかを考えました」という佐野さん。そこで、用途をいくつかに分けること、雑多に見え過ぎていた備品や設備を隠すこと、そして全体を見渡せる場所を作ることをベースに空間をデザインしたそうです。

image4
「まず階段を上がったところから部屋の対角となる位置までの導線とその周囲導線の確保をし、その間にできた空間をどう作っていくかを考えました。集中して仕事をするための壁付デスク、スタッフ同士のコミュニケーションが取れるバームクーヘン型カウンター、付箋や壁面のホワイトボードでミーティングが可能なスペース、収納エリアと4つの用途に空間を分けました。」

「壁付デスクはあまり動かなくていいよう奥行きを広く取り、モニターを設置してコックピットのように周辺に必要なものを集めて集中して作業できるスペースに。カウンターは半バームクーヘン型のテーブル2台をPC作業と手作業用に高さを変えて前後に半円ずつずらして設置されています。」

「これによってカウンターを挟んだ円の内外でのコミュニケーションをとりながらの作業ができ、部屋自体の長方形のバランスに合わせた半円内へのインアウトができます。また、円の中心に立てば全体が見渡せ、各自の作業状況などが分かります。」

image16
昇降式テーブルは、デスクとハイカウンターをつなぐ役割を持たせ、作業内容に合わせた調整ができます。足元は個人ロッカーや備品スペースとして雑多に散らかりやすいものがまとまって収まるように。

MTGスペースは壁面をホワイトボードとし、アイデアなどを大きく書き出したり付箋などを使ったミーティングができ、カウンターからもその様子を観察することができる配置としました。その脇には今まで露出してしまっていたコートなどの収納スペースを設け、空間の雑多さを抑えています。

森の生命が凝縮した重厚な木を、家具として育てていく

今回は形状もさることながら、天板を全て無垢の飛騨産広葉樹としたのも特徴です。

「奥行1600mmもの扇形の木取りは材の在庫や価格、効率などを含め難航しましたが、それでも45mmとしっかりした厚みの無垢材を使ったことで、素材の持つ個性や経年変化、そのメンテナンスなどによって変わっていく表情を感じてもらいながら、木というものと触れ合って家具として育てていくことは良い体験になると考えています」と話す佐野さん。

image18
一方で、「なんて量塊な家具をつくりはじめてしまったのか。」と話すのは、木材を提供したヒダクマの代表の岩岡です。

岩岡 一枚50キロ以上はあるだろう広葉樹の板が、材木場で50枚以上並べられた風景を見て正直そう思ってしまいました。製材され天日の下で乾燥された木の板の表面は荒々しく、一層の威圧感がありました。そんな僕の不安をよそに、建築家の佐野さんは木目を見ながら木を選び、大工の田中さんは採寸しながら線を引き、製材所の西野さんがフォークリフトで板を積み上げていく。森と木工の町・飛騨をよく表している、誇らしく、頼もしく感じる瞬間でした。

半円の大テーブルのケヤキ、壁付デスクのナラ・セン・ミズメの板が並ぶ。この量で実際に使用した半分程度

木取りの様子。ヒダクマが普段扱っている木は樹齢70年未満のものがほとんどだが今回は全て樹齢100年近い木を贅沢に使用

岩岡 木の重さは物質的な重さだけではありません。何十年あるいは百年以上の年月を森の中で過ごした履歴が蓄積され、生命が詰まっている重さなのではないかと思うことがあります。
完成した京都オフィスの家具はたしかに量塊ではありますが、不思議と重さを感じません。これは、重さを打ち消すように設計されたディテールと、職人の手によって完璧に組み上げられた仕上がりが理由なのですが、あえて理論的でない理由を探すと、荒々しい表面を削り落とされ磨き上げられたことで、木の内部に詰まっていた「何か」が空間に放出されているから、かもしれません。
この家具を使いながら「木って良いよね」とふと思うとき、飛騨で木を扱う職人たち、そして森の中にある「何か」にまで思いを巡らせてもらえると嬉しいです。

長い時間をかけて育った立派な木を無駄なく、そして空間に集まった時に美しく見えるように加工し仕上げる仕事は、まさに大工の技術力あってこそのもの

集まりやすく散らばりやすい空間が実現

オフィスがリニューアルして10日。すでにメンバーの働き方が変わってきています。

寺井 一見すると「これは一体なんなんだ?」と戸惑わせる強烈な個性のバームクーヘン型のテーブル。正直にいうと「やりすぎちゃったかな…」と不安がよぎりました。が、いざ使ってみると印象はガラリと変わり、人と人との風通しが良くなっていることに驚きました。

テーブルの絶妙な高低差と、これまで視界を遮っていたディスプレイや書類、備品などが視界から一掃されたことで、オフィスで働く仲間が、今どこでどんな顔で何をしているのかが一目瞭然に。となりあっての共同作業や、ちょっとしたスタンドアップミーティング、そして遠くから聞こえてきたブレストにふらりと参加していく様子がよく見られるようになりました。そして、当初想定していた場所とは違うところにも「人の溜まり」が生まれ、コミュニケーションの場が発生する、という嬉しい誤算もありました。バームクーヘン型テーブルの緩やかなカーブによる「境界線の曖昧さ」が良い影響をもたらしているように感じます。

リニューアル前のオフィス。ひとつのデスクに4つの固定席が設けられ、職域ごとに別れて着席していた

フリーアドレス制は、話しかけられやすく、集中力が削がれるのでは?という意見もあります。今回、1人で集中するための場所と、共同作業やミーティングができるコミュニケーションエリアが自然に共存しながらも、全体が見渡せる空間を目指すことで、自分の居心地の良い場所を自分で選んでコントロールできる「集まりやすく散らばりやすい空間」が実現できました。

そして、飛騨の森からやってきた、この美しくも力強い家具たちに触れながら働くことは、きっと「家具の機能」以上のなにかを私たちにもたらしてくれるだろうと信じています。より一層パワーアップしたロフトワーク京都を、今後ともどうぞよろしくお願いします。

Member

佐野 文彦|Fumihiko Sano
Fumihiko Sano studio 代表/株式会社アナクロ 代表取締役
1981年奈良県生まれ。京都、中村外二工務店にて数寄屋大工として弟子入り。年季明け後、設計事務所などを経て、2011年独立。
現場を経験したことから得た、工法や素材、寸法感覚などを活かし、コンセプトから現代における日本の文化とは何かを掘り下げ作品を製作している。2016年には文化庁文化交流使として世界16か国を歴訪し各地でプロジェクトを敢行。
様々な地域の持つ文化の新しい価値を作ることを目指し、建築、インテリア、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で領域横断的な活動を積極的に続けている。

寺井 翔茉|Shoma Terai
ロフトワーク京都ブランチ事業責任者
2008年立命館大学経済学部卒、ロフトワークへ新卒入社。石垣島の魅力を世界のクリエイターと再発見する「USIO Design Project / ISHIGAKI NOW」や、大学Webサイトの存在意義を問い直すことをテーマにした立教大学公式Webサイトのリニューアル、100年先に向けた100のプロジェクトを生みだす実験区「100BANCH」の立ち上げなど、幅広い分野のプロジェクトマネジメントとクリエイティブディレクションを担当。
素材とクリエイティブの出会いで新しいビジネスを生む「MTRL KYOTO」、テクノロジーとクリエイティブが交差する場「FabCafe Kyoto」を含めた「Loftwork Kyoto Branch」の事業責任者に2017年より就任。

岩岡 孝太郎|Kotaro Iwaoka
FabCafe創設メンバー、ヒダクマ代表取締役社長 兼CEO
1984年東京生まれ。千葉大学卒業後、建築設計事務所に入社し個人住宅や集合住宅の設計を担当。その後、慶應義塾大学大学院に進学しデジタルものづくりの研究制作に従事。2011年、クリエイティブな制作環境とカフェをひとつにする“FabCafe”構想を持って株式会社ロフトワークに入社。2012年、東京渋谷にオープンしたデジタルものづくりカフェFabCafeのディレクターとして企画・運営する。2015年、岐阜県飛騨市にて官民共同企業である株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称:ヒダクマ)の立ち上げに参画し、2016年FabCafe Hidaをオープン、森林資源を起点とした新たなプロジェクトに挑戦する。2018年4月より同取締役副社長、翌年4月から同代表取締役社長兼CEOを務める。
2011〜2013年東京藝術大学AMC非常勤講師。参加展覧会に、可能世界空間論(2010年 ICC)、マテリアライジング展(2013年 東京藝術大学美術館陳列館)など。寄稿書籍に、『マテリアライジング・デコーディング 情報と物質とそのあいだ』(2014・millegraph)、『まちづくりの仕事ガイドブック:まちの未来をつくる63の働き方』(2016・学芸出版社)など。

会社概要

株式会社ロフトワーク

オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。https://loftwork.com/jp/

FabCafe Kyoto 改装プロジェクト(ロフトワーク京都オフィス)

ディレクション:寺井 翔茉(ロフトワーク)
設計:佐野 文彦(Fumihiko Sano studio 代表/株式会社アナクロ 代表取締役)
設計・製作ディレクション:岩岡 孝太郎・飯山 晃代(ヒダクマ)
製作・施工:田中建築

オフィス環境を家具から見直していきませんか?

 ヒダクマでは、オフィス家具の提案から設計、設置まで、みなさまに寄り添ったお手伝いをいたします。
お問い合わせはこちら。

田中建築のみなさんとヒダクマメンバー