NEWS / BLOG

  • case
クリエイティブなアイディアと人を交錯させるオープンオフィス

Outline

多様性を受け入れる会社の哲学。完全に閉ざされた空間はあえて作らない

Webや空間、コミュニケーション等をデザインするクリエイティブ・カンパニーであるロフトワークが、2018年秋にオフィスをリニューアル。同時に社内フリーアドレス化をスタートさせました。渋谷にあるオフィスは、1Fがクリエイターやエンジニアなど内外の人が集まるカフェ、2Fはコワーキングスペース、3Fはプロジェクトスペース、10Fがイベントスペース兼ミーティングスペースというように、様々な目的・機能を持った空間で構成されています。今回リニューアルしたのは、8、9Fにある執務エリアです。

image15
このリニューアルプロジェクトは、代表の諏訪さんがリーダーを務めたプロジェクト。諏訪さんはこのオフィスの空間の特徴として「ロフトワークには、完全に閉ざされた空間がありません。様々な才能とオープンコラボレーションしながら価値を作り出してきた私たちのフィロソフィーである「オープンであること」が空間にも現れています。」と話します。

本プロジェクトで最も大事にしたのは「オフィスの機能性」という視点での空間づくりです。常に何十という数のプロジェクトが進行するロフトワークとして、「いかに進行中のプロジェクトがスムーズに進み、働く人が楽しく成長できるか」といったメンバーのUXを考えながらオフィスの空間を設計。一例として、各ワークテーブルに高低差をつけて、短時間で気楽に相談したいときは高いテーブルを、じっくりと作業に取り組みたいときは低いテーブルを、といった具合に、仕事内容に応じて場所を選べるようデザインしました。

【プロジェクト概要】
    支援内容
  空間設計・家具什器設計
  製作ディレクション
  家具什器プロトタイプ製作
  製作図作成・3Dモデリング
  木材選定・調達
  工程管理
  加工・製造
  搬入・設置

【プロジェクト体制】
 クライアント:株式会社ロフトワーク
 設計:古市淑乃(古市淑乃建築設計事務所)
 設計・製作ディレクション:岩岡孝太郎、浅岡秀亮・甲斐貴大・飯山晃代 (ヒダクマ)
 製作:上平工芸、ナウエ株式会社、ノナカ木工所、藤井家具製作所go-products、Eva Gardet

Outputs

素材としての「木」の魅力。叶えたい形を柔軟に実現

「ものを作り出す素材って色々あるけど、木ってすごく柔軟で機能的。」と語る諏訪さん。木は加工がしやすく、望む形に仕上げやすい。ロフトワークの空間に合った機能を実現させる上で、木という材質でカスタムメイドした製品が最も適していると考え、木を活かしたオフィスリニューアルに取り組んだそうです。

曲線テーブル

image8
image9

曲線テーブルはいずれも8F、9Fのエントランス近くに配置

滑らかなエッジでさわり心地も良い

執務エリアに配置された、象徴的かつ実験的なテーブル。曲線の丸みに沿ってチームメンバーが座り、一緒にPC画面を見ながら作業できるよう設計しました。曲線の形状を活かし、ひとりで集中したい時は隣の人と少しずれた位置や視線が気にならない位置を選ぶことが出来ます。さらに、今後の人員増加も予測し、詰めれば多くの社員が座れる様な、柔軟な仕様に。
中天板には電源タップが組み込まれています。それぞれのテーブルで異なる広葉樹を組み合わせることで、ユニークな表情に仕上りました。

<仕様>
材料:まぜまぜ広葉樹 (A)サクラ、ブナ、トチ/(B)トチ、ホオ/(C)ケヤキ、クリ
台数:3台
サイズ:(A)W4580×D28320×H720/(B)W4355×D2150×H900/(C)W4160×D2100×H900
脚仕様:スチールシルバーメラ焼き塗装
仕上げ:浸透性ガラス塗装
その他仕様:(中天板)カラーMDF

 

窓際カウンター

image3

カウンターの下には個人用ロッカーを設置

様々な樹種の広葉樹を使用

天板手前が5度下に傾いていることで、スタンディングでPC作業がしやすい仕様に。身長の高低差があっても、5度の傾斜であれば、PCを置く位置によって誰でも使いやすくなるよう工夫しました。さらに傾斜があるため、あまり物を置かなくなるであろうという意図が隠されています。この下のスペースを活かし、フリーアドレス化により必要となった私物を保管できるロッカーを設置しました。

<仕様>
材料:まぜまぜ広葉樹(クリ、サクラ、カバ、トチ、ブナ、ケヤキ、ホオ)
台数:2台
サイズ:W25000×D650×H1050(1台)
脚仕様:シナランバーコア
仕上げ:浸透性ガラス塗装
その他仕様:(小口)真鍮フラットバー

給水ワゴン

image29
ウォーターサーバーが内部に組み込まれた可動式ワゴン。社員のお菓子やお土産をシェアできる、ちょっとしたリフレッシュスペースです。

<仕様>
材料:まぜまぜ広葉樹(A)サクラ、ブナ、トチ/(B)フラッシュ+リノリウム貼り
台数:2台
サイズ:(A)W1250×D990×H900/(B)W1300×D1360×H900
脚仕様:ポリフラッシュ
仕上げ:(A)浸透性ガラス塗装
その他仕様:可動棚付き

昇降テーブル天板

image10
既存のテーブルを生かして天板のみを変えました。天板の形状を変えることで、フロアの形に沿った並べ方が出来きるような仕様に。

<仕様>
材料:フラッシュ+リノリウム貼り
台数:2台
サイズ:(1)W2200×D900 /(2)W1150×D680

リメイクテーブル

写真の左側・手前が「リメイクテーブル」。奥に「造作棚(収納スペース)」と壁に「マガジンラック」がある

7 種の樹種をフローリング状にし、それを斜め貼りにすることで独自の表情が表れたテーブルです。

<仕様>
材料:まぜまぜ広葉樹(クリ、サクラ、カバ、トチ、ブナ、ケヤキ、ホオ)
台数:2台
サイズ:(大)W3300×D1400×H900/(小)W2200×D1500×H730
脚仕様:既製品使用
仕上げ:浸透性ガラス塗装
その他仕様:(小口)真鍮フラットバー

造作棚

サクラの木のフレームに布を張った大きな引き戸がオフィスに自然と馴染み、木のあたたかみを感じるデザイン。戸の中の棚にはコストや製作時間をカットするために既製のスチールラックを採用した「半オーダメイド、半既製品」の収納スペース。

<仕様>
材料:(建具)サクラ/(建具生地)コーデュラナイロン
台数:2台
サイズ:W4180×D555×H2440
脚仕様:敷居、鴨居 /(フレーム)カラーMDF
仕上げ:浸透性ガラス塗装
その他仕様:(内部棚)既製品使用

マガジンラック

オフィス内の柱に造作。雑誌を置くだけでなく、一部がiPadスタンドになっており、充電ができるよう配線しました。

<仕様>
材料:サクラ
台数:2台
サイズ:W700×D100×H1920
仕上げ:天然オイル
その他仕様:(一部)iPodラック

本棚とブックエンド

ブックエンドのサイズは、文庫本とハードカバーの2種類がある(写真1)

マガジンラックと繋げて、スムーズな動線になるよう工夫しました。「既製品ではつまらない」というひと言から生まれたブックエンドは、本の背表紙の曲率を実測して加工し、並べた本と自然と馴染むようデザインしました。

<仕様>
材料:サクラ
台数:3台
サイズ: W700×D300×H1920
脚仕様:既製品ブラケット
仕上げ:天然オイル
その他仕様:(ブックエンド)サクラ、ブナ、トチ

宅配受けカウンター

宅配物を一時的に置いて置くためのカウンターで、動線を邪魔しないよう、半円形のデザインに。さらに、隣の点検口に容易にアクセスできるよう、折りたたみ式になっています。(写真なし)

<仕様>
材料:メラミン化粧板 フラッシュ
サイズ:W1500×D600×H900
脚仕様:既製品ブラケット

ガラストップテーブル

このスペースのために作られた「ガラストップテーブル」と「ベンチ」

脚の部分は組木で作られています。

天板にはガラス天板とサクラ無垢材を、脚はクリアアクリルと角材を組み合わせました。異素材と伝統技術が織り成す、ユニークなテーブルです。

<仕様>
材料:(天板)サクラ(耳残し)+強化ガラス
台数:2台
サイズ:W1480×D1170×H710
脚仕様: サクラ+クリアアクリル
仕上げ:浸透性ガラス塗装

ベンチ

壁の曲線形状に沿ったベンチ。ちょっと奥まった場所で仕事したい、体調が悪い時に少し横になって休みたい、といった様々なニーズに合わせて利用できるスペースです。

<仕様>
材料:まぜまぜ広葉樹(サクラ、ブナ、トチ)
台数:2台
サイズ:W25850×D450×H430
脚仕様:スチール シルバーメラ焼き塗装
仕上げ:浸透性ガラス塗装

Process

まず機能を決める、そこから形に落としこむ

諏訪さんはリニューアルにあたって、UX、UIを重視した空間づくりに取り組みました。まず考えたのは、オフィスにどんな機能を持たせるか。オフィスを利用するメンバーがどんな行動を取れると成果が出やすくなるか?楽しく働くことができるか?です。その視点から空間の機能を決定し、設計の古市さん、製作のヒダクマとの3者で綿密に話をしながら空間を作っていきました。
ヒダクマは、諏訪さんのイメージや古市さんの設計をもとに、木の樹種の検討・提案・調達から、ディテールの設計、モックアップの製作、製作パートナーとの共同製作、現場搬入・設置までを担当しました。

設計を担当した古市さんの図面(8F)

テーブル当たりの人口密度を高めることを目的に設計した曲線テーブル。矩形のワークデスクをフリーアドレスにした場合、人は隣に座らず空席を作りがちになることをカーブで解決

曲線テーブルのモックアップ。樹種はホオとトチ

窓際カウンターの図面。身長に差があっても全ての人が使いやすいよう、おおよそ±50mm手前に向けて傾斜がつけられている

窓際カウンターの天板部分。塗装後、乾燥させている様子

窓際カウンターの設置時の風景。カウンターの脚と脚の間に個人用ロッカーを設置

曲線テーブルのNC加工のための図面

搬入時の曲線テーブル天板の一部

埋込式の電源タップ。テーブル上に這う電源ケーブル類は内側にまとめてスッキリと

設置風景

Member

諏訪 光洋|Mitsuhiro Suwa
株式会社ロフトワーク代表取締役社長
1971年米国サンディエゴ生まれ。慶應大学総合政策学部を卒業後、Japan Timesが設立したFMラジオ局「InterFM」立ち上げに参画。同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。 グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD」などを運営。

古市 淑乃|Yoshino Furuichi
1985年三重県生まれ。名古屋市立大学大学院修了。吉村靖孝建築設計事務所、成瀬・猪熊建築設計事務所を経て、2015年古市淑乃建築設計事務所設立。企業における共創スペースの設計など、運営を含めた幅広い視点から空間を作ることを実践している。2018年より京都造形芸術大学非常勤講師。www.ysnfric.com

浅岡 秀亮  Hideaki Asaoka
株式会社飛騨の森でクマは踊る(ヒダクマ)所属。岐阜県飛騨市出身。名古屋芸術大学卒業後、家具メーカーやインテリアデザイン事務所で家具製作・デザインを経験。2016年にヒダクマに参加し、プロダクト開発や設計、制作、施工など幅広く担当。木に対する幅広い知識や、職人への深いリスペクトを持ち、木に新しい価値を付与すべく日々奮闘中。

Member's Voice

“オープンなスペース作りを目指した結果、社内ではより良い動きとコミュニケーションが生まれました。会話をすることも増えた一方で、集中したい人は静かなスペースを求めます。木がいいのは、そういった要望に対して柔軟に設計ができるところ。今回のプロセスでは、私の考えるオフィスの機能性を、ヒダクマと古市さんと話し合い、形に落とし込んでいく作業を重ねました。結果として、みんながプロジェクトに向かいやすい、ロフトワークに合った空間が出来上がったと思っています。”

株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪 光洋

フリーアドレス化に伴い必要となるロッカー等の諸機能のみでなく、従来のオフィスでは受け止めきれていなかった個々の活動を、レイアウトの変更と新たに挿入する家具のみで解決する必要がありました。ひとつの家具が既存の空間に対していかに大きな影響を与えられるか、受け止める活動の多様性を持たせられるかを考慮しながら設計しました。
ポイントとして配置する大きな家具が広葉樹の柔らかい質感を有していることで、オフィス全体の空気がおおらかに変わったように感じました。曲線テーブルは樹種の組み合わせを変えているので、それぞれ表情が異なります。均一でないオフィス空間で、自由に好きな居場所を選択しながら働いていただけると嬉しいです。

古市淑乃建築設計事務所 古市 淑乃

“「良い家具は、裏を見れば分かる」という言葉があります。難しい形状や工法、様々な素材の組合せなどの「処理の後」が最終的に収められるのは天板や棚の裏だからです。優れたデザインや技術で生まれた家具は、その処理が裏面に綺麗に収められているそうです。
今回の家具は、形状や工法、木の使い方、搬入方法など、全てにおいて入念なディテール設計と専門技術が必要とされる制作となりました。
家具の専門家、CNCの専門家、金物の専門家や搬入の専門家など、結果的にたくさんの専門家が結集し、彼らと共に作り上げることができました。
その結果は曲線テーブルの裏側を見てみてください。”

ヒダクマ 浅岡 秀亮

会社概要

株式会社ロフトワーク
オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・カンパニー。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブサービス「MTRL(マテリアル)」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD(アワード)」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。https://loftwork.com/jp/

写真:長谷川 健太 (写真1を除く、OutlineとOutputsの写真全て)
文:石塚 理奈   

オフィス環境を家具から見直していきませんか?

ヒダクマでは、オフィス家具の提案から設計、設置まで、皆さまに寄り添ったお手伝いをいたします。
お問い合わせはこちら