NEWS / BLOG

  • コラム
ヒダクマより新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。早いもので「飛騨の森でクマは踊る」、通称ヒダクマが生まれてから2年半。少しずつ、やりたいこと、やるべきことの輪郭が見えてきました。

従来の木材販売に加えて、オリジナル商品が生まれました。世界で類をみない、猫の気持ちになりきって開発したキャットタワーです。飛騨の森でとれた、美しく硬い広葉樹の小径木がふんだんに使われています。猫のライフスタイルデザインを専門にするRINNとの共同開発だけに、台座には猫の体温調整をサポートする大理石、爪とぎには国産麻など、妥協なく設計された一品です。その値段は、なんと100万円。高額にも関わらず、世界中から問い合わせがきているから不思議です。これからも、天然木を生かしたユニークな商品開発を進めていきます。

ヒダクマの家具は、海も渡りました。2017年12月、香港にオープンしたクリエイティブ拠点「MTRL(マテリアル)」でも、空間を彩ったのは良質な樺の木。飛騨で丁寧に加工された家具は、陸路で名古屋港を目指し、船で香港までたどり着きました。オープニングに訪れた香港の人たちは、目を輝かせて職人技に魅了されていました。香港を訪れる機会があったら、ぜひ飛騨の家具に会いに行ってみてください!

もう一つの嬉しいニュースは、心強い仲間が増えたことです。設立メンバーに加え、フィンランドで木工を学んできた家具職人や、旅館での経験をいかして店内をピカピカにしてくれるカフェ責任者、地域活性化のエキスパートらが加わりました。

何より、こうした挑戦ができるのは、皆様による温かいご支援の賜物と心より感謝しています。今年もみんなで力を合わせて、飛騨の魅力、森の魅力を世界に発信していくつもりです。変わらぬご支援・ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 林 千晶

仕事はじめは気多若宮神社に初詣

各メンバー今年の抱負を書き初めにしたためました。